LINEで送る
Pocket

【武装少女マキャベリズム】第10巻レビュー感想&見所紹介

\『武装少女マキャベリズム』第10巻を読む!/

ebookjapanなら無料で試し読みできます!!

『武装少女マキャベリズム』第10巻 感想

『武装少女マキャベリズム』第10巻の感想です。

第10巻では、六王剣「尊厳王」宗田憂と「喧嘩王」仲宗根小雪によるノノムラ崩しがいよいよ佳境に!!

宗田麾下の元六王剣を抑える「天下五剣」鬼瓦輪と亀鶴城メアリに加え、復活した”あの二人”が大将 宗田&仲宗根と激突!!復活早々に存分に暴れまくりますよ!!

〜これまでの簡単なあらすじ〜

「六王剣」2名による代表ノノムラへの武装蜂起に対し、愛地共生学園に共生レベル6が発令される!天下五剣 鬼瓦輪と亀鶴城メアリは事態の鎮圧のために前線へ、ノムラはノノムラの行方を追う。そして「黒帽組」にレディースチーム「喧嘩王」、「WRB48」に「仮面女子」…と様々な勢力入り混じる戦場に”あの二人”が帰還する…。

さてさて、「尊厳王」&「喧嘩王」勢と全面戦争となった愛地共生学園で次々と幹部クラスの決闘が描かれていく第10巻。それでは見所をば、ご紹介します!!

\無料で試し読みはこちら!!/

>>『武装少女マキャベリズム』レビュー一覧<<

【最新レビュー感想もチェック!!】

↓↓最新話レビュー↓↓


『武装少女マキャベリズム』第10巻 の見所

さて、では第10巻の内容と見所をご紹介です。

  • 最強可憐な蕨ちゃん復活!! vs.尊厳王
  • 変わらぬ不気味ささとりちゃん!! vs.喧嘩王
  • 鬼瓦輪、五剣筆頭の貫禄!!
  • ノムラに天啓!! 魔弾「改良版」習得なるか !!?

の4点が、個人的には第10巻で特に見所となる点かなぁと思います。

もちろん他にも元六王剣 古波蔵紫苑と「大典田光世」亀鶴城メアリの一騎打ちも描かれたりと盛りだくさん!後はジュニア組(千鳥&ノノ)がなんしか可愛い第10巻です!!

それでは、もう少しばかり詳しくそれぞれの見所をご紹介します。

[見所その1]最強可憐な蕨ちゃん復活!! vs.尊厳王

まずは、相変わらずの最強可憐!!「童子切安綱」花酒蕨です!! 久々の登場ですが、年上ロリ姫様っぷりは変わらず健在です!!

「童子切安綱」花酒蕨 vs.「尊厳王」宗田憂 の戦い。年上ロリショタ枠の激突ですね。(←なんだそれ)

何はさておき最強可憐!!

前巻の収録最終話にて「女帝」戦で負傷退場していた「天下五剣」の二人が復活し、久々に愛地共生学園の「天下五剣」が全員揃いました。

花酒蕨は復活早々、敵大将の一人「尊厳王」宗田憂を名指しでご指名という大胆っぷりを披露しています。

基本は愉快犯の蕨ですが、いつも通りの飄々としたていで軽口は叩いていはするものの、今回に限っては初めから真剣モードです。キョーボーとの「クマ剣法」も封じて、尊厳王と”決着をつける”ために正真正銘の一騎打ちを仕掛けます!

『武装少女マキャベリズム』第10巻より引用

蕨が”決着をつける”と言っていることからも想像できるように、この二人には何やら因縁がある様子。

蕨が中等部生の時に天下五剣が誇海学園に遠征に行った際に交流しただけ…という話だったはずですが…

2人の因縁は果たして、戦いの最中に語られるのか!!?そして、”代表”の座にあったはずの宗田憂がなぜ現在六王剣のままノノムラの下についているのかも!!?

ロリvs. ショタ!!? 王者の戦い!!

さて、そんなわけで「童子切安綱」花酒蕨と「尊厳王」宗田憂の一騎打ちが始まりました。

ロリ姫様 vs. ショタ王様!!

2人ともかなり型破りな曲者同士でして、かたや”タイ捨流の型破り”とかたや”伯耆崩れの柳剛もどき”と、使う剣術も互いにクセが強くて変則的!

飛んだり跳ねたりしゃがんだり…とアクロバティックで、なんというのか異質な剣術同士。技の応酬も見応えたっぷりです。

『武装少女マキャベリズム』第10巻より引用

新キャラが出るたびいつも思いますが、黒神遊夜・神崎かるな両先生はいろんな流派や武器をよく語存知で…。感心しますね。

さて、花酒蕨と宗田憂、実力は五分と五分に見えますが…。”王たる者”同士の一騎打ち、軍配はどちらに上がるのか…必見です!!

ちなみに、宗田憂はなかなかの王の器のようで、彼の麾下には元六王剣が3名もいます。うち1人は誇海に留まっており、番外話で斬々と対峙しましたが、残り2人、榛名=アーノルドと古波倉紫苑は共に愛地遠征に同行しています。

それぞれ、鬼瓦輪と亀鶴城メアリが相手をしており、その戦いも平行で描かれていっていますので、そちらもお楽しみに!!

[見所その2]変わらぬ不気味ささとりちゃん!! vs.喧嘩王

そしてもう一人、天下五剣「数珠丸恒次」眠眼さとりも忘れてはいけません!

二つ目の見所は天下五剣「数珠丸恒次」眠眼さとりと六王剣「喧嘩王」仲宗根小雪の対決です。

深淵の化け物!!?眠眼さとり推参!

実力は五剣の中でも一、二を争う眠眼さとり。

こちらも女帝編で重傷を負って治療のため一時学園を離れていましたが、なぜかタイミングよく突然屋上に登場するんですねぇ(笑)

しかも、屋上へと上がってきたレディースチーム「喧嘩王」のメンバーたちを片っ端から立ち上がれないほどに一方的に痛めつけるという…。しかも笑いながら…、という相変わらずの化け物っぷりです。

女帝との戦いやらノムラとの対話やらをへて、少しは丸くなるのかと思いきや…。むしろノムラの悪いところ(?)の影響を受けてる??(笑)

『武装少女マキャベリズム』第10巻より引用

この悪そうな顔、これでこそ眠眼さとりです(笑)

追い詰められたようで、敵を追い詰めていく…。そんなさとりの底知れぬ恐ろしさが、今回の戦いでも再び描かれます!

とはいえ、「喧嘩王」仲宗根小雪もまた強者。純粋な一対一の実力ではおそらくさとりが上手なのでしょうが、小雪には「喧嘩王」のメンバーもついていますので、勝負はそれだけでは決まりません。

さらに2人の操る剣術は実は兄弟流派です!!

常人離れした”観の眼”で全てを見透かすさとりと、手数を出し狼の狩りの如く徐々に相手を丸裸にしていく小雪。見応えのある技の応酬と心理戦は必見です!!

対するは”新撰組”の天然理心流!!?

さとりの相手、六王剣「喧嘩王」仲宗根小雪。バットを振り回すレディースの彼女もきちんと剣術を嗜んでいます。その流派とは…

なんと「天然理心流」!!そうです、新撰組で有名な流派です。

小雪の流派が天然理心流とは時期的にもなかなかアツイですね。去年2019年は、土方歳三戦没150周年で色々新撰組関連で盛り上がっていましたし。(雑誌連載時は2019年です)

第10巻では彼女の過去や副長との絆やらも描かれていますので、なぜただの(?)文学少女がレディースの頭なんてやっているのかあたりの事情も明らかになりますよ!!

ちなみにさとりと小雪の戦いは”相手を丸裸にする”戦い…ということで、色々と透けて見えて…。露出多めでサービスショット満載な戦いです。

『武装少女マキャベリズム』第10巻より引用

不気味さと、エロすのコラボ、是非ご堪能あれ。

それにしても、天下五剣のお色気担当はてっきりメアリかと思っていましたが、もしかしてさとりのほうだったのかな…とさえ思うほどの露出でしたね。

まあ、思い返してみれば、ノムラに対するハニートラップに始まり風呂場での戦いに…と、さとりはなかなかの肌色要員だったか(笑)

…というか、小雪も特攻服で下着ふんどしってどういうことよ(笑笑)

[見所その3]鬼瓦輪、五剣筆頭の貫禄!!

そして、もうひとつの見所は五剣筆頭 鬼瓦輪です。

なんというか、彼女も一皮むけたのでしょうかね。今回は元六王剣を相手に”筆頭”の名に恥じぬ貫禄の戦いが描かれています。

敵幹部クラスに対して”剣腕は練度不足!!”とか、カッコ良すぎますね。

さらに、いつも亀鶴城メアリと二個一な扱いでしたが…

『武装少女マキャベリズム』第10巻より引用

今回の輪はヒロインとしてもひと味違います。負傷した千鳥から後を任され、ノムラと2人でノノムラを追うというメインヒロインらしい立ち位置で活躍します!!

裏ヒロインである斬々が不在の今、ヒロインとして頭ひとつ抜けたのか!!?

輪の頼もしい活躍も必見です。

[見所その4]ノムラに天啓!! 魔弾「改良版」習得なるか !!?

さて、最後の見所として紹介するのは、主人公ノムラさんの”魔弾”についてです。

“わがし”因幡月夜の指導のもと、改良版”魔弾”の習得に勤しんでいたノムラでしたが、今までのところなかなか成果は出ず…。そんなノムラに意外な形で天啓が降ります!!

Kabe Doo~n!!ノムラに天啓あり!!

改良版魔弾習得が難航中のノムラに思わぬ形で訪れた転機。それはなんと”Kabe Doo~n”!!

失礼、ふざけすぎました。

えっと、改めて…ノムラさんは”壁ドン”から魔弾「改良版」習得の糸口をつかみます。言っている意味がわからないって?それは読めばわかります。

壁ドンされたお相手は最近ノムラに懐きまくっている”肉食系小動物”霧崎千鳥嬢。突然の壁ドンに若干頬を染める様にもご注目!!

『武装少女マキャベリズム』第10巻より引用

「尊厳王」宗田憂の奇襲によって足を負傷したことによって、まさしく”怪我の功名”。まだ完全な習得には至っていませんが、少なくとも新技習得への道は拓けたノムラ。

ノノムラ戦の前に、きっかけだけでも掴めたのは大きいですね。ノノムラ戦の前、あるいは最中にでも改良版の習得が期待できるか!!?こちらも注目です。

もはや子猫!!?霧崎千鳥に癒されよう…。

それから、今回…というか、千鳥が登場してからですかね。台頭著しい(可愛さ的に…)幼年組の活躍にも大注目です。

もちろん、筆頭株はもはやノムラさん家の家猫状態の千鳥ですね。さらに一層、子猫感が増して…登場するたびに癒されます。

『武装少女マキャベリズム』第10巻より引用

ノノも五剣筆頭次席として、輪の立会いから少しでも多くのものを吸収しようと一生懸命。

愛地の次代を担う幼年組の活躍も見逃せませんね。

何はともあれ、一読すべし!!

というわけで、『武装少女マキャベリズム』第10巻の見所を紹介してきました。

「天下五剣」と「六王剣」の一騎打ちをはじめとし、幹部クラスの戦いが描かれ、さらなる盛り上がりを見せる第10巻!!

何はともあれ、まずは一読!!

ebookjapanなら無料試し読みが出来ますので、是非試してみて!!

\無料試し読みはこちらから!!/

『武装少女マキャベリズム』を読むなら電子書籍!!

ebookJapanでは『武装少女マキャベリズム』全巻冒頭試し読みができます!!

スマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めてとてもオススメ。

さらにebookjapanでは冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるのが嬉しいところ!!

『武装少女マキャベリズム』無料試し読みはこちら!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

武装少女マキャベリズム』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。

『武装少女マキャベリズム』レビュー記事

『武装少女マキャベリズム』第57(?)話

ノムラに訪れる天啓!!?激しさを増すそれぞれの戦場!!

『武装少女マキャベリズム』第54話

“五剣筆頭”鬼瓦輪の貫禄!!愛地共生学園の巻き返しが始まる!?

『武装少女マキャベリズム』第53話

“童子切安綱”花酒蕨と”尊厳王”宗田憂、相対す!!”数珠丸恒次”眠目さとりの相手は”喧嘩王”中曽根小雪か!??

『武装少女マキャベリズム』第52話

天下五剣集う!!”童子切安綱”花酒蕨と”数珠丸恒次”眠目さとりが戦線復帰!!

『武装少女マキャベリズム』第35話後編

誇海の六王剣!!愛地共生学園への遠征決定!!?

『武装少女マキャベリズム』 第35話前編

雲耀の高みへ!!月夜さん師匠、最強無双!!弾丸を徹甲弾へ!!?

「武装少女マキャベリズム」まとめ

『誇海共生学園』の頂点「六王剣」。「天下五剣」の誰と戦う!!?

『武装少女マキャベリズム』 まとめ

「天下五剣」まとめその1-『愛地共生学園』に君臨する5人の女剣士。五剣筆頭「鬼瓦輪」!!

『武装少女マキャベリズム』 第26話

納村と斬々、因縁の結末。友情の形。。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider