武装少女マキャベリズム 第33話前編 レビュー&ネタバレ感想です。

スポンサーリンク




[maroyaka_webclap text=よろしければお願いします→WEB拍手 btn_color=danger]

『早乙女選手、ひたかくす』第9巻

早乙女選手とサトルくんの関係性に大波乱!!?修学旅行編でも身悶えするほどのピュアラブ!!

『早乙女選手、ひたかくす』第8巻

全国大会でもラブがコメる!!早乙女選手、リベンジなるか!?

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

漫画レビュー 武装少女 戦う美少女 天下五剣 鬼瓦輪 亀鶴城メアリ 眠目さとり 花酒蕨 因幡月夜 天羽斬々 納村不道 しなこいっ 竹刀短し恋セヨ乙女 黒神遊夜

武装少女マキャベリズム 最新レビューリンク など

・『武装少女マキャベリズム』 最新話レビュー

・前話 第32話後編後編 レビュー

・『武装少女マキャベリズム』 レビュー一覧

武装少女マキャベリズム 第33話前編

3か月連続アニメ化告知月扉絵ですが、今号はついにアニメ最新情報も同時掲載

2017-05-01 7.25.06

詳細は別ページでまとめますが、ともかくアニメ化企画も順調に進んでいるようです。

さて、今回のお話はついに斬々とのお別れの話です。

最近は、武術やら戦闘やらはすっかりお預け、ニヤニヤする恋愛要素満載です。

これはこれでなんかいいですね。

神出鬼没の学園長”祥乃”。二人のためのお膳立て。。

さて、ようやく時間は30話終了時、ノムラが退院して学園に戻り着いた後に戻ります。

31話で描かれていた通り、事件(斬々の退学決定)はノムラの入院中に起こり、ノムラが復学した頃には斬々はすでに学校にはいませんでした。

個人的にはその際の学園長と理事長(祥乃、虎春)の神対応が気に入っています。

凛たちから斬々の転校を知らされたノムラの目の前に、さながら神出鬼没に突然現れ、転校が斬々自身の意思であることを告げ、その上で、行くべき場所が”空港”であることをほのめかします。

2017-05-01 7.28.07

もちろんサボりは校則違反(?)なので、下手をすれば外出許可証を剥奪されかねません。

しかし、祥乃の神対応はまだ続きます。

メアリが“よりによって学園長の目のまえで…”と発した時には、すでに姿をくらましてあげているという心遣い。

一瞬で遥か上空フェンスの上に移動し、そこからノムラたちの様子は見守っているわけですがね。「飛びユキノ」は健在です。

「スマートすぎる情報提供」「あえての見てみないふり」

個人的には直接的に”空港に行け”というわけでなく、セリフの中に除法を含めることで、問答を省いた伝達方法が特に感心しました笑

しかも、このお膳立てにちゃんと一枚噛んでいる虎春先生。

ちゃんと最後まで斬々のことを気にしてるのが好印象です笑

なんやかんや、憎い演出してます。

まあ、虎春もかなり“乙女”ですからね。共感するところもあったのでしょう。

とはいえ、搭乗時間には間に合っても保安検査のタイミングは人それぞれですから、見送るにせよ、引き止めるにせよ…

” そのためにはー… “

武装少女マキャベリズム井端玲子八幡ミーコ

” …なにか奇跡か 機転が必要ね “

あ、井端玲子&八幡ミーコだ!!彼女たちも『しなこいっ』の登場人物です。

こういうサプライズ(?)は前作を知っている身としては楽しいですね。二人とも虎春と仲良くなっていたんですね。

ちなみに彼女らは、虎春の一学年上『しなこいっ』主人公の遠山桜の同級生で、『武装少女マキャベリズム』でいえば、右井&倉崎コンビの役どころですね。

彼女らもまだ在学中ということは、やはり前話のレビューで書いた通り、『しなこいっ』から一年と少し経った頃ということで良さよそうですね。

ちなみに、空港に向かう際にどさくさに紛れて輪はノムラに懐中時計を渡す(?)ことに成功してます笑
スポンサーリンク



チケットの行き先。過去の後悔。。

さて、奇跡か機転。

もちろんノムラですから、奇跡なぞを期待するわけなく、機転を利かせます。

その機転とは…

2017-05-01 7.28.42

自分もチケットを購入して、出発ロビーに入ってしまうこと!!

ちなみに斬々の私服がすごく“お嬢様”っぽくて可愛い。

ちなみにノムラの買ったチケットの”行き先”は…。

明かされていないのですが、斬々の驚きの表情と”同窓会”というセリフ。

おそらくですが、二人が元いた高校(高校名って既出でしたっけ?)のある場所なのではないかと…。

” おたくも一緒にどうだい? “

と気軽に誘うも、その直後…

2017-05-01 7.28.57

” …あの時そう言えてりゃあな “

“あの時”とは

2017-05-04 20.13.49
神崎かるな/黒神遊夜『武装少女マキャベリズム』第5巻より

斬々の学校案内の申し出を断った時でしょうか…。

決裂の始まりはあの時ですからね。思いの外、後悔を引きずっています。

やはり、他のヒロイン(特に輪とメアリ)には残念なことに、ノムラにとっても斬々の存在は大きく、特別なようです。

 

1ページ目はここまでです。2ページ目は以下より。
スポンサーリンク




[smoothcategory catg_slug=”busou_shoujo”]




[amazonjs asin=”B06XNVS427″ locale=”JP” title=”武装少女マキャヴェリズム(6) (角川コミックス・エース)”]