『もののがたり』最新刊情報&既刊情報まとめ!!各巻あらすじ&見どころも!!

『もののがたり』最新刊情報&既刊情報まとめ

「ウルトラジャンプ」で連載中の『もののがたり』(著:オニグンソウ)の最新刊情報及び既刊の書誌情報まとめです。

『もののがたり』最新刊情報

『もののがたり』の最新刊は第13巻になります。2021年11月19日に発売。

*次巻 第14巻は2022年6月19日頃に発売すると予想されます(休載頻度によります)。

収録エピソードは、七十五話「常夜 トコヨ」七十六話「進攻 シンコウ」七十七話「勇往 ユウオウ」七十八話「風花 カザハナ」七十九話「射光 シャコウ」八十話「神立 カンダチ」の6エピソードになります。

第13巻では、ついに兵馬たちがぼたん救出のために黄泉平坂へと突入します。ぼたん救出のために兵馬を中心に編成された新たな討伐隊のオールスター感には興奮必至です。”悪天を纏”い 、”天恵”を得てさらに”神さびる”唐傘たち。彼らがどういう存在なのか、何を欲しているのかなども明らかに!! ちなみに兵馬はかつて単独で”鬼瓦”を倒した”奥の手”(回想でスーさんも登場!!)を披露し、菫の”右目の秘密”も明らかになります。

【あらすじ抜粋】連れ去られた ぼたん は”黄泉平坂”で目を覚ます。目覚めた ぼたん を”憑座”に藁座廻たちは現人神を喚び起こすために”反魂の儀”を執り行うが、精神を徐々に削ぎ落とされていく苦痛に耐えながら ぼたんは兵馬のことを信じ続けるのだった。一方、唐傘の急襲によって甚大な被害を受けた塞眼陣営は、ぼたん奪還に向けて 新たな討伐隊を編成し唐傘への対策を練りあげ…

『もののがたり』既刊情報 各巻みどころ

『もののがたり』第12巻

【第12巻見どころ】

第12巻では、唐傘に喰われた討伐隊による長月家及び、辻家への襲撃とその後の話が描かれます。作中最高潮とも言える”ぼたんの告白”エピソードも収録されています!! 唐傘による急襲で手痛いダメージを受けた塞眼陣営は、討伐隊含め、重要な戦力を多く失ってしまいました。ぼたん奪還に向けて、若き御三家の次期当主たちを筆頭に再び立ち上がる姿はとても熱い!! ちなみに天日に喰われた隼人と共に、もう一人の不世出の天才である”あの人物”が登場するのも第12巻の見どころ。ビジュアルが美しすぎます。”不世出の天才”の圧倒的な実力が初めてヴェールを脱ぎます!! さらに、彼らにもう一人”兵馬の大切な人物”を喰った唐傘を加えた3名が兵馬の前に現れるという超絶展開もしびれます。

2021年01月19日発売