【初めてのセンセ。】新連載スピンオフ第1話レビュー感想

>>最新話レビュー<<

>>単行本最新刊レビュー<<

>>『初めてのセンセ。』 レビュー一覧<<

『初めてのセンセ。』スピンオフ第1話感想

始まりましたね〜。今月号は新連載スピンオフが2本立てで連載開始です!奇しくもどちらも新任の女教師モノ!

では、ヤングチャンピオンで連載中の春輝先生の『センセ。』のスピンオフ『初めてのセンセ。』の感想です !!

*もう一つの新連載『黄昏のエトス』のレビュー記事は記事下にリンクがあります。

本編では女子校の中で唯一の男子教師として翻弄される佐藤真の姿が描かれますが、スピンオフの主人公は真の先輩教師の長谷川史枝です。真と同様に男子校に唯一の女子教師として赴任(教育実習)した長谷川先生が性欲まみれの思春期男子に翻弄されていく様が描かれます。

『初めてのセンセ。』での長谷川先生は、まだまだウブな女子大生感たっぷりで『センセ。』での姿とは全く結びつきませんが…

ともかく『初めてのセンセ。』第1話の感想です。

学園にたった一人の女教師!!

『初めてのセンセ。』で描かれるのは、教育実習時の長谷川先生です。教育実習の時期ということは、『センセ。』の主人公佐藤真との出会いのタイミングでもありますね。

ということで、高校生時代の真先生も登場します。『センセ。』で語られた話では、この教育実習の際に真先生は長谷川先生に勉強だけでなく無理やり踏み込んでエッチなことを強制されていたということでしたが…。

第一話の段階では大分印象が違いましたね。長谷川先生は明神学園男子校舎に唯一の女性として赴任するのですが…

セクハラに悩まされる長谷川先生。『初めてのセンセ。』vol.1より引用

思春期真っ只中、頭の中が性欲だけの男子生徒の中に放り込まれた長谷川先生は、若くて巨乳かつ美人ということもあって、お尻を触られたり胸を揉まれたりとセクハラにさらされています。

…って、いやいや、どこの無法地帯だよっ!! いくら思春期であってもそれは犯罪ですよ。しかも一応は明神学園というのは名門なんでしょ?こんな高校生たちがいてたまるかよ(笑)

どこまでが長谷川先生の被害妄想かはわかりませんが、ほとんどの男子生徒が凶悪な風貌に見えている様子。その中に一人だけ真面目そうで優しい生徒に出会います。

私の身体を見せてあげるから…。

そうこうしている間に、再び無法系の生徒たちに絡まれる長谷川先生。なんと笑えることに大変なことに先生と交流する順番を巡って殴り合いの喧嘩を始めるんですね。

こんな展開があるって一体どんな学校でしょうね。いくら男子校でもこんなことはありえませんよ。なんなのこの”私のために争わないで”状態は??(笑)

そして喧嘩を止めようとした長谷川先生は、とんでもない提案をしてしまいます!!

喧嘩を止めようとして…『初めてのセンセ。』vol.1より引用

長谷川先生が何をしたのか。詳細のネタバレは伏せますが…

その際に長谷川先生が発したセリフの一部は

“ただその代わり 君達も…”

さて、気になった方は本誌を確認してくださいね。文字でのネタバレより、絵で見た方が絶対いいです!

とにかくエロいことだけは保証します。『センセ。』とは異なり、まだまだ恥じらいの残る長谷川先生も良いですね!

長谷川史枝が如何にして堕ち(痴女化?)ていったか…。

というわけで、教育実習生時代のウブな長谷川先生の姿が描かれた『初めてのセンセ。』の第一話でしたが…。なんとなく『センセ。』でのエロに開放的というか、痴女っぽい長谷川先生とは結びつきもしない印象でしたね。

それに、この教育実習期間中に真先生にエッチな関係を強いることになるはずなのですが.、今回の展開からするとそんな風になるなんてことは全く想像できませんよね。

そもそも教育実習って数週間から長くて1ヶ月というくらいですよね?

そんな短期間で子供のセクハラに動揺するようなウブな女子大生が、どうして男子校生に性的なことを強要するような痴女になっていくのか…。

今回はむしろ真に長谷川先生の方が弱みを握られた終わり方のようでしたけど…。ここから開き直って逆にイニシアチブを握って、それが結果的に痴女化に繋がるのかなぁ。

『初めてのセンセ。』では、長谷川先生が急激に堕ちていく(?)様が描かれていくんでしょうね。これまた楽しみな展開です。

同じく新連載の『黄昏のエトス』のレビュー記事のリンクは記事下にあります。そちらもよろしければ。

『初めてのセンセ。』を読むならebookjapanの電子書籍!

『センセ。』のスピンオフ『初めてのセンセ。』の連載が始まりました。単行本発売はまだ先ですが、本編の『センセ。』は第11巻まで好評発売中です。

春輝先生の作品は絵も綺麗だし、エロいし、とにかく魅力的なのですが、内容がちょっと過激なので書店で購入するのにはちょっと抵抗があるんです。

そんな時には、オススメなのが電子書籍です。忙しくてなかなか書店に行く時間がない週日でも電子書籍なら書店に出向く事なくその場で購入できます!

さらにebookJapanならスマホアプリもあるのでどこでも読めてかなり便利ですし、『センセ。』や『あらくさ忍法帖』など春輝諸作品を最新刊も含めて無料で試し読みができるところもオススメな点です。

そして何より電子書籍は画質が綺麗見開きも一枚絵で堪能できます!!

様々なクーポンや、購入特典もあり、また一冊まるまる無料で読めるサービスなどもあるので漫画好きも満足の充実した漫画ライフがおくれますよ。

登録なども必要なく無料で試せますので、是非一度お試しくださいな。

『センセ。』を電子書籍で読む!!

『センセ。』を電子書籍で読む!!

>>最新話レビュー<<

>>単行本最新刊レビュー<<

『落日のパトス』レビュー記事

『落日のパトス』第8巻感想
『落日のパトス』第61話「私もこんなザマだったの?」
『落日のパトス』第60話「まさみちゃん、そんなにチョロかったの?」
『落日のパトス』第59話「カズヒデってそんなチャラかったの?」
『落日のパトス』第58話「ホントにそんなチャラ男だったの?」
『落日のパトス』第57話「まさかアイツが来るんですか?」
『落日のパトス』第56話「こんなところから覗いてたの?」
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider