『初めてのセンセ。』Vol.21″女教師のエロすぎコスプレ天国!!”あらすじ紹介&レビュー感想!!

『初めてのセンセ。』最新刊情報

【あらすじ】男子校でただ一人の女性教育実習生として教鞭を振るうことになった長谷川先生! ガラの悪い生徒や教員たちのエッチな視線やイタズラに悩まされながらも、そんな自分を助けてくれる教え子の佐藤真に心惹かれはじめていく。だが優しくウブな佐藤クンに接していくうちに、長谷川先生自身の理性も次第に崩壊していって……!?

>>無料試し読みはこちら<<

『初めてのセンセ』Vol.21 あらすじ紹介&レビュー感想

【最新話情報&あらすじ紹介】

【漫画速報】『初めてのセンセ』最新話情報&あらすじ紹介!!(ネタバレ注意!!)
【漫画速報】『初めてのセンセ』最新話情報&あらすじ紹介!!(ネタバレ注意!!)
previous arrow
next arrow

↑最新話あらすじ紹介!!↑

『初めてのセンセ』Vol.21あらすじ紹介

まずはこれまでのあらすじを踏まえて『初めてのセンセ。』Vol.21のあらすじを紹介します。

*『初めてのセンセ』Vol.21は2021年9月20日発売の『ヤングチャンピオン烈』2021.No.10に掲載されたエピソードです。

【Vol.21 あらすじ紹介】

長谷川の教育実習が無事に終わり、佐藤の発言により良い雰囲気になった二人はラブホテルへ。本番を覚悟して鞄に新しいショーツを忍ばせて、慣れない酒に手を伸ばし緊張をほぐそうとする長谷川だったが、佐藤に自分はまだ受験生だからと誘いを断られてしまう…。しかし、”合格したら長谷川先生のコト教えて下さい…”という言葉に、自身も一緒に我慢することを誓いキスをするのだった。キスまでなら…と共に悦楽に身を委ねてしまう二人だったが、そこでとどまれるわけもなく…。最後の一線を越えるまで、すでに秒読み!!? 

前回のエピソードで、晴れて恋人同士となり(?)、ラブホテルへとやってきた二人。当然、年若い二人の欲求は抑えることなどできるわけもなく、行為はドンドンエスカレートしていきます!! そして、今回は長谷川先生がコスプレ誘惑が炸裂します。長谷川先生のJk姿にナース姿…さあ、もうたまりません。

それでは『初めてのセンセ』Vol.21の感想です!!

『初めてのセンセ』Vol.21は『ヤングチャンピオン烈』2021.No.10に掲載されています。感想を読む前に、本編を読んでおきたいという方はまずは下記リンクから購入できます。

👉\こちらから読めます!!/👈

『ヤングチャンピオン烈』

『初めてのセンセ』Vol.21レビュー感想

こんなの我慢できるわけがない!!?据え膳食わぬは…

はっきり言って無理ですよね(笑) 我慢するなんてさ。

長らくお互いがお互いを性的な目で見続けてきた二人が、今や教師と生徒というタブーな関係性からも解放され、さらにラブホに入って、なんやかんや雰囲気に流されながらすでに”性的な”肉体接触もしていますから…。ここまできたら、据え膳食わねば男の恥、という奴ですよね。

結局、強い(?)精神力で直前の直前で佐藤は堪えるんですけど、まあ、あそこまで行ったらやめられてしまう方が女性側からすれば辛いんだろうと…。”手が勝手に”とか言って、しっかり乳首までいじってますからね。もはや長谷川先生は完全に準備完了状態です。

それにしても、ここまでの熱々な二人の関係性からは、本編の『センセ』での微妙な距離感が想像しにくいですね。まあ、この時点では お互いが初めてという補正も効いて他のでしょうがね。初恋は…ともいいますしね。ただまあ、今回の件で(自分でも言っていましたが)長谷川先生のビッチ素養は十分に証明されました(笑)

JKにナースに…。女教師のコスプレ天国。

もはや我慢をするつもりもさせるつもりもまるでない長谷川先生は、ラブホに備え付けのコスプレ衣装を使ってエッチなイタズラをこれでもかというほどに繰り広げます。JKコスのパンチラ描写のエロさが、さすがです。本編である『センセ。』ではこれでもかとエロいJKが描かれていますが、スピンオフのこちらでは非常に珍しいシチュエーションです。

正直、素直に本番をしてしまうほうがよっぽど純情じゃない?と思うほどに、コスプレした長谷川先生のイタズラは淫靡なものでしたね。これで、初めてというのはね、よっぽどそちら方面の才能があるとしか思えない。”あっ…ちょっと出ちゃいましたか?ダメですよ まだ出しちゃ…”とか。童貞高校生相手にはキツすぎるって(笑)

佐藤の量も半端ないものでしたね。”よかった これでビショビショなのうちだけじゃなくなったわ”とか言ってましたが、結果ビショビショ、というかせいし被ってベチョベチョになってるやん!! そのままの流れで、お風呂に入ることになった二人、初体験まで秒読みに入る…のか??



『初めてのセンセ』最新刊

『初めてのセンセ』レビュー記事

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です