“全集中の呼吸” -蛇の呼吸- 全型まとめ『鬼滅の刃』

LINEで送る
Pocket

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

ebookjapanなら金土日の3日間は週末クーポンで15%off!!


>>『鬼滅の刃』 最新話レビュー<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<

「蛇の呼吸」とは

「水の呼吸」から派生した呼吸。「水の呼吸」の柔軟性を反映させたと思われる蛇の如くうねるような柔軟な太刀筋が特徴。

作中で確認できる使い手は蛇柱・伊黒小芭内のみ。刀身がうねったような特殊な日輪刀を使用する。

おそらく小芭内が独自に派生させた呼吸であると思われる。

“全集中の呼吸” -蛇の呼吸-

小芭内は柱の中でも特に小柄で華奢な剣士であり、「蛇の呼吸」は同じく「水の呼吸」から派生した「花の呼吸」(及び「蟲の呼吸」)と同様に”力”ではなく”速さ”や”柔軟性”に重きを置いた派生であると考えられる。

ちなみに11巻の幕間にて柱の腕相撲の強さランキングがあり、そこで小芭内 が蟲柱・胡蝶しのぶと”実戦は腕力じゃない、技は腕力ではない”という話をしている。

ちなみにしのぶが最下位で、小芭内が下から2番目。腕力だけなら炭治郎の方が小芭内より強いらしい。

*『鬼滅の刃』最新巻発売中!!ebookjapanで無料試し読みできます!!

\こちらから読めます!!/

「蛇の呼吸」の型 まとめ

壱ノ型 委蛇斬り

詳細は不明だが、おそらくは大ぶりの横薙ぎ。自分自身を中心に円を描くような軌跡の斬撃を繰り出し、比較的広範囲を斬り伏せる。

委蛇とは、蛇のようにくねくねと曲がりくねって長く続く様を表す。

弐ノ型 狭頭の毒牙

蛇のごとく忍び寄り、相手の死角から斬りつける型。

作中では最終局面『無限城』にて甘露寺とともに上弦の肆(嗣)・鳴女と対峙した際に使われたが、鳴女の空間を操作する血鬼術により躱される。

蛇の呼吸 弐ノ型 狭頭の毒牙

小芭内が迷いなく頸をねらっていることから、高位の鬼であってもその頸を落とせるだけの威力があると思われる。

参ノ型 不明

技の詳細はおろか、名前も明かされていないが、瞬間再生されたとは言え、無惨の首を斬った型。

腕全体をしならせ、うねるように刀を振り、敵の首元に刀を滑り込ませる。

腕も刀の一部のようにしてうねらせることで、間合いを長く(錯覚?)させる効果があるのでは…。同時に遠心力による加速も乗り、威力も増すと思われる。

伍ノ型 蜿蜿長蛇

並み居る敵の合間をぬうようにして、一瞬にして複数の敵を斬りつける。多数戦において真価を発揮すると思われる型。

蛇の呼吸 伍ノ型 蜿蜿長蛇

『無限城』に放たれた鬼はすべからく十二鬼月・下弦程度の力を与えられているが、それらの頸をいとも容易く斬り落とした。

『鬼滅の刃』を無料で試し読み!

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

ebookJapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

『鬼滅の刃』レビュー記事

第190話「心強い仲間」
第189話「心強い仲間」
第188話「悲痛な恋情」
第187話「無垢なる人」
第186話「古の記憶」
【第18巻】『鬼滅の刃』感想
第185話 「匂いのない世界」
第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

前へ

『鬼滅の刃』まとめ “全集中の呼吸”(随時更新中)

次へ

“全集中の呼吸” -蟲の呼吸- 全型まとめ 『鬼滅の刃』

  1. なっぽぽ

    伊黒さん推しなので嬉しいです!!勉強になります

    • mangameshi

      ありがとうございます!
      伊黒さんいいですよね!過去編が明かされてますます好きになりました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén