ランキング大賞2019

>>『ランキング大賞2019』<<

“全集中の呼吸”「雷の呼吸」

「はじまりの呼吸」から分かたれた基本の5個の型のうちの一つ。

呼吸の力を足に集める事で飛躍的に脚力を高め、その圧倒的脚力による神速の踏み込みから生み出される技は雷光の如き速さを誇り、雷撃の如き轟音を伴う。

日輪刀の色は黄色。

「雷の呼吸」からさらに派生した呼吸として「音の呼吸」が存在する。

習得者は元柱の桑島慈悟郎とその二人の弟子、獪岳と善逸。

全集中の呼吸「雷の呼吸」

基本の型は6個だが、のちに善逸が独力で漆ノ型を編み出した。

現在基本の型を全て使える人間は存在せず、兄弟子の獪岳は壱の型だけが使えず、弟弟子の善逸は壱の型だけしか使えない。

そのため桑島慈悟郎は獪岳と善逸の二人を合わせて「雷の呼吸」の後継と考えていたが、そのことがのちに獪岳に鬼になる道を進ませることとなる。

また「雷の呼吸」の継承権を持つ獪岳が鬼になった事で、桑島慈悟郎は責任を取って切腹。さらに獪岳も善逸によって討たれたため、「雷の呼吸」の弐ノ型から陸ノ型を使える人間はいな苦なり、技は絶えてしまったと思われる。(「炎の呼吸」のように指南書が存在する可能性もあるが…)

「雷の呼吸」の型 まとめ

壱ノ型 霹靂一閃

「雷の呼吸」の全型の基本となる型で、善逸が唯一使うことのできる型。

雷鳴の如き轟音が出るほどの踏み込みから繰り出される雷光の如き速さに乗せて放たれる抜刀術。並みの鬼ではいつ斬られたのかもわからないほどの速さをほこる。

“一つのことしかできないならそれを極め抜け極限の極限まで磨け”

“極限まで叩き上げ 誰よりも強靭な刃になれ”

という師・桑島慈悟郎の言葉の通り、壱ノ型だけを愚直に鍛え上げた善逸は、霹靂一閃の連撃を習得するに至っている。

雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃

初期は主に六連を得意としていたが、胡蝶しのぶの修行にて全集中・常中を身につけた後、上弦の陸・堕姫との戦闘でそれを上回る八連を披露している。

技のおこりとしては、刀の鍔に手をかけ納刀した状態のまま踏み込みに入る様子が描写されており、基本的には抜刀術であると考えられるが、連撃の際に逐一納刀しているかは不明。

さらに、壱ノ型を極めあげた善逸はこの速度をさらに上回る”霹靂一閃 神速”をも習得している。”霹靂一閃 神速”は上弦の陸・堕姫をして反応できないほどの速度と、その頸を斬らんばかりの威力をほこるが、足にかかる負担が大きすぎるため使用は2回が限度となっている。

弐ノ型 稲魂

獪岳の使用できる5つの型の一つ。

一息で瞬きの間に五連撃を放つ。近距離向けの連撃技。

“稲魂”というのは稲妻のことを意味し、まさしく稲妻のような斬撃として描写されている。

雷の呼吸 弐ノ型 稲魂

ちなみに獪岳の放つ斬撃及び、斬撃に伴う細かい稲妻のようなエフェクトは黒で表される。これは、おそらく獪岳が鬼に堕ちたからであると思われる。

黒い雷といえば、日本神話における火雷大神のうちの一柱に黒雷神(雷に伴い天地が暗くなることを表した神)がいるが多分関係ない。

ランキング大賞2019

参ノ型 聚蚊成雷

獪岳の使用できる5つの型の一つ。

回転しながらの波状攻撃。あらゆる方向から敵を斬りつける。

雷の呼吸 参ノ型 聚蚊成雷

聚蚊成雷とは、小さな蚊の羽音も数が多くなれば雷のような音になるということから、小さいものでも数多く集まると大きな力や影響を及ぼすという意味の四字熟語。

肆ノ型 遠雷

獪岳の使用できる5つの型の一つ。

詳細は描かれていないが、名前などから推測するに中遠距離用の型だと思われる。…が、足元の畳から推測すると、だいたい畳1畳分ほどしか動いていない。

“遠雷”とは、遠くで鳴っている雷のこと。

雷の呼吸 肆ノ型 遠雷

獪岳の攻撃の起点(踏み込み位置?)を中心にして複数の黒い稲妻が放射状に放たれているように見えるので、全方面に斬撃の余波が放たれていると考えられる。

細い稲妻が絡みついた唯一中心に繋がっている稲妻が本命で、その方向へと獪岳は踏み出している。

善逸との口論で激昂した獪岳が、善逸に斬りかかる形で初めて繰り出した技だが、獪岳を上回る速度を持つ善逸には躱わされた上で、逆に一太刀入れられることになった。

伍ノ型 熱界雷

獪岳の使用できる5つの型の一つ。

同じく詳細は描かれていないが、おそらく下から上へと斬りあげる斬撃。描写的にはいわゆる飛ぶ斬撃??

参ノ型 聚蚊成雷 をかわすために後ろ絵と飛び退った善逸に向けて放たれた型である。善逸は直撃を受けるが、刀で受け切ったのか、この型による傷を受けた描写はない。

雷の呼吸 伍ノ型 熱界雷

“熱界雷”とは、夏の日射によって局地的に地面が温めらることで湿気を含んだ下層大気が上昇し生じる”熱雷”と、寒冷前線に伴う上昇気流によって生じる”界雷”が複合的に生じたもの(熱雷と界雷、双方の原因が複合的に作用した結果生じた雷)である。

あくまで”熱界雷”は上昇気流によって生じる雷のことなので、上昇するのは気流であり雷自体は上から下に落ちる。そのため本来の意味通りでいうなら、下から上へと斬りあげる斬撃とは少し意味が異なるように思われる。

あるいは…。上記の通り善逸が傷を受けていないことからも、この型は続く陸の型を発動させる準備の型なのかもしれない。上昇気流のように相手を宙に飛ばして自由を奪い、雷(陸ノ型 電轟雷轟)を落とすための雷雲を作る…とでもいうか…。

陸ノ型 電轟雷轟

獪岳の使用できる5つの型の一つ。

獪岳が”伍ノ型 熱界雷”から繋げて連撃として放った技。

上空に飛び上がった獪岳を中心に広範囲に黒い稲妻状の斬撃が迸る大技。

雷の呼吸 陸ノ型 電轟雷轟

電轟雷轟は、電撃が迸り雷が鳴り響くという意味だと思われる。

似た雷轟電撃という四字熟語があり、こちらは雷が鳴り響き稲妻がはしる様を表し、勢いが激しいことを意味する。

漆ノ型 火雷神

善逸が編み出した善逸だけの型。

“壱ノ型 霹靂一閃”を極め高めたような技で、あまりの速さに鬼となった獪岳をして目視することすらできない。

電撃の龍を纏うような描写がなされ、上弦の陸となった獪岳の頸を一撃で落とすほどの威力をほこる。

雷の呼吸 漆ノ型 火雷神

この漆ノ型 火雷神 をもって、善逸は兄弟子と肩を並べて戦いたいと思っていたが、その想いが届くことはなかった。

ちなみに、これまで善逸は臆病さゆえに眠り(気絶し)ながら夢遊病のようにして戦ってきていた。しかし、”やらなくてはならない事”を見定め覚悟を決めた獪岳との戦いで初めて意識のある状態で戦った。

火雷神は日本神話おける雷の神で、伊邪那美命に生じた八雷神(火雷大神)のうちの1柱である。おそらく日本で最も有名な雷神であり、一般に雷神といえばこの火雷神を表すことが多い。

ちなみに大雷神につぐ2番目(序列があるかの詳細は不明)の雷神で、本来は雷の引き起こす炎を表した神と言われる。また、雷神は龍に関連づけられることが多い。

ランキング大賞2019

>>『ランキング大賞2019』<<

『鬼滅の刃』を無料で読むなら…

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

『鬼滅の刃』を無料で試し読み!

ebookJapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

『鬼滅の刃』レビュー記事

第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider