LINEで送る
Pocket

『鬼滅の刃』第19巻を読む!!

\『鬼滅の刃』最新刊を読む!/

ebookjapanなら無料で試し読みできます!!

「風の呼吸」とは

「はじまりの呼吸」から分かたれた基本の5個の型のうちの一つ。

「呼吸法」確立以前から鬼殺隊に伝わっていた5つの剣術流派のうちの一つ「風の流派」に呼吸法を組み込むことにより完成した。

攻撃面に非常に重きを置いた呼吸であり、荒々しい暴風や巻き上がる嵐、吹き荒む突風というような”風の凄まじい面”を体現したかのような型が特徴。

全集中 風の呼吸

「風の呼吸」に関しては、他の呼吸とは異なり技の発動に伴うエフェクトの一部は実際に物理的な実態を持った”風”であり攻撃能力をもつ。

作中で確認できる習得者は、風柱 不死川実弥と粂野匡近(おそらく)。

日輪刀の色は緑色。 痣は風車ような形状で色は緑色。

「風の呼吸」から派生した呼吸として「霞の呼吸」、系統の近い呼吸として「獣の呼吸」が存在する。

*上述の通り「霞の呼吸」は「風の呼吸」からの派生流派だと説明されているが、荒々しい剛の剣の「風の呼吸」に対して「霞の呼吸」は幻惑的で流麗な柔の剣であり、二つの流派は非常に対照的である。

全集中の呼吸流派一覧はこちら。

*『鬼滅の刃』最新巻発売中!!ebookjapanで無料試し読みできます!!

\こちらから読めます!!/

【最新話レビュー感想もチェック!!】


↓↓最新話レビュー↓↓

【第198話】「気付けば」レビュー感想

日の出はすぐそこ!!死力を尽くした総力戦!!

第200話「勝利の代償」レビュー感想

【炭治郎死す!!】号泣必至!!失われゆく柱たちの命。大きすぎる代償。
previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

*レビューリンクは記事終わりにもあります。

「風の呼吸」の型 まとめ

壱ノ型 塵旋風・削ぎ

凄まじい勢いで螺旋状に地面を抉りながら突進して斬り刻む。旋風とは激しくうずまき状に吹き起こる風のことを意味する。

風の呼吸 壱ノ型 塵旋風・削ぎ

 使用者本人が螺旋状に回転しながら突進しているのか、それとも高速で移動することによって周囲の空気を巻き込んで竜巻状の風を生じさせているのかは不明だが、通過した後の地面は技の名の通り”削ぎ”とられている。

弐ノ型 爪々・科戸風

刀を鋭く切り落とすことで、複数の斬撃(4?5?)を飛ばす。あたかも爪のような巨大な風の刃を生み出すが…いわゆる”飛ぶ斬撃”のようなものなのか”鎌鼬”のようなものなのかは不明。

風の呼吸 弐ノ型 爪々・科戸風

“科戸の風”とは、神産みにおいてイザナギとイザナミの間に生まれた風の神級長戸辺命に由来するもので、罪や汚れを吹き払うという風を意味する。

参ノ型 晴嵐風樹

高速の連撃を繰り出すことで、自身の周囲を取り巻く竜巻のような斬撃の結界を張る。攻防一体の技で、「月の呼吸」の変形する刃をも防いだ。 

風の呼吸 参ノ型 晴嵐風樹

“晴嵐”とは”晴れた日に山にかかる霞”を、”風樹”とは”風に吹かれ揺れる樹”を意味する。

ちなみに、関係ないとは思うが、「晴嵐」とは太平洋戦争時に大日本帝国海軍によって開発された水上攻撃機の名前にもなっている。本当に関係ないと思うけど…。

肆ノ型 昇上砂塵嵐

斬撃を連続で繰り出すことで、中空に向け巻き上がる砂嵐のように風の刃を発生させる。参ノ型 晴嵐風樹を低い体勢から上方向に放つイメージか…?

風の呼吸 肆ノ型 昇上砂塵嵐

砂塵嵐とは、つまりは砂嵐のこと。強風によって砂や土砂が吹き上げられ空に巻い上がる現象のこと。

伍ノ型 木枯らし颪

空中に飛び上がった状態から落下に合わせることで斬り落とすことで、重力加速度と全体重を斬撃にのせる。 

風の呼吸 伍ノ型 木枯らし颪

“木枯らし”とは晩秋から初冬にかけて木の葉を散らすように吹く冷たい風。”颪”とは主に冬に山から吹き降ろす風のこと。

この技に関してはエフェクトはあくまでエフェクトで物理的な攻撃力はないのではないかと思われる。(そうじゃないと雫波紋突きで一点対応した義勇が無傷で済むとは考えにくい)

陸ノ型 黒風烟嵐

体を捻りながら斬りあげることで、巻き上げるような斬撃を放つ。

「月の呼吸」の斬撃に伴って変形する小さな三日月状の刃と同じような感じにも見えてしまうが、このエフェクトは実態を持つのだろうか…??

風の呼吸 陸ノ型 黒風烟嵐

“黒風”とは”砂塵を巻き上げ空を暗くするようなつむじ風”のこと、”烟嵐”は”山中にかかった靄”のことを表す。ちなみに”烟”は”煙”と同義字。

漆ノ型 勁風天狗風

空中で体を捻り斬撃を繰り出し、らせん状に渦巻く突風のごとき風の刃を複数生じさせる。岩柱 悲鳴嶼行冥と共闘した際に披露しており、悲鳴嶼の「蛇紋岩・双極」に回転を加え技を加速強化させている。

風の呼吸 漆ノ型 勁風天狗風

“勁風”とは”強く吹く風”のこと、”天狗風”とは”突然激しく吹き降ろす旋風”のことを意味する。 

捌ノ型 初烈風斬り

まるで大きな羽を羽ばたかせたかのような突風状の斬撃を放ち、その勢いのままに駆け抜ける。

風の呼吸 捌ノ型 初烈風斬り

技名の由来は鳥の風切の先端部分である「初列風切」だと推測される。

 ちなみに一般に鳥の風切りは「初列」「次列」「三列」に分けられ、「初列風切」は羽ばたき飛行の際に推進力を得る働きをする部位である。

玖ノ型 韋駄天台風

宙空に身を翻し、自身を中心にして全方向に暴風のような斬撃を放つ。その様はまさしく台風。

風の呼吸 玖ノ型 韋駄天台風

“韋駄天走り”というように”韋駄天”は足の速いひとの例えに用いられる…が、実は俗信である。

“韋駄天”とは、仏教における天部であり、元はヒンドゥー教の主神の一人であるシヴァの子供にして軍神である。

「風の呼吸」の 派生一覧

【日の呼吸】*派生元流派

【霞の呼吸】

【獣の呼吸】*性質が近い呼吸


『鬼滅の刃』を読むならスマホからebookjapan!!週末なら15%off!!

ebookjapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。

さらにebookjapanではほぼ全作品について冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるので非常にお勧めです!!

『鬼滅の刃』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

是非この”試し読み”を使って、まずは読んでみて!!

『鬼滅の刃』最新刊の試し読みはこちら!

ebookjapanにはスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めます。忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。僕もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です(笑)

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

『鬼滅の刃』レビュー記事

痛々しいほどの美しき執念と覚悟。「執念」レビュー感想

【第197話】「執念」レビュー感想

第196話 「私は」

禰豆子がついに人間に!!?珠世の4つの薬!!

第194話 「灼熱の傷」

伊黒小芭内と鏑丸!!無惨の肉体に浮かび上がる傷

第193話 「困難の扉が開き始める」

九千年の老い。珠世が忍ばせた最期の毒!|

【第19巻】『鬼滅の刃』感想

童磨戦決着!最強の鬼上弦の壱黒死牟が動く!!

第192話 「廻る縁」

全てが円環し型となる。ついに明かされる13番目の型!!

第191話「どちらが鬼か」

【柱全滅!!?】ついに炭治郎復活で最終決戦!!

第190話「心強い仲間」
第189話「心強い仲間」
第188話「悲痛な恋情」
第187話「無垢なる人」
第186話「古の記憶」
【第18巻】『鬼滅の刃』感想
第185話 「匂いのない世界」
第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider