LINEで送る
Pocket

【水の呼吸×冨岡義勇】型一覧&概要『鬼滅の刃』-変幻自在の水の如し。-

『鬼滅の刃』第19巻を読む!!

【週末クーポン配布中!!】

\『鬼滅の刃』最新刊を読む!/

「水の呼吸」とは

はじまりの呼吸」から分かたれた基本の5個の型のうちの一つ。「呼吸法」確立以前から鬼殺隊に伝わっていた5つの剣術流派のうちの一つ「水の流派」に呼吸法を組み込むことにより完成した。

炎の呼吸」と並んで歴史が古く、いつの時代にも必ず”柱”を輩出している。

最大の特徴は「水」の名が表すとおり、どんな形にもなれる変幻自在な歩法であり、如何なる敵にも対応できる柔軟さを持つ。このためか習得者のひとりである竈門炭治郎は、技を柔軟にアレンジして使用している場面が度々見受けられる(横水車雫波紋突き・曲など)。

全集中 水の呼吸

さらに、全流派中唯一”鬼に苦痛を与えず安らかな死を与える“鬼を救済する型を持つ。

「水の呼吸」は10の型から構成されるが、現水柱 冨岡義勇は義勇だけが使える 拾壱ノ型 凪を編みした。

技が基本に沿ったものであるため、「水の呼吸」から派生した流派も多く、また使用する剣士も多い。作中に登場する「花の呼吸」、「蟲の呼吸」、「蛇の呼吸」などは「水の呼吸」からの派生である。

作中で確認できる習得者は、竈門炭治郎、”水柱”冨岡義勇、”元水柱”鱗滝左近次、錆兎、真菰。(他にも左近次の弟子が多数)

日輪刀の色は青色。 痣は水を彷彿とさせる水墨画のような形状で深い藍色。

全集中の呼吸流派一覧はこちら。

*『鬼滅の刃』最新巻発売中!!ebookjapanで無料試し読みできます!!

\こちらから読めます!!/

【最新話レビュー感想もチェック!!】


↓↓最新話レビュー↓↓

大団円!!平和な世界で鬼殺隊、解散。次号の舞台は現代!!?

【第204話】「鬼のいない世界」レビュー感想

Shadow
Slider

*レビューリンクは記事終わりにもあります。

「水の呼吸」の型 まとめ

壱ノ型 水面斬り

両腕を交差させた状態から反動をつけて刀を水平に薙ぐ。「水の呼吸」の基本の技。 

水の呼吸 壱ノ型 水面斬り

名称に関しては、おそらく水平に薙ぐ刀の軌跡を水面に擬えていると思われる。

弐ノ型 水車

前方に宙返りをしながら垂直に斬りつける。回転による威力を加えるため非常に強力な一撃であり大型の敵にも有効。

水の呼吸 弐ノ型 水車

汎用性が高く、応用もきくため炭治郎も初期に多用した。炭治郎が考案(?)した応用技として、横方向に水車を放つ「横水車」がある。「日の呼吸」火車を彷彿とさせる。

参ノ型 流流舞い

変幻自在の歩法を特徴とする「水の呼吸」の真骨頂とも言える型。

水の呼吸 参ノ型 流流舞い

流れるような足運びによって、残像が残るほどの速度で相手を撹乱しつつ斬撃を加える。

肆ノ型 打ち潮

相手の懐に踏み込み、淀みない太刀筋で斬撃を繋げる連撃。

水の呼吸 肆ノ型 打ち潮

攻撃範囲も比較的広く、複数の鬼を相手にしても同時に頸を落とすことができる。また、とっさの状況にも対応しやすい汎用性の高い技。

炭治郎が作中で初めて披露した技。さらに炭治郎は空中で放つ”打ち潮・乱”も使用している。「日の呼吸」炎舞を彷彿とさせる。

伍ノ型 干天の慈雨

全呼吸、全型の中で唯一鬼に慈悲をかける型。斬られた者に殆ど苦痛を与えず、優しい雨に打たれているかのように、ただただあたたかく穏やかな死を与える。

水の呼吸 伍ノ型 干天の慈雨

炭治郎のためにあるかのような技だが、鬼が自ら頸を差し出して来た時のみ使われる型のため、なかなか披露される機会はない。

陸ノ型 ねじれ渦

「水の呼吸」ならではの、水の中でこそ力を発揮する型。上半身と下半身を激しく”ねじる”ことによって強い渦動を発生させ、その勢いを伴い斬撃を繰り出す。

水の呼吸 陸ノ型 ねじれ渦

”ねじれ”によって発生した渦は鋭く大きなヤイバとなり、周囲を巻き込んで全てを切り裂く。水中で真価を発揮する型ではあるが、地上においても使用可能。

漆ノ型 雫波紋突き

片手突き。水の呼吸の技の中で最速を誇る。突き技では鬼の頸を斬り落とすことではできないため主に迎撃用として用いられる。 

水の呼吸 漆ノ型 雫波紋突き

炭治郎は、これを弧を描くような軌跡で放つ派生技「雫波紋突き・曲」も使用している。

捌ノ型 滝壷

流れ落ちる滝のごとく、勢いよく諸手で上から下へと斬り落とす。

水の呼吸 捌ノ型 滝壺

諸手による全力での斬り落としという性質上、斬り終わりに隙が大きいと推測され、そのためか作中で使用される機会は少ない。

玖ノ型 水流飛沫

足場の悪い場所での戦いに適している型であり、流れる水の飛沫のように縦横無尽に駆け巡る。

水の呼吸 玖ノ型 水流飛沫

着地時間・着地面積を最小限にすることで縦横無尽に動く事を可能にする。

拾ノ型 生生流転

実質「水の呼吸」最大の威力を誇る型だが、技の性質上、十分な威力を引き出すには相応の連撃を重ねる必要がある。

龍がうねるように回転しながら斬撃を繰り出すことで、その回転によって威力を高めていき、一撃目より二撃目、二撃目より三撃目と回転を増すごとに斬撃も強力になっていく。

水の呼吸 拾ノ型 生生流転

回転を重ねることによって威力を高めるという技の特性ゆえに、技の発動中は「水の呼吸」の最大の強みである変幻自在の歩法は使用できない。

拾壱の型 凪

義勇の編み出した義勇だけの型。義勇の間合いに入った如何なる攻撃をも”無”にする。

技の発動の詳細は不明だが、おそらく目にも留まらぬ速さで斬撃を繰り出し、攻撃をいなしていると思われる。

水の呼吸 拾壱ノ型 凪

“凪”とは風のなくなった全くの無風状態をいう。

一見無敵とも思える技だが、凪ぐことのできる攻撃には限度がある。あまりに手数の多すぎる技に対しては、全てを”凪ぎ”きることは出来ない。

「水の呼吸」の 派生一覧

【日の呼吸】*派生元流派

【蛇の呼吸】

【花の呼吸】

【蟲の呼吸】


『鬼滅の刃』を読むならスマホからebookjapan!!週末なら15%off!!

ebookjapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。

さらにebookjapanではほぼ全作品について冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるので非常にお勧めです!!

『鬼滅の刃』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

是非この”試し読み”を使って、まずは読んでみて!!

『鬼滅の刃』最新刊の試し読みはこちら!

ebookjapanにはスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めます。忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。僕もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です(笑)

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

『鬼滅の刃』レビュー記事

大団円!!平和な世界で鬼殺隊、解散。次号の舞台は現代!!?

【第204話】「鬼のいない世界」レビュー感想

炭治郎を呼び戻す手と背を押す手。炭治郎は皆の想いに応えられるのか!!?

【第203話】「数多の呼び水」感想

禰豆子到着!!カナヲの最後の彼岸朱眼!!

【第202話】「帰ろう」レビュー感想

【炭治郎が鬼に!!?】無惨の残したもの…。鬼の王は受け継がれる!!

【第201話】「鬼の王」レビュー感想

【炭治郎死す!!】号泣必至!!失われゆく柱たちの命。大きすぎる代償。

【第200話】「勝利の代償」レビュー感想

日の出はすぐそこ!!死力を尽くした総力戦!!

【第198話】 「気付けば」レビュー感想

痛々しいほどの美しき執念と覚悟。「執念」レビュー感想

【第197話】「執念」レビュー感想

第196話 「私は」

禰豆子がついに人間に!!?珠世の4つの薬!!

第194話 「灼熱の傷」

伊黒小芭内と鏑丸!!無惨の肉体に浮かび上がる傷

第193話 「困難の扉が開き始める」

九千年の老い。珠世が忍ばせた最期の毒!|

【第19巻】『鬼滅の刃』感想

童磨戦決着!最強の鬼上弦の壱黒死牟が動く!!

第192話 「廻る縁」

全てが円環し型となる。ついに明かされる13番目の型!!

第191話「どちらが鬼か」

【柱全滅!!?】ついに炭治郎復活で最終決戦!!

第190話「心強い仲間」
第189話「心強い仲間」
第188話「悲痛な恋情」
第187話「無垢なる人」
第186話「古の記憶」
【第18巻】『鬼滅の刃』感想
第185話 「匂いのない世界」
第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider