*動画あり【蟲の呼吸】型一覧&概要『鬼滅の刃』-胸に秘めた怒りと毒と-

『鬼滅の刃』最新刊情報

“全集中の呼吸”「蟲の呼吸」とは

鬼殺隊の柱の中で唯一鬼の頸を斬ることのできない剣士・胡蝶しのぶが「花の呼吸」から独自に派生させた彼女だけの呼吸。

女性隊員の中でも特に華奢な体躯で、鬼の頸を切り落とすだけの膂力を持たないしのぶが鬼を殺すために編み出した呼吸であり、頸を切り落とすのではなく”藤の花の毒”をもって鬼を殺すため、鬼の体内に毒を注入しやすい突き技を主体としている。

身軽さを活用した「速さ」を武器とする型で、使い手であるしのぶは上弦の弐・童磨に”これまで戦った柱の中で最も速い”と言わしめ、その速さから繰り出される突きは「水の呼吸」雫波紋突きよりも速く、童磨の身体をやすやすと貫く威力を持つ。

また、しのぶは剣士であると同時に薬学にも通じており、独自に毒を調合できる。童磨いわく、刀を鞘にしまう際の音が特殊らしく、納刀時に毒の配合を調整していると考えられる。

「全集中 蟲の呼吸」胡蝶しのぶ
“全集中の呼吸” -蟲の呼吸-

そのため、しのぶの使用する日輪刀は一般的な形状とは非常に異なる。刀鍛冶の里の里長・鉄地河原鉄珍の製作した剣先と鍔元以外の刀身が極めて細い針のような特殊な刀を使う。

「蟲の呼吸」はしのぶが独自に派生させた呼吸であるためか、「型」ではなく「舞」の名称を使う。全呼吸の中で「型」の名称を使わないのは、しのぶの「蟲の呼吸」と伊之助の「獣の呼吸」のただ二つのみ。

ちなみに元となった「花の呼吸」自体が基本の呼吸の一つ「水の呼吸」の派生であるので、「蟲の呼吸」も「水の呼吸」の流れを汲んでいる。

そのためか初期に水柱である冨岡義勇と合同の任務を任されたこともある。

全集中の呼吸流派一覧はこちら。

「蟲の呼吸」の型 まとめ

蝶ノ舞 ”戯れ”

胡蝶しのぶが初登場時に披露した技で、下弦の伍・累の姉鬼を殺す際に使用された。

蝶のように優雅に舞い、すれ違いざまに頭部への突き、さらに首を含めた複数の部位を瞬時に斬りつける。

蟲の呼吸 蝶ノ舞 "戯れ" 『鬼滅の刃』
蟲の呼吸 蝶ノ舞 ”戯れ”

しのぶは蝶を模した羽織(カナエと揃い)を好んで身に纏っており、型の名称からも「蟲の呼吸」の最も基本的な技なのではないかと予想される。

蜻蛉ノ舞い ”複眼六角”

蜻蛉(せいれい)はトンボあるいはカゲロウを意味する。

正面からの突進と共に喉、頭を含む6箇所に突きの連撃を放ち、大量の毒を打ち込む。

蟲の呼吸 蜻蛉ノ舞い "複眼六角" 『鬼滅の刃』
蟲の呼吸 蜻蛉ノ舞い ”複眼六角”

藤の花の毒を体内で即座に分解してしまう童磨に対し、大量の毒を一気に打ち込むために用いられた。

あくまで一呼吸のうちの連撃であり、一連の動作の間に刀を鞘に納めることはないので、単純に打ち込む毒の絶対量は増えるが、毒の種類自体は一種類である。

蜂牙の舞い ”真靡き”

いわゆる”蜂のように刺す”という表現が適当な技で、「蝶の舞 “戯れ”」とは対極的に鋭く直線的な舞。

鋭い踏み込みで一瞬のうちに間合いを詰めて突きを放つ。蜂のように鋭く的確に目標を貫く一撃。

蟲の呼吸 蜂牙の舞い "真靡き" 『鬼滅の刃』
蟲の呼吸 蜂牙の舞い ”真靡き”

直立した状態から、ほぼ予備動作なしに繰り出せるため、技の起こりが見えにくく敵の意表を突くことも可能。

上弦の弐・童磨をして、防御のためにかざした手が間に合ないほどの鋭い突きで、その目を貫いた。

蜈蚣の舞い ”百足蛇腹”

蜈蚣(ごこう)はムカデの意味。

童磨戦において肺を凍らされた上に、鎖骨も肺も肋も切られた失血死寸前の状態で、文字通り命がけの最後の一撃としてくりだされた。

攻め筋を読ませない四方八方にうねる動きに加えて、橋を踏み割るほどの踏み込みから生み出される驚異的な速力にのせて、無類の威力を誇る突きを繰り出す大技。

蟲の呼吸 蜈蚣の舞い "百足蛇腹" 『鬼滅の刃』
蟲の呼吸 蜈蚣の舞い ”百足蛇腹”

上弦の弐・童磨をして攻撃が読めないと言わしめるほどで、防御の暇すら与えずその喉を刺し貫き、背後の天井をも穿った。

しかし、渾身の力を込めて放ったこの一撃でも童磨を殺すには至らず、しのぶは命を落とし童磨に取り込まれてしまう…のだが、実はそれは…(『鬼滅の刃』第17巻参照)

「蟲の呼吸」の 派生一覧

【花の呼吸】*派生元流派


【最新話レビュー感想もチェック!!】

>>最新話レビュー感想<<

>>単行本 最新刊レビュー<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<

『鬼滅の刃』レビュー記事


Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です