【鬼滅の刃】第177話「弟」レビュー感想

『チェンソーマン』第44話「バンバンバン」

【美人はヤバい女ばっかり!!】レゼの正体判明!!

『鬼滅の刃』第180話 「恢復」

無惨復活!!【日の呼吸】失われた13番目の型

『つぐもも』第124話 「ダバダ対決 2」

【『つぐもも』史上最エロの神回!桐葉さんがとろとろ触手陵辱される!!?】

『あらくさ忍法帖』其ノ九「大事な弟子を助けなきゃ!?」

【霰草に危機が!??メリケン忍者の魔の手が迫る!!】

『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『キノの旅 the Beautiful World』

第二十九話「何かをするために・a -life goes on・a-」1/3
新章はキノと先代キノに関わる!??キノと師匠。危険な世界で生き残りたければ…。

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第18廻「客船上のアリア」

圧倒的不利を覆す戒蔵の策!!”正直者がバカを見る”。

『武装少女マキャベリズム』第57(?)話

ノムラに訪れる天啓!!?激しさを増すそれぞれの戦場!!

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第十八幕「凍座 猛攻」

三強が一人!!元新撰組2番隊組長永倉新八でる!!

『ダリフラ』第50話

ヒロに聴こえる耳鳴り。人間になりたい叫竜の娘ゼロツー。

『落日のパトス』第58話「ホントにそんなチャラ男だったの?」

新アシスタント登場!!真先生と波乱の予感!?

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

ここまでやっちゃっていいの!!?一般向けとは思えないほどの過激なファンタジー系漫画おすすめ作品を紹介してみる!!
『この音とまれ』#82「ブルーモーメント」

ちゃんと向き合う前に僕たちのこと切り捨てないでほしい

『恋する寄生虫』第11話

暗転していく状況。寄生虫の存在と宿主の死の関係は…??

『あらくさ忍法帖』第1巻

-美人くノ一が”てっぽう”伝来と”キリステ教”から”江呂”の街を守る!!?ちょっと過激すぎる”くノ一コメディ”開幕!!-

『MIX』第15巻感想。

上杉達也と浅倉南がついに登場か!!?明青学園紅白戦決着!!ついに2年目の夏が到来する!!

過激すぎる一般誌の漫画オススメ5選!!

一線は超えないけれど、過激すぎる!!

『やんちゃギャルの安城さん』第4巻感想。

安城さんが殊勝になる??健気すぎる安城さんは瀬戸くんのことをもっと知りたい。。

『ライセカミカ』028 感想

天上界連合議長登場!!ライセに新たな密命か??新展開突入の予感!!そして…指環に愛が…拒まれた!??

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

『鬼滅の刃』著:吾峠呼世晴

『鬼滅の刃』第17巻を読む!

『鬼滅の刃』最新第17巻を読む!

『鬼滅の刃』レビューリンク

第177話「弟」感想

『鬼滅の刃』第177話「弟」感想です。

予想外でしたね。個人的にはいい意味で予想外でした。

これまでは敵も味方も死ぬ前に各人のエピソードが掘り下げられて、死んでしまったら、あとはあっさり…という感じだったのでね。

黒死牟が前話「侍」の最後でついに消滅してしまったし、それなり過去エピソードも描かれていたので、彼の話もあっさりと終わってしまうのかと思っていましたが…。

なんと驚くことに、今回は一話まるまま黒死牟と縁壱の過去編でした。よかった、よかった。さすがにもったいないですもんね、あんな良いキャラ。

巌勝と縁壱

それにしても、まさかの事実でした。

巌勝と縁壱はそれぞれ”月の呼吸”と”日の呼吸”を継いでいますし、巌勝の縁壱への嫉妬から、少なくとも縁壱は嫡子である巌勝と同等あるいは以上の扱いを受けて育っていたものだと思っていました。

まあ、双子が忌避される風潮は至るところにあるので…。

それにしても、鬼殺隊の歴史や痣持ちの剣士が複数存在したことなどなどから、勝手に”日の呼吸”も継承されたものかと思っていましたが、今回の話からすると”日の呼吸”は縁壱が創始した呼吸の可能性が出てきましたね。詳しくは後ほど書きますね。

巌勝と縁壱

巌勝の縁壱、二人の才能にそこまでの差があったとは…。もちろん縁壱が圧倒的に才に恵まれていたことはわかっていましたが、巌勝も巌勝で相当な才能の持ち主だと…最低でも巌勝も生まれながらに痣持ちだと思っていたのですが…。

ただ…そもそも、巌勝の述懐からすると痣持ちの剣士は縁壱が史上初であるかのようにもとれましたね…。少なくとも当時の縁壱は、今の世代の炭治郎のような存在で、痣持ちの剣士たちの出現に影響を与えたであろうことはたしかでしょう。

それにしても病の母親を支えたり、純粋に兄を慕ったり、人を撃つ感触が嫌で剣を厭うなど、当時の縁壱は炭治郎に勝るとも劣らない優しい気質の持ち主だったんですね。後々の厳しそうな縁壱からは想像できないですね(笑)

縁壱の圧倒的才覚

しかし…生まれながらに痣を持ち、さらに「透き通る世界」まで見ることができるほどの才…となると、縁壱の全盛期の剣技はまさに黒死牟のいう通り”神の御技”とも言えるほどのものだったんでしょうね。

やはり、縁壱を越える剣士は生まれ得ないんじゃ…(笑)

縁壱の才にもっとも近い才覚の持ち主は、刀を持ってわずか2ヶ月で柱となった霞柱・時透無一郎ですが…。その無一郎ですら柱になるのに2ヶ月、「透き通った世界」は黒死牟との戦いの終盤でようやく垣間見た程度のものです。

縁壱がどれだけ規格外の存在なのかがよくわかりますね。

そして、一概に比較することは難しいですが、過去の話を読むと元々の才能自体は黒死牟(巌勝)よりも無一郎の方が高そうですね。

そういえば、炭治郎の父親は生まれながらに痣もあり、鬼殺隊隊士のように戦いの中に身を置いてなかったにもかかわらず、「透き通る世界」に足を踏み入れていた人物でしたね。もしかして、今の時代で最も才長けた人物は炭治郎のお父さんだったのでは…。

縁壱の耳飾りと”日の呼吸”

上でも少し書きましたが…。

“日の呼吸”は縁壱が編み出した呼吸なのではないかという可能性が出てきました。

そもそも母の死を機に家を出た縁壱がなぜ再び剣を握ろうと思ったのかが気になります。その辺りはおいおい描かれるのかな?

とにかく、家を出た以上は縁壱が誰かから剣術を習う可能性は極めて低いように思うのです。となると、誰かから”日の呼吸”を継承されたという可能性もかなり低いような…。

そう考えると、第176話「侍」での黒死牟の”それぞれの呼吸の…”という発言も、それぞれが編み出した呼吸という意味合いに取れます。そもそも”日の呼吸”に対応するような名称の”月の呼吸”ですからね。

ただ、そうなると鬼殺隊のルーツである1000年以上前から400余年前まで”全集中の呼吸”が存在していなかったことにもなりますが…。

幼き頃の縁壱

そして、「日輪の耳飾り」ですね。

これがそもそも”日の呼吸”の継承の証かと思っていたのですが、木剣すら握ったことのない頃からコレを縁壱が耳につけているんですよね。つまりこの耳飾りは縁壱の私物であり、縁壱こそが”日の呼吸”の創始者である証拠ともいえルわけですが…。

そうなると、この耳飾りは一体どういった由来があるのでしょうか。幼少期の縁壱と関わりがある人間となると巌勝の縁壱の母親くらいでしょうが…。

そういえば側仕えの”いと”というのは誰でしょう。それらしき人物は今まで出てきていましたっけ??どうやら次号も引き続き過去編のようなので、そこで登場する人物なのかな。

ちなみに10月4日『鬼滅の刃』最新17巻発売です!!

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

『鬼滅の刃』を無料で読むなら…

『鬼滅の刃』最新刊を読む!
『鬼滅の刃』最新刊を読む!

ebookJapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!



イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

『鬼滅の刃』レビュー記事

第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider