LINEで送る
Pocket

【鬼滅の刃】第186話「古の記憶」感想

【本日電子書籍15%off!!】

\『鬼滅の刃』最新刊を読む!/

ebookjapanなら金土日の3日間は週末クーポンで15%off!!


>>『鬼滅の刃』 最新話レビュー<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<

*前後話レビューリンクは記事下にあります。

『鬼滅の刃』第186話 感想

『鬼滅の刃』第186話「古の記憶」の感想です。

〜簡単あらすじ〜

無惨の血により死に瀕する炭治郎。死の縁にで炭治郎は「匂いのない世界」に迷い込む。そこは炭治郎に宿る祖先から引き継いだ「記憶の遺伝」による炭吉の記憶の中で、そこで炭治郎は「始まりの呼吸」の剣士 継国縁壱と出会う…。

おお〜、ついに縁壱自身の事が明かされていきますねぇ。縁壱についての客観的な情報ではなく、縁壱の主観的な部分が!!

第186話「古の記憶」です。

単行本第18巻が2019年12月4日に発売されました!!

【本日電子書籍15%off!!】

\無料試し読みはこちらから!!/

『鬼滅の刃』 レビュー一覧はこちら。

黒曜石のような瞳の少女。

今回は縁壱について色々と新しい事が明かされましたね。細かい部分の補完も含めて、大分謎に包まれていた部分が分かってきました。

縁壱がともに生き、夫婦の契りを交わした少女“うた”。”糸の切れた凧のようだった”縁壱の手を繋ぎ止めていてくれた存在です。

彼女もまた心優しい素敵な人物でしたね。“おたまじゃくし”のくだりは非常に印象的でした。

『鬼滅の刃』第186話「古の記憶」より引用

おそらく彼女もこれ以降描かれることのない登場人物だと思いますが、『鬼滅の刃』のこういうほんの数回しか登場しない人物も丁寧かつ魅力的に描かれるの部分がすごい好きです。他でいえば、杏寿郎の母親とかも…非常に良い。

こういう主要人物以外も魅力的だからこそ、物語に厚みというか深みが出るのだろうか…。

有り余るほどの才を持ちながらも、人を痛めつける事を厭い剣術を嫌っていた縁壱が、何故鬼狩りになったのか。ずっと疑問だったのですが、うたが関係してたんですね。

巌勝はこの事を知らなかったのでしょうか?巌勝の目には縁壱は全てを持っている…かのように映っていたようですが、縁壱もまた本当に欲しかったものは手に入れることができなかった悲しみを背負った一人の人間だったのにね…。

そもそも縁壱が鬼狩りとなっていることで、その背負っているものを巌勝も察っすることもできたのではなかろうか。

美しき世界と鬼。

耳飾りの由来についてもあきらかになりましたね。物語の初期から重要な鍵とされてきた「日輪の耳飾り」でしたが、縁壱の母の祈りが込められたものだったんですね。

自身も病で半身が不自由だったにもかかわらず…、やはり子を想う母の愛ですね…。それに巌勝も、巌勝自身の回想ではあまり良い兄ではなかったように述懐していましたが、彼もやはり優しい兄であったようです。

そして、共にいるうたの存在。縁壱には本当に世界が美しく見えていたんですね。

『鬼滅の刃』第186話「古の記憶」より引用

しかし、その美しい世界を滅茶苦茶にする存在。それが「鬼」でした。

縁壱もまた無惨への怒りを抱いて戦っていたんですね。縁壱といえば、どこか超越した雰囲気で、彼の人物像と憎しみや怒りなどと言う感情とは結びつかなかったので、このことはかなり意外でした。

ちなみに、縁壱が無惨と遭遇した際に、無惨の傍に珠世がいますね。後述しますが、これはもしや十三番目の型を習得する糸口になり得るのでは…。

呼吸法と剣術流派の関係。

呼吸法と剣術流派の関係についても謎が解けました。

以前第174話の感想を書いた際に、縁壱が呼吸法の始祖なら、それまで鬼狩はどうやって戦っていたんだ?と漠然と疑問に思っていたのですが…。

まとめると、そもそも鬼殺隊には『炎』『風』『水』『雷』『岩』の剣術流派があり、それらに縁壱の『呼吸』を合わせることで、『炎の呼吸』『風の呼吸』『水の呼吸』『雷の呼吸』『岩の呼吸』が生み出された…ということのようです。

『鬼滅の刃』第186話「古の記憶」より引用

なので縁壱以前にも剣術流派自体は存在しており、鬼狩たちはそれを駆使して鬼と戦っていたわけですね。縁壱の『呼吸』をすでに成立していた剣術流派に組み込んだことでできたものが「基本の五流派」の呼吸法だということです。

ただ、この『呼吸』を誰一人縁壱のように習得することはできなかったわけですね。つまり、あくまで『呼吸』についてのみ派生(劣化?)であって、厳密には『日の呼吸』という剣術流派から別れた流派であるわけではないようです。

あくまで、剣術流派としては『日の呼吸』と「基本の五流派」は独立の流派であって、例えば『水の呼吸』と『花の呼吸』や『風の呼吸』と『霞の呼吸』のようないわゆる派生とは異なる感じのようですね。

ちなみに『炎の呼吸』が最も『日の呼吸』に縁が深い…ような話がありましたが、縁壱が初めて出会った…というか縁壱たちに危害を加えた鬼を追ってきた鬼狩が杏寿郎の祖先、当時の炎柱だったようです。

十三番目の型を習得できるのか?

以前の感想で、炭治郎が「記憶の遺伝」から『日の呼吸』の失われた十三番目の型を習得できるのではなかろうか…と考察(←そんな大層なことは書いてない)したことがありましたが…。

実際、現在炭治郎は「記憶の遺伝」の中で、縁壱と遭遇しましたね。はたして十三番目の型を習得できるのでしょうか?

炭治郎自身も縁壱から最後の型について聞くことが期待している描写がありますが、同時にあくまで”記憶”の中なのですでに起きたことを“ただ見るしかできない”という制約も示唆されています。

現状、どちらに転ぶかはわかりませんが…まあ、期待は膨らみますよね(笑)

ただ、今回の話を読んだ感じでは、個人的には別の方法で習得しそうな気がするのではとも思ってしまいました。いつも通りの妄想よりの予想です(笑)

理由としては、3点あって

  • 縁壱が今の流れで炭吉に型の詳細について話をするとは考えにくい。
  • 愈史郎の生存が確認され、炭治郎より救出が優先された。
  • 縁壱が無惨と遭遇した場面に珠世が同席している。

一つ目は、もうなんとなくの感覚なのですが…。人に思い出話をするような時、細かい話はあまり詳しくしませんよね。技の概要くらいは触れるかもしれませんが、具体的にどういう姿勢からどういう風に、どうやって…なんてことは話さないでしょう。だって本筋から逸れるし。

そうであれば少なくともこの時点では炭吉は『日の呼吸』の詳細は知らないはずなので、この記憶から炭治郎が十三番目の型のヒントを得ることは難しいでしょう。あくまで炭治郎の見ている「遺伝の記憶」は炭吉視点なので…。

その上で、二つ目と三つ目です。

『鬼滅の刃』第186話「古の記憶」より引用

これまで鬼たちが無惨の「細胞の記憶」を見ることは時折描かれてきました。つまり、珠世の「細胞の記憶」を愈史郎が持っていても不思議がないとも言えるということです。

珠世は無惨と縁壱との戦いに居合わせており、十三番目の型を見ている可能性が高いわけです(あるいは珠世自身がその身で受けている可能性も…)。

しかも、村田さん達の計画では、救出した愈史郎に炭治郎を助けてもらうとのこと…。

現状の炭治郎を助けるには、細胞レベルでどうにかしなくてはならないわけですから、鳴女の脳に侵入したように炭治郎の体内にも愈史郎の体の一部を入れる必要があるはずです。

その際に、お互いの記憶同士が刺激されあって、『日の呼吸』十三番目の型の記憶が抽出されるのでは…なんて。まあ妄想ですけど(笑)

素直に「記憶の遺伝」からヒントがつかめればそれはそれで良いのです(笑笑)

それはそうと、この流れだと珠世は縁壱によって無惨が瀕死に追いやられたからこそ、血の束縛が弱くなって無惨の支配下から解き放たれたのかな??

それと、結局『日の呼吸』は誰が継いだのだろう?住吉の子供は女の子のようですし…。うん、まあ、いいか。

というわけで、『鬼滅の刃』第186話「古の記憶」の感想でした。

*最新単行本第18巻が12月4日発売されました!!

『鬼滅の刃』を読むならスマホからebookjapan!!週末なら15%off!!

ebookjapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。

さらにebookjapanではほぼ全作品について冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるので非常にお勧めです!!

『鬼滅の刃』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

是非この”試し読み”を使って、まずは読んでみて!!

『鬼滅の刃』最新刊の試し読みはこちら!

ebookjapanにはスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めます。忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。僕もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です(笑)

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

>>『鬼滅の刃』 最新話レビュー<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<

『鬼滅の刃』レビュー記事

第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider