LINEで送る
Pocket

【鬼滅の刃】第187話「無垢なる人」感想

\『鬼滅の刃』最新刊を読む!/

ebookjapanなら無料で試し読みできます!!


>>『鬼滅の刃』 最新話レビュー<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<

*前後話レビューリンクは記事下にあります。

『鬼滅の刃』第187話 感想

『鬼滅の刃』第187話「無垢なる人」の感想です。

〜簡単あらすじ〜

縁壱は思うところあって炭吉の元に訪れ、それまでの人生と鬼狩りとして歩んできた道筋を訥々と語り始める。縁壱の昔語りはついに無惨と対峙した際の話にいたり…

正直今回は感動しました!!これまでなんというか完全無欠で超越的な存在の印象が強かった縁壱の人間らしい面が…。

そんなこんなな第187話「無垢なる人」です。

単行本第18巻が2019年12月4日に発売されました!!

\無料試し読みはこちらから!!/

『鬼滅の刃』 レビュー一覧はこちら。

無惨との対峙。

ついに無惨を追い詰めた際のことが語られましたね。

生来「透き通る世界」を見る縁壱の目には無惨の肉体も見通すことができます。まさか無惨の肉体にあんな秘密があったとは…!!

なんと無惨は七つの心臓と五つの脳を持っているのだとっ!!しかも、無惨の体の構造を見通した瞬間に縁壱の「日の呼吸」の型も完成したのだそうです!!

それにしても無惨を斬り裂いた縁壱の十三個目の型(?)かっこよすぎますね!!

炭治郎はあの型をどうやって習得するのだろうか。無惨の体構造を把握した上で、縁壱と同様に自分で導き出すのかな?個人的には前話の感想で書いたみたいに愈史郎の力も必要になる展開も悪くないと思うんですけど…。

『鬼滅の刃』第187話「無垢なる人」より引用

ちなみに珠世の話からすると無惨も元々は頚が弱点だったみたいですね。この体の構造に進化(?)することで頚の弱点を克服するに至ったのかなぁ。

たしか黒死牟の体は普通の人と同じだったはず…。

それに脳も心臓も複数あるとなると、童磨のいった「別の生き物(←猗窩座に対する発言)」という表現もあながち間違いではないような…。

とはいえ、実際には縁壱が無惨を追い詰めているわけですし、この計12の急所を全て斬れば無惨をも殺すことができそうですね。

それにしても、無惨が頚の弱点を克服して今の外見だとすると、なんで黒死牟はあんな化け物のような姿になってしまったのだろうか。

そもそも無惨が鬼にしたものたちに外見的変化が生じるのは何故なんだろう?無惨と違って完全には適応していないということなのだろうか?

逆に珠世とか一見すると人と変わらない外見の鬼は無惨の支配から離れていますよね。禰津子もそうだし、愈史郎も…。彼らは鬼の血に完全に適応する事で無惨と同等の存在になっているという事なのか??

無惨の支配を逃れた珠世。

珠世ですが、こちらは予想どおり縁壱が無惨を追い詰めたことで無惨の支配から解き放たれたんですね。ただ、一時的だと書かれていますが…その後また支配下に入ってしまったのだろうか??

それにしてもまだ娘然とした珠世さんもお美しい。

口にするだけで死ぬことになる無惨の名を自ら発していることから、もしかするとこの場で死のうと思っていたのかも…。あまりの憎しみに衝動的に口から出てしまった可能性もありますが…。

『鬼滅の刃』第187話「無垢なる人」より引用

とにかく、一時的にであれ支配が解けた事で無惨に関する情報を話せるようになった珠世から縁壱は色々と聞き出す事ができたわけですね。

縁壱が珠世に協力を頼んだことも気になります。具体的には何を頼んだのでしょう。鬼を人に戻す薬を作るということが縁壱との約束だったのかな??

自責の念にかられる縁壱を慰めたのは…

結果として、縁壱は無惨を取り逃がしてしまうわけですが…。

その際に無惨は1800の肉片に破裂して逃げます。うち1500と少しを縁壱はその場で切り捨てますが、残りの破片は小さすぎて逃してしまいます。

その際の逃した破片は合わせれば人間の頭ほどの大きさになるらしい。

わざわざそんな風に表現しているということは、この事はのちの伏線になって来るのでしょうかね。例えば縁壱の赫刀に切られた無惨の体は再生する事はなく、現在の無惨の体は縁壱が切り損ねた300弱の肉片でできたハリボテだ…とか。

それにしても、自らを無惨を倒すために「特別強く造られた」存在なのだろうと話し、全てを背負って自らが無惨を殺せなかった事でさらなる不幸を生んでしまうことが心苦しいと語る縁壱の姿は…もう。心が痛い。

『鬼滅の刃』第187話「無垢なる人」より引用

しかも無惨と対峙したのは巌勝が鬼になった直後のことで、無惨を取り逃がしてしまった直後に仲間からその事実をも知らされるわけです。

その上、諸々に関して仲間の柱たちには責任を追及され鬼狩りを追放される…と。中には自刃しろとまでいう人もいたそうな…。

…「炎柱」以外の人、ちょっと酷くないか…。たしかに兄が鬼になった事や、珠世を逃してしまった事は咎められて仕方ないだろうけれど…。無惨を追い詰められる人間は他にはいないだろうし、「呼吸」だってみんな縁壱に教えてもらったくせに…。まあ仕方ないか。

結局は当時のお館様が仲裁して自刃は間逃れるわけですが、その事で6歳のお館様に心労をかけたことまで申し訳なく思っているとか、どこまでいい人なんだろうか…。

そんな何でもかんでもを背負ってしまう悲しくも強く優しい人を癒したのは子供の無垢な笑顔だったのです。正直、縁壱の涙は衝撃的でした(黒死牟との戦いの時も涙は流していたけど…)。

これまで、縁壱はどこか超越した存在で喜怒哀楽も超えたところにいるような人物のように感じていたのでね。

張り詰めた糸が切れたように涙を流す縁壱の姿にはかなり心を揺さぶられましたよ。そりゃ才が大きいほどに背負う重圧も大きいよね。

すやこののんびりした不思議な包容力のある感じも良かったね。”お腹いっぱいご飯食べさせてあげますから”のセリフでまたうるっときた。

というわけで、『鬼滅の刃』第187話「無垢なる人」の感想でした。

*最新単行本第18巻が12月4日発売されました!!

『鬼滅の刃』を読むならスマホからebookjapan!!週末なら15%off!!

ebookjapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。

さらにebookjapanではほぼ全作品について冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるので非常にお勧めです!!

『鬼滅の刃』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

是非この”試し読み”を使って、まずは読んでみて!!

『鬼滅の刃』最新刊の試し読みはこちら!

ebookjapanにはスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めます。忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。僕もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です(笑)

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

>>『鬼滅の刃』 最新話レビュー<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<

『鬼滅の刃』レビュー記事

第190話「心強い仲間」
第189話「心強い仲間」
第188話「悲痛な恋情」
第187話「無垢なる人」
第186話「古の記憶」
【第18巻】『鬼滅の刃』感想
第185話 「匂いのない世界」
第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider