LINEで送る
Pocket

【鬼滅の刃】第190話「ぞくぞくと」感想

\『鬼滅の刃』最新刊を読む!/

ebookjapanなら無料で試し読みできます!!


>>最新単行本レビュー感想<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<


↓↓最新話レビュー↓↓

Slider

*前後話レビューリンクは記事下にあります。

『鬼滅の刃』第190 感想

『鬼滅の刃』第190話「心強い仲間」の感想です。

〜簡単あらすじ〜

無惨の圧倒的な力に劣勢を強いられる柱たち。とうに限界を超えた満身創痍の身ながらも、己を鼓舞して必死に戦い続けるが…。激闘連戦の疲労に加え、無惨の血による細胞破壊によって、無情にももはやもって5分程度という絶望的な状況に追い込まれてしまう。しかし、その時、珠世の遺した血清が届き、一時的ではあるものの柱たちの症状は緩和される。そして…蛇柱 伊黒小芭内は万力の握力で日輪刀を赫く染め上げ、決死の覚悟で無惨へと向かっていく。

とりあえず、今回はまず一言。伊黒さんが死ななくてよかった。

そして、やっぱり炭治郎の同期はいいですね。最近シリアスな展開続きだったので、だいぶ和みました。

ではでは、『鬼滅の刃』第190話「ぞくぞくと」の感想です。

\無料試し読みはこちらから!!/

『鬼滅の刃』 レビュー一覧はこちら。

伊黒さん、一旦死亡フラグ回避でちょっと安心。

伊黒さん、やりましたね、遂に自力でかつ、意識的に日輪刀を赫く染め上げることに成功しました。

ただ、刀を「赫く」することに注力しすぎるあまり、「赫刀」を手に入れたものの、伊黒さん酸欠状態で攻撃ができないという少々おマヌケな状況に…。

一瞬の隙ですら命取りな最終決戦ですから、無惨の間合いの中で動けなくなっている伊黒さんが無事であるわけがありません。当然、無惨の凶刃が伊黒さんを襲います。

というわけで、伊黒さん絶体絶命。伊黒小芭内、まさかこんなお粗末な最期なのか…と思ったわけですが、”奴ら”が現れて伊黒さんの窮地を救ってくれました!

『鬼滅の刃』第190話「心強い仲間」より引用

いやいや、本当よかったです。前回、前々回と伊黒さんがいろいろと死亡フラグを立てまくっていた(無一郎も被せてきたし)ので、かなり心配していたのですが、とりあえず今週は死亡回避ですね。

伊黒さん、何とか最終決戦生き残って欲しい。甘露寺さんが待ってるぞ。

ちなみに名前が明かされていなかった「蛇の呼吸」の参の型が描かれました。

…が、こないだのとなんか全然違くない??本当に同じ型なのでしょうか??

とりあえず、”蛇の型”のまとめ記事を更新しておかないと…。

死中に活路!!?炭治郎の同期集結で巻き返し!!?

そしてそして、遂に奴らがやってきましたよ!!

すでに書きましたけど、やっぱり炭治郎同期はいいですね。

…玄弥は、もういないけど…(泣)。

とりあえず、伊之助はいるだけで場面が明るくなりますし、善逸はなんか和む(笑)カナヲがちゃんと同期な感じに馴染んでいるのもまた良い感じです。

というか、伊之助はなんでまだこんなに元気なんだよ(笑)

『鬼滅の刃』第190話「心強い仲間」より引用

そして、さすがそれぞれ上弦を撃破してきただけあって、みんな相当に練度が上がっていて、愈史郎の目隠しの術を利用しているとはいえ無惨相手にも結構戦えていますね。

とにかく、最近は本当にシリアス展開続きだったので、炭治郎同期の登場でだいぶ空気感がポジティブになりました。

それに彼らの参戦で柱たちの士気も上がって、かつ戦闘にも余裕も出たので、かなり良い流れになってきています。

炭治郎も早く復活してくれよ〜。というか、カナヲが瀕死の炭治郎に気づいて動揺しないといいけど…。

義勇×実弥!ぞくぞくと「赫刀」発現!!色々アツい展開!!

伊之助たちの登場で、少しではありますが柱たちにも余裕ができます。伊黒さんに続き、悲鳴嶼さんも自身の日輪刀の斧と鉄球をぶつけ合わせ「赫刀」を発現させます。

って、悲鳴嶼さん自力で「赫刀」発現できるんかい!!

さらに、アッツい展開で、実弥が義勇に打ち込みを受けとめさせて、二人の日輪刀がともに赫く染まります!!

『鬼滅の刃』第190話「心強い仲間」より引用

めちゃめちゃ高揚感と躍動感のあるBGMが聞こえてきそうなくらいの勢いある展開です!!最高だね!!ワクワク感がものすごい!!

展開もですけど、ぶつかり合って刀身が熱くなることで「赫く」変わるわけなので、いろんな意味でアツいですね(笑)

そもそも何故、赫い日輪刀が鬼に有効なのかはわかりませんが、とにかく「赫刀」は無惨にも有効のようです。残念ながら「赫刀」+「日の呼吸」ではないので、無惨の回復を少し遅らせる程度のものですが…。

しかし、それでも「赫刀」の剣士が4人、そして柱に匹敵するくらいの力を持つ炭治郎の同期3人もいます。ようやく、この絶望的な状況に活路が見えてきましたね。

でも、やっぱり鍵になるのは炭治郎の「日の呼吸」のようです。炭治郎には一刻も早く復活してもらわないと…。

それにしても前回も思いましたけど、「赫刀」の発現条件ってかなりシンプルですよね。ぶっちゃけぶつかり合って熱くなるんだったら、鬼との激しい剣戟の際にも変化しそうなものですが…。やはり、他にも条件がありそうな気も…。

というわけで、『鬼滅の刃』第190話「ぞくぞくと」の感想でした。

『鬼滅の刃』を読むならスマホからebookjapan!!週末なら15%off!!

ebookjapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。

さらにebookjapanではほぼ全作品について冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるので非常にお勧めです!!

『鬼滅の刃』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

是非この”試し読み”を使って、まずは読んでみて!!

『鬼滅の刃』最新刊の試し読みはこちら!

ebookjapanにはスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めます。忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。僕もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です(笑)

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

>>『鬼滅の刃』 最新話レビュー<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<

『鬼滅の刃』レビュー記事

第190話「心強い仲間」
第189話「心強い仲間」
第188話「悲痛な恋情」
第187話「無垢なる人」
第186話「古の記憶」
【第18巻】『鬼滅の刃』感想
第185話 「匂いのない世界」
第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider