LINEで送る
Pocket

【鬼滅の刃】第191話「どちらが鬼か」感想

\『鬼滅の刃』最新刊を読む!/

ebookjapanなら無料で試し読みできます!!


>>最新単行本レビュー感想<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<


↓↓最新話レビュー↓↓

大団円!!平和な世界で鬼殺隊、解散。次号の舞台は現代!!?

【第204話】「鬼のいない世界」レビュー感想

Shadow
Slider

*前後話レビューリンクは記事下にあります。

『鬼滅の刃』第191話感想

『鬼滅の刃』第191話「どちらが鬼か」の感想です。

〜簡単あらすじ〜

炭治郎の同期、伊之助、善逸、カナヲの参戦と、愈史郎の”目隠し”の札によって無惨を撹乱し、劣勢を覆しつつある鬼殺隊。さらに、岩柱 悲鳴嶼行冥をはじめ柱たちは次々と刀を赫く染めていく。ようやく勝機が見え始めたように思われたが…

いやいやいや、まさかの展開ですよ。さすが阿峠先生、容赦ない。

そして、満を辞しての炭治郎ですね!復活の仕方がかっこよすぎる!!まさかいきなりヒノカミ神楽を繰り出して戦線復帰とは…。

ではでは、『鬼滅の刃』第191話「どちらが鬼か」の感想です。

\無料試し読みはこちらから!!/

created by Rinker
集英社
¥144 (2020/07/06 04:07:59時点 Amazon調べ-詳細)

『鬼滅の刃』 レビュー一覧はこちら。

透き通る世界へ…。形勢逆転か!!?

炭治郎の同期組の参戦によって、柱たちには少なからず余裕ができます。

中でも黒死牟との戦いで1度「透き通る世界」を経験している悲鳴嶼行冥は、その余裕を活用して再び「透き通る世界」に入ろうとします。

さすがに1度自力で入っているからか、2度目は結構あっさり入れるものですね(笑)

「透き通る世界」に入ることにより、行冥はついに無惨の体の秘密を見抜きます。

さらに、伊黒さんも…

『鬼滅の刃』第191話「どちらが鬼か」より引用

一瞬ではありますが、「透き通る世界」に足を踏み入れることに成功します!!

さらに、不死川も愈史郎の”目隠し”の札を活用するなどして戦いを優勢に運び、一気に勝ちへと突き進む空気感が戦場に漂います。

無惨に当たる攻撃は確実に増え、赫刀の効果で再生も遅くなり、無惨に目に見え傷が増え、少なくとも、見ている者が勝利を確かなものと期待するほどに無惨を追い詰めていきます。

同期組の少しコメディちっくな空気感が、一層安心感を演出しますね。

しかし、そこはさすが阿峠先生。いや〜、騙されたわ。この高揚感感じる演出が全て伏線だったとは…。

一転して、絶望のどん底に突き落とされます。

一転して、絶望へ…。

無惨様、まだこれっぽっちも本気を出しておられなかったんですね。

これはイケる!とばかりに意気揚々と挑みかかってくる鬼殺隊の面々を、まるで己の周りを飛び回る蚊か羽虫のように思っていたのでしょう。

伊黒さんが「透き通る世界」に入りかけて、これは完全に勝てる流れを引き寄せた…と思わせた瞬間、あたかも邪魔だと虫を散らすかのように一振り…。

その直後、戦場に立っているものは誰もいませんでした。唯一、致命傷を避け意識があるのは「眼」が良いカナヲだけ…。

『鬼滅の刃』第191話「どちらが鬼か」より引用

…。

なにこの絶望感

あれだけ必死でやってたのに、無惨からしたら羽虫を払う程度のことだったの…??

そして、また容赦ないんですよね。義勇さん腕切れてる…。悲鳴嶼さんも足が…。

いや〜、さすがですね。あそこまで熱い展開で読者を高揚させてからの大どんでん返し

絶対、読者の大半は前話の義勇と不死川が刀をぶつけ合って赫刀を手に入れる場面あたりのアツすぎる展開で、これはもうイケると思わされてたのに(笑)

そういえば、前話では気づかなかったけど、カナヲの髪飾り…。泣けるわぁ。

炭治郎復活!失われたはずの13番目の型!!?

とはいえ、まあこれはいわば最終決戦への準備が整ったともいえますね。柱たちにはご退席いただいて、やはり最後は因縁の「日の呼吸」と「鬼」との一騎打ち。

竈門炭治郎と鬼舞辻無惨の1対1の最終決戦です。

そうなんです。ついに炭治郎が復活したんです。しかも、復活一撃目がまさかの失われたはずの「ヒノカミ神楽」の13番目の型

…かと思ったら、そもそも炭治郎が受け継いだ12の型も全部は明かされてなかったんですよね。

このタイミングだから、13番目の型かと思ったよ。冷静に考えたら、縁壱の技とだいぶちがうものね。ただこの型も痺れるほどカッコいいんだけど!!

というわけで、改めまして「ヒノカミ神楽」12番目の型!

その名も“輝輝恩光”!!

『鬼滅の刃』第191話「どちらが鬼か」より引用

いや、この復活の仕方かっこよすぎるでしょ。しかもカナヲを助けての登場という、まさしく少年漫画の主人公の王道復活シーン!!

ただね、炭治郎が痛々しくて…。

…それにしても、ここからの展開、やはり鍵は炭治郎が失われた13番目の型を習得できるかどうかでしょう。

復活前に炭治郎がものすごい音がなるくらい刀を握りしめるという描写がありましたが、あれが型習得と関係あるのかな?刀の記憶…とか??

とりあえず、少なくともあれだけの握力で握ったということは、炭治郎の刀もほぼ間違いなく「赫刀」になっているのではないでしょうか!

それから、この描写の感じだと、炭治郎の刀はやはり縁壱が使っていた刀…ということのようですね。

とにかく、ついに炭治郎と無惨の最終決戦が始まります!!アッツいなぁ!!

というわけで、『鬼滅の刃』第191話「どちらが鬼か」の感想でした。

…。禰津子はなにするんだろうか?

『鬼滅の刃』を読むならスマホからebookjapan!!週末なら15%off!!

ebookjapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。

さらにebookjapanではほぼ全作品について冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるので非常にお勧めです!!

『鬼滅の刃』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

是非この”試し読み”を使って、まずは読んでみて!!

『鬼滅の刃』最新刊の試し読みはこちら!

ebookjapanにはスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めます。忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。僕もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です(笑)

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

>>『鬼滅の刃』 最新話レビュー<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<

『鬼滅の刃』レビュー記事

大団円!!平和な世界で鬼殺隊、解散。次号の舞台は現代!!?

【第204話】「鬼のいない世界」レビュー感想

炭治郎を呼び戻す手と背を押す手。炭治郎は皆の想いに応えられるのか!!?

【第203話】「数多の呼び水」感想

禰豆子到着!!カナヲの最後の彼岸朱眼!!

【第202話】「帰ろう」レビュー感想

【炭治郎が鬼に!!?】無惨の残したもの…。鬼の王は受け継がれる!!

【第201話】「鬼の王」レビュー感想

【炭治郎死す!!】号泣必至!!失われゆく柱たちの命。大きすぎる代償。

【第200話】「勝利の代償」レビュー感想

日の出はすぐそこ!!死力を尽くした総力戦!!

【第198話】 「気付けば」レビュー感想

痛々しいほどの美しき執念と覚悟。「執念」レビュー感想

【第197話】「執念」レビュー感想

第196話 「私は」

禰豆子がついに人間に!!?珠世の4つの薬!!

第194話 「灼熱の傷」

伊黒小芭内と鏑丸!!無惨の肉体に浮かび上がる傷

第193話 「困難の扉が開き始める」

九千年の老い。珠世が忍ばせた最期の毒!|

【第19巻】『鬼滅の刃』感想

童磨戦決着!最強の鬼上弦の壱黒死牟が動く!!

第192話 「廻る縁」

全てが円環し型となる。ついに明かされる13番目の型!!

第191話「どちらが鬼か」

【柱全滅!!?】ついに炭治郎復活で最終決戦!!

第190話「心強い仲間」
第189話「心強い仲間」
第188話「悲痛な恋情」
第187話「無垢なる人」
第186話「古の記憶」
【第18巻】『鬼滅の刃』感想
第185話 「匂いのない世界」
第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider