LINEで送る
Pocket

【鬼滅の刃】第192話「廻る縁」感想

『鬼滅の刃』第19巻を読む!!

【本日電子書籍15%off!!】

\『鬼滅の刃』最新刊を読む!/

ebookjapanなら金土日の3日間は週末クーポンで15%off!!


『鬼滅の刃』第192話感想

『鬼滅の刃』第192話「廻る縁」の感想です。

〜簡単あらすじ〜

炭治郎の同期の参戦でようやく勝機が見えたかに見えた鬼殺隊だったが、無惨はまだ力を隠していた。その場にいるもの全ての希望を断ち切るかのような無惨の一撃で、柱たちは全滅。絶体絶命の危機に炭治郎がついに目を覚ます!!

いや、今回はもう…これはすごい!!鳥肌立った!!まさか13番目の型はそういうことだったとは…。

そして、縁壱の笑顔が…泣ける。炭吉もさすが炭治郎の祖先ですね。心が綺麗だなぁ。「日の呼吸」が「ヒノカミ神楽」として竈門家に継承されたていったのは炭吉と言うの人間の心の良さあってのことだったんだですね。

ではでは、『鬼滅の刃』第192話「廻る縁」の感想です。

*2020/02/04に単行本19巻発売です!!

【本日電子書籍15%off!!】

\無料試し読みはこちらから!!/

created by Rinker
集英社
¥565 (2020/04/10 17:48:24時点 Amazon調べ-詳細)


『鬼滅の刃』 レビュー一覧はこちら。

【最新話レビュー感想もチェック!!】


↓↓最新話レビュー↓↓

『鬼滅の刃』第201話「鬼の王」レビュー感想

【炭治郎が鬼に!!?】無惨の残したもの…。鬼の王は受け継がれる!!
Shadow
Slider

*レビューリンクは記事終わりにもあります。

*前後話レビューリンクは記事最下部にあります。

縁壱と炭吉。

とりあえず13番目の型が判明して鳥肌が立っておりますが…

それにしても、縁壱が本当にいい人すぎてつらい。本当にひたすらにいい人すぎるんです。何故こんなにいい人にここまでの受難を…。

無惨を倒すという己の使命を果たすことができなかった虚無感に加え、兄が鬼になり、鬼狩りには追放され…と、そんな重責をたった一人で背負わなくてはならないなんて…。

それでも、誰に文句を言うわけでもなく、ただただ静かに…。いやもう泣けてくるでしょ。これほどの人間が自分を無価値で何も成せなかった存在だと思わずにはいられないとは。

炭吉との出会いは彼にとっても救いだったのでしょうか。炭吉はさすが炭治郎の祖先なだけあって、本当にいい人ですね。あの“約束”が交わされた場面も描かれました。

やはり炭吉が”約束”の主だったんですね。縁壱が別れ際に炭吉に耳飾りを渡して去っていったのもなんか切なかったですね。

『鬼滅の刃』第192話「廻る縁」より引用

縁壱はもう二度と炭吉に会いにくることはないのでしょうね。これから黒死牟との最後の戦いまで一人で生きていくのかなぁ。

鬼さえいなければ、うたと子供と3人で当たり前の幸せを当たり前に享受できる静かな暮らしをしていただろうに…と、縁壱の素朴で優しい人柄が描かれるたびに思ってしまいますね。

炭吉が”約束”をした後に見せた縁壱の笑顔には、少しだけ救われた気がしました。

受け継がれるもの。

そして「日の呼吸」が如何にして竈門家に継承されるようになったかも描かれました。いや、継承…と言うのだろうか。

予想外すぎて、正直読んだ時の衝撃がすごかったです。まさか、ただ一度型を見せただけだなんて…。そりゃ無惨も黒死牟も知らなくても仕方ないですよ。

というか、もちろん縁壱はすごいんだけれど…炭吉がすごすぎですよね。

『鬼滅の刃』第192話「廻る縁」より引用

鬼狩りの柱ですら習得することができなかった「日の呼吸」を、剣を持ったこともないだろうに、ただ一度目にしただけで継承しちゃったなんて…。

と言うか、そもそも竈門家は歴代みなが「日の呼吸」を習得しているとんでもない家系なわけですけどね(笑)

縁壱が選ばれしものなら、炭吉もまた選ばれしものだと言えるのかもしれません。

いや、炭吉は選ばれしものではなく、自分で自分を選んだものですかね。縁壱に救われた命で、後につなげると言う役割を

そのために、なんとか縁壱の型を目に焼き付けようとしたんでしょう。いわば「日の呼吸」は人と人の絆が繋いだ呼吸なんですねぇ。そりゃ簡単にはなくならんぜ!!

円環を成す「日の呼吸」。13番目の型。

そして、ついに13番目の型について明らかになりましたね。

いや、正直13番目の型なんてないんじゃないの〜とか、冗談気味に思ってたんですけど、まさか本当に存在しないとは…!!

厳密には存在しない、わけではないんですがね。そうか〜、それで縁壱は「剣技の型が完成」したと言う表現をしていたんですね、納得納得。

円舞と炎舞の技名、炭十郎の夜通しの奉納舞。まさかその全てが繋がって13番目の型に集約されていくとは…。

円舞から炎舞まで12の型全てを繰り返すことで円環を成し、それが13番目の型になる。いやぁ、震えたわ〜。正直、鳥肌が立ちました。

『鬼滅の刃』第192話「廻る縁」より引用

しかも、技を繋いで円環を成す、とはまさに「日輪」を表しているようですよね。これが「日の呼吸」か…。かっこよすぎです。

それにしても伏線が散りばめられまくっていたんですねぇ。読んですぐに誰かに話したくなるような気持ちになりましたよ。

これまで他の呼吸と違い、型の順番(壱ノ型とか…)が言及されなかった「日の呼吸」にも順番があったんですね。あれも伏線だったのか…。「日の呼吸」のまとめ記事を更新しておかなくては…。

炭治郎、心を燃やせ!!

そして、いよいよ炭治郎と無惨の一騎打ちが始まりました。

記憶の遺伝で「正解の形」をみたおかげなのか、炭治郎の実力位は格段に上がっているように思えます。柱たちが手も足も出なかった本気(?)の無惨を相手にたった一人で互角に渡り合っています!!

炭治郎本人は自分は縁壱や炭十郎に劣っていると思っているようですが、炭治郎も十分すぎるほどに才能があるような…。才能がなくとも愚直に己を叩き上げ続けた結果なのかな。

それにしても、やはり炭治郎のこの頑なまでに不器用で律儀(?)なところは良いですねぇ。

“それでも俺は今自分にできることを精一杯やる!”

ただやはり炭治郎の顔が痛々しいのだけど…。

『鬼滅の刃』第192話「廻る縁」より引用

とにかく「日の呼吸」を連発する炭治郎と17本の鞭を変幻自在に操る無惨のバトルはものすごい迫力でした。炎のエフェクトがかっこいいし。

個人的には、炭治郎の技名表記が「ヒノカミ神楽」から「日の呼吸」に変わっていたのが、なかなかに胸熱でした!!

「日の呼吸」を操る炭治郎に無惨が縁壱の姿を重ねる場面もなんだか感慨深く…。

そしてアツいといえば、ここでも出てくる炭治郎を常に励ます言葉“心を燃やせ”!!煉獄さんの遺志は炭治郎の心の中にしっかりと息づいていますね!!

いや〜、本当アッツい!!最高潮ですね!!最後のコマでは炭治郎の刀も赫く染まっていますし!!

…しかし、13番目の型が明かされたと言うことは、『鬼滅の刃』そろそろ最終回が近いのだろうか。もう少し13番目の型で引っ張ると思っていたんだけどなぁ。

というわけで、『鬼滅の刃』第192話「廻る縁」の感想でした。

明日、2020/02/04最新第19巻発売です!!

【本日電子書籍15%off!!】

\無料試し読みはこちらから!!/

created by Rinker
集英社
¥565 (2020/04/10 17:48:24時点 Amazon調べ-詳細)

『鬼滅の刃』を読むならスマホからebookjapan!!週末なら15%off!!

ebookjapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。

さらにebookjapanではほぼ全作品について冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるので非常にお勧めです!!

『鬼滅の刃』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

是非この”試し読み”を使って、まずは読んでみて!!

『鬼滅の刃』最新刊の試し読みはこちら!

ebookjapanにはスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めます。忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。僕もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です(笑)

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

>>『鬼滅の刃』 最新話レビュー<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<

『鬼滅の刃』レビュー記事

【炭治郎が鬼に!!?】無惨の残したもの…。鬼の王は受け継がれる!!

【第201話】「鬼の王」レビュー感想

【炭治郎死す!!】号泣必至!!失われゆく柱たちの命。大きすぎる代償。

【第200話】「勝利の代償」レビュー感想

日の出はすぐそこ!!死力を尽くした総力戦!!

【第198話】 「気付けば」レビュー感想

痛々しいほどの美しき執念と覚悟。「執念」レビュー感想

【第197話】「執念」レビュー感想

第196話 「私は」

禰豆子がついに人間に!!?珠世の4つの薬!!

第194話 「灼熱の傷」

伊黒小芭内と鏑丸!!無惨の肉体に浮かび上がる傷

第193話 「困難の扉が開き始める」

九千年の老い。珠世が忍ばせた最期の毒!|

【第19巻】『鬼滅の刃』感想

童磨戦決着!最強の鬼上弦の壱黒死牟が動く!!

第192話 「廻る縁」

全てが円環し型となる。ついに明かされる13番目の型!!

第191話「どちらが鬼か」

【柱全滅!!?】ついに炭治郎復活で最終決戦!!

第190話「心強い仲間」
第189話「心強い仲間」
第188話「悲痛な恋情」
第187話「無垢なる人」
第186話「古の記憶」
【第18巻】『鬼滅の刃』感想
第185話 「匂いのない世界」
第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider