LINEで送る
Pocket

【鬼滅の刃】【最新話】第194話「灼熱の傷」感想

『鬼滅の刃』第19巻を読む!!

\『鬼滅の刃』最新刊を読む!/

ebookjapanなら無料で試し読みできます!!


『鬼滅の刃』第194話感想

『鬼滅の刃』第194話「灼熱の傷」の感想です。

〜簡単あらすじ〜

炭治郎が一人無惨と戦っている間、愈史郎たちは戦闘不能となった柱たちの治療に当たる。死の淵から復活し一つ壁を超えた炭治郎ではあったが、無惨を相手に1時間弱を一人で戦いきるのは不可能に近かった。さらに技の精度を上げるため「透き通る世界」に入ろうとした炭治郎だったが、「日の呼吸」の練撃に酸欠に陥ってしまう!!その時、炭治郎の危機を救ったのは…。さらに、珠世の薬によって弱体化した無惨の体には”傷”が浮かび上がってきて…。

とりあえず、今回の主筋ではないことはわかっているのだけれど、これだけは言わずにおれない…。

伊黒さん最高すぎるでしょ!!これはもう伊黒さんを好きになるしかない(もともと好きだけど)!!

それでは、『鬼滅の刃』第194話「灼熱の傷」の感想です。

*単行本19巻発売中です!!

\無料試し読みはこちらから!!/


『鬼滅の刃』 レビュー一覧はこちら。

【最新話レビュー感想もチェック!!】


↓↓最新話レビュー↓↓

【第198話】「気付けば」レビュー感想

日の出はすぐそこ!!死力を尽くした総力戦!!

第200話「勝利の代償」レビュー感想

【炭治郎死す!!】号泣必至!!失われゆく柱たちの命。大きすぎる代償。
previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

*レビューリンクは記事終わりにもあります。

*前後話レビューリンクは記事最下部にあります。

鬼殺隊の残存戦力は…。

戦闘不能になった柱たちを愈史郎が治療していましたが、意外と愈史郎が鬼であることを明かしても馴染んでるのがよかったですね。まあ、無惨と明確に敵対し、かつ鬼殺隊隊士たちを助けたことで信頼も勝ち取ったのでしょうが…。

そして、村田さんがいい味出してますね。

しかし、192話時点でもわかっていたことですが、特に柱たちの傷はひどいものです。鬼殺隊最強の悲鳴嶼さんも片足を失ってしまっていて、愈史郎の見立てでは戦線への復帰は絶望的だそうです。

今回は義勇は描かれなかったのですが…。義勇もたしか腕を切断されているはず…。あと不死川も…。大丈夫だろうか。

『鬼滅の刃』第194話「灼熱の傷」より引用

夜明けまでの残り時間はまだ50分以上あります。いくら炭治郎が死の淵を乗り越え強くなったとはいえ、そして無惨が弱体化していようと、どう考えても夜明けまでたった一人で戦いきるのは不可能でしょう。

実際、前話の時点で技の精度が落ちてきたと無惨に言われていますし…。

…涙を流しながら炭治郎を守ってやってくれと、珠世に願う愈史郎は印象的でしたね。

ただ、なんだかんだで悲鳴嶼さんは無茶を承知で戦線に復帰しそうな気もするんだよなぁ。

ちなみに関係ないけど、茶々丸が鬼だったのはちょっとした驚きでしたね。愈史郎に首を繋げてもらった時の表情が、張り詰めたストーリーの中で癒しでしたよ(笑)

というか、人じゃなくても鬼になれるんだねぇ。

炭治郎の危機に…。

そして、そして…

無惨とたった一人で戦う炭治郎ですが、なかなか有効打を与えることができないのですよね。無惨に効果のある斬撃を与えるためには、脳や心臓を狙う必要があります。

そのためには「透き通る世界」に入る必要があるのですが、なかなか集中する余裕がありません。なにせ弱体化しているとはいえ、無惨と一対一で戦っている上に、「日の呼吸」の技を”繋ぐ”という難しいことをしているのですから当然ですよね。

さらに、「日の呼吸」の連発で炭治郎の呼吸は続かなくなって「透き通る世界」に入ろうとした瞬間に”酸欠”状態になってしまいます!!

視界がブラックアウトしかけても尚、匂いで戦い続ける炭治郎の執念はもうすごすぎる。炭治郎は頑張りすぎてて、泣けてきますね。

そんな炭治郎の危機を救ったのはななんと…

『鬼滅の刃』第194話「灼熱の傷」より引用

伊黒さん〜!!

って、なんやこの顔の傷。もう、痛々しいわ。

ただ、今回の伊黒さんはほんっっっっっとうにかっこよかったですね。今回は伊黒さん回と言っても過言ではない。

そして、ここにきて真の実力を見せる鏑丸!鏑丸の大物感よな。

伊黒さんと鏑丸との連携が素晴らしすぎて、伊黒さんの過去エピソードを思い出しながら読むと自然と涙が溢れてくるのです…。

それはともかくとして、酸欠になりかけた炭治郎を伊黒さんが助けるというのもなかなかシャレが効いてますね。

伊黒さんも、日輪刀を赫く染めることに一生懸命になりすぎて無惨の目の前で酸欠で意識を飛ばしかけるというお茶目なことをしてしまっていますから(笑)

四百年間、無惨を燃やし続けた傷。

そして、ついに今回、本当にようやくですが、無惨に対して勝機が見えてきました!!

珠世の”老化の薬”が効く無惨の体ににわかに傷が浮かび上がります!!

果たしてこれは一体なんの傷なのか!?もちろんあの傷ですね!!

『鬼滅の刃』第194話「灼熱の傷」より引用

縁壱、輝哉、珠世、そして柱たち…。なんだかこういう”皆が繋いだ勝利への道”みたいなのっていいですよね。

果たして炭治郎は皆の想いを受け継いで応えることができるのか!!?

しかし、まあね。たしかにこれは、無惨が炭治郎たちに対してどうしたって縁壱には及びもつかないとか、そもそも赫刀の強さが全く違うというのも頷けますね。

というわけで、『鬼滅の刃』第194話「灼熱の傷」の感想でした。

単行本第19巻も絶賛発売中です!!

\無料試し読みはこちらから!!/

【最新話レビュー感想もチェック!!】

>>最新話レビュー感想<<

>>単行本 最新刊レビュー<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<

*前後話レビューリンクは記事終わりにあります。

『鬼滅の刃』を読むならスマホからebookjapan!!週末なら15%off!!

ebookjapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。

さらにebookjapanではほぼ全作品について冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるので非常にお勧めです!!

『鬼滅の刃』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

是非この”試し読み”を使って、まずは読んでみて!!

『鬼滅の刃』最新刊の試し読みはこちら!

ebookjapanにはスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めます。忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。僕もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です(笑)

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

【前後話レビューリンク】

『鬼滅の刃』レビュー記事

痛々しいほどの美しき執念と覚悟。「執念」レビュー感想

【第197話】「執念」レビュー感想

第196話 「私は」

禰豆子がついに人間に!!?珠世の4つの薬!!

第194話 「灼熱の傷」

伊黒小芭内と鏑丸!!無惨の肉体に浮かび上がる傷

第193話 「困難の扉が開き始める」

九千年の老い。珠世が忍ばせた最期の毒!|

【第19巻】『鬼滅の刃』感想

童磨戦決着!最強の鬼上弦の壱黒死牟が動く!!

第192話 「廻る縁」

全てが円環し型となる。ついに明かされる13番目の型!!

第191話「どちらが鬼か」

【柱全滅!!?】ついに炭治郎復活で最終決戦!!

第190話「心強い仲間」
第189話「心強い仲間」
第188話「悲痛な恋情」
第187話「無垢なる人」
第186話「古の記憶」
【第18巻】『鬼滅の刃』感想
第185話 「匂いのない世界」
第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider