LINEで送る
Pocket

【鬼滅の刃】第197話「執念」感想

『鬼滅の刃』第19巻を読む!!

【本日電子書籍15%off!!】

\『鬼滅の刃』最新刊を読む!/

ebookjapanなら金土日の3日間は週末クーポンで15%off!!


『鬼滅の刃』第197話感想

『鬼滅の刃』第197話「執念」の感想です。

〜簡単あらすじ〜

珠世の4つの薬により目に見えて弱体化する無惨。幾百年もの、幾百、幾千人もの連綿たる想いの果てについに無惨を追い詰める炭治郎たち…。しかし、”生への執着”の権化とも言える無惨はなりふり構わず逃亡を図る。なんとか食らいつく炭治郎と小芭内だったが、無惨の血鬼術により神経系を狂わされてしまい戦闘不能に…。その時、再び”奴ら”が立ち上がる!!

もうね、痛々しすぎて、涙腺がキャパオーバーですよ。柱たちの覚悟と責任から生まれる執念も、同期たちのもう少し若い想い、仲間との絆から生じる執念もどれも尊すぎる…。

そして、ここ最近の珠世さんの圧倒的存在感ね(笑)

それでは、『鬼滅の刃』第197話「執念」の感想です。

*単行本19巻発売中です!!

【本日電子書籍15%off!!】

\無料試し読みはこちらから!!/

created by Rinker
集英社
¥565 (2020/04/10 17:48:24時点 Amazon調べ-詳細)

『鬼滅の刃』 レビュー一覧はこちら。

【最新話レビュー感想もチェック!!】


↓↓最新話レビュー↓↓

『鬼滅の刃』第201話「鬼の王」レビュー感想

【炭治郎が鬼に!!?】無惨の残したもの…。鬼の王は受け継がれる!!
Shadow
Slider

*レビューリンクは記事終わりにもあります。

*前後話レビューリンクは記事最下部にあります。

珠世さん、お美しい…。

さて、前回のレビュー感想では、最近珠世さんの薬頼み感がちょっと強すぎる…とは書いたのですけど…。

やはり、キャラとしては珠世さんはすごい好きなキャラなので、登場するたびに(というか最近はむしろ主人公をしのいで一番存在感を主張している??)嬉しいわけです。

特に今週の珠世さんのお美しさと言ったら…。美しき女の怨毒と執念…この組み合わせはなんというか…色気が…反則すぎますよ。暗くおぞましい中の嬌艶さ…と言いますか、なんしか美しい。

『鬼滅の刃』第197話「執念」より引用

もはや主人公の炭治郎を食ってしまう活躍です。と、まあそう感じてしまうほどに、やはり珠世さんの薬のチート感は拭えず…。ぶっちゃけ無惨を追い詰めているうちの8割以上の貢献は珠世の薬によるもののような…。

まあ、「日の呼吸」に目覚めたからと言って炭治郎が無双して…というようなバトル漫画によくある主人公補正の一強展開よりは全然いいですけどね。

まあ、無惨がそれほどに次元を異にする怪物であったということと、珠世もまた無惨ほどではないにせよ、鬼滅隊よりもはるかに格上の存在ということですよね。数百年を生き、無惨を殺すためにあらゆる努力と準備をしてきているわけですものね。

それにしても、そろそろ珠世さんが執念深い女キャラの代名詞として、ネットでネタにされるのではないかと心配ですね(笑笑)

伊之助ぇぇ。友のために立ち上がる同期達。

当然、伊之助&善逸があれだけで退場するなんてことはないと思っていましたが、やはり炭治郎の同期が頑張る姿は熱いですねぇ。

特に、最近なぜか伊之助が仲間との絆を大切にしていることが匂わされる場面に弱くて…。なぜだろうか…。単行本の19巻もかなり泣かされましたし…。

『鬼滅の刃』第197話「執念」より引用

今回の、仲間たちのために泣きながら無惨へ挑みかかっていく場面ももう…ね。読んでる最中、Iphoneの画面がぼやけてデータ読み込みが悪い…と思ったら、自分の視界が涙でぼやけていただけだった…。

善逸の炭治郎にかけた言葉もさ…。

“人間に戻った禰豆子ちゃんと 生まれ育った家に帰るんだ 家族みんな待ってる 二人が帰ってくるのを”

『鬼滅の刃』第197話「執念」より引用

とか、善逸もほんと最高だよ(泣)

正直、眠りながら戦う善逸が常々かっこいいと思っていたのですけど、獪岳戦からこちら。覚醒したまま、自分の意思で戦う善逸の方がやっぱりかっこいい。

柱は折れない。何度でも何度でも…。

柱たちが再び立ち上がります。どんな隊士たちよりもはるかに辛苦と絶望を味わって、肉体的にも精神的にもボロボロなはずなのに…。足や腕、目をなくして尚立ち上がる。

蛇柱 伊黒小芭内に続き、水柱 冨岡義勇と岩柱 悲鳴嶼行冥が再び戦場へと舞い戻ります。

もうなんて言っていいのかわからないですけど…。彼らの無言の背中がもう痛々しいほどに胸を打ちます。

『鬼滅の刃』第197話「執念」より引用

…しかし、未だその消息が不明な風柱 不死川実弥はどうなったんだろうか。

というか、義勇もそうなのだけれど、足を失った行冥さんは戦えるのだろうか…。

そして、炭治郎も無惨の血鬼術で狂わされた神経系を正常に戻すために、自らの体に日輪刀を突き刺して…。もう、痛い、痛いよ心が…。ほんとなんていう覚悟と自己犠牲の精神(?)ですか。

無惨を倒すというそれこそ曇りない”一振りの刀”のような純粋で曇りない想いが…、もう泣かせるなよ 。

そういえば、無惨が使った”半天狗”の雷にも似たような(もっと厄介ですが)血鬼術ですが、どうやら視覚を通して(?)作用する様子。

遠隔で愈史郎の視野を使用していた産屋敷輝利哉たちにまで効果を及ぼしていましたし、もしこの技が乱発可能ならなかなか厄介な気も…。

というわけで、『鬼滅の刃』第197話「執念」の感想でした。

単行本第19巻も絶賛発売中です!!

【本日電子書籍15%off!!】

\無料試し読みはこちらから!!/

created by Rinker
集英社
¥565 (2020/04/10 17:48:24時点 Amazon調べ-詳細)

『鬼滅の刃』を読むならスマホからebookjapan!!週末なら15%off!!

ebookjapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。

さらにebookjapanではほぼ全作品について冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるので非常にお勧めです!!

『鬼滅の刃』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

是非この”試し読み”を使って、まずは読んでみて!!

『鬼滅の刃』最新刊の試し読みはこちら!

ebookjapanにはスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めます。忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。僕もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です(笑)

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

【前後話レビュー感想】

【少年ジャンプ他作品レビュー感想】


『鬼滅の刃』レビュー記事

【炭治郎が鬼に!!?】無惨の残したもの…。鬼の王は受け継がれる!!

【第201話】「鬼の王」レビュー感想

【炭治郎死す!!】号泣必至!!失われゆく柱たちの命。大きすぎる代償。

【第200話】「勝利の代償」レビュー感想

日の出はすぐそこ!!死力を尽くした総力戦!!

【第198話】 「気付けば」レビュー感想

痛々しいほどの美しき執念と覚悟。「執念」レビュー感想

【第197話】「執念」レビュー感想

第196話 「私は」

禰豆子がついに人間に!!?珠世の4つの薬!!

第194話 「灼熱の傷」

伊黒小芭内と鏑丸!!無惨の肉体に浮かび上がる傷

第193話 「困難の扉が開き始める」

九千年の老い。珠世が忍ばせた最期の毒!|

【第19巻】『鬼滅の刃』感想

童磨戦決着!最強の鬼上弦の壱黒死牟が動く!!

第192話 「廻る縁」

全てが円環し型となる。ついに明かされる13番目の型!!

第191話「どちらが鬼か」

【柱全滅!!?】ついに炭治郎復活で最終決戦!!

第190話「心強い仲間」
第189話「心強い仲間」
第188話「悲痛な恋情」
第187話「無垢なる人」
第186話「古の記憶」
【第18巻】『鬼滅の刃』感想
第185話 「匂いのない世界」
第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider