LINEで送る
Pocket

【鬼滅の刃】第198話「気付けば」レビュー感想

『鬼滅の刃』第19巻を読む!!

\『鬼滅の刃』最新刊を読む!/

ebookjapanなら無料で試し読みできます!!


『鬼滅の刃』第198話感想

『鬼滅の刃』第198話「気付けば」の感想です。

〜簡単あらすじ〜

伊之助と善逸が再び立ち上がり、炭治郎とともに無惨に立ち向かう!!一瞬でも技が途切れれば無惨を逃してしまう状況で、互いにフォローしあいながら、夜明けまで時間をつないでいく。さらに、甘露寺、不死川も立ち上がり、確実に無惨を追い詰めていく!!

ついに、無惨に限界が見え始めてきましたね。さらに日も登り始めて、後一歩です!!

しかし、果たしてこのまま無惨にとどめをさせるのだろうか…。そして、伊黒さん、やっぱりあなたは…。

それでは、『鬼滅の刃』第198話「気付けば」の感想です。

*単行本19巻発売中です!!

\無料試し読みはこちらから!!/


『鬼滅の刃』 レビュー一覧はこちら。

【最新話レビュー感想もチェック!!】


↓↓最新話レビュー↓↓

【第198話】「気付けば」レビュー感想

日の出はすぐそこ!!死力を尽くした総力戦!!

第200話「勝利の代償」レビュー感想

【炭治郎死す!!】号泣必至!!失われゆく柱たちの命。大きすぎる代償。
previous arrow
next arrow
Shadow
Slider

*レビューリンクは記事終わりにもあります。

*前後話レビューリンクは記事最下部にあります。

死力を尽くし、一秒をつなぐ!!

前回は伊之助にだいぶ感動させられましたが、今回は善逸がよかったですね。心の中でじいちゃんに”俺の背中を蹴っ飛ばしてくれ!!”と叫びながら、満身創痍ですでに限界なんて超えてしまっている体をつき動かそうとする場面は特にグッときました。

やはり、炭治郎、善逸、伊之助の3人組は最高ですね。一人一人では成し遂げられないことを、自然と3人でおぎあいながら成し遂げるという…。

誰一人、もうダメだから他に任せようなんていう考えは微塵も持たず、己を奮い立たせながら懸命に無惨に立ち向かっていく…。感動するだろ、これは。

『鬼滅の刃』第198話「気付けば」より引用

それにしても、いつの間にこんなに腕を上げたんだよ。もちろん無惨は弱体化して、技のキレも触手の速度も落ちているわけですけど…。

かなりの長時間渡り合っていますよね。特に伊之助がすごいです。善逸の場合は、「雷の呼吸」の性質上中距離から斬りつけてそのまま駆け抜けるので、まだ無惨の間合いの中にいる時間は短いですが…。

伊之助は技的にも接近戦型ですから、無惨の攻撃を凌ぎながら連続で技を決めているわけですよね。よくぞ、我流でここまで成長したものです…。

それにしても、炭治郎の「日の呼吸」だけでなく、伊之助の「獣の呼吸」や善逸の「雷の呼吸」、霹靂一閃の”神速”に漆ノ型”火雷”ね。

この怒涛の大技連発は最高に胸熱です!!

甘露寺さんも、怒り爆発!!

それから、甘露寺さんと不死川さんも一応は無事なのには一安心でした。

…が、復活そうそう甘露寺さんが再び無惨の一撃を直で受けていましたが…大丈夫ですよね…。とりあえず、もうなるべく誰も死んでほしくないんだけれど。

というか、甘露寺さん、素手で無惨の腕引きちぎってたよな…。こえェ。そして、全員の気持ち(読者含め)を代弁してくれてましたね(笑)

不死川さんの方も、他の柱たちと比べると傷は軽いようで、とりあえず今の所、五体満足のようです。

『鬼滅の刃』第198話「気付けば」より引用

無惨は完全に追い込まれましたね。もはや人間の形もとどめず、完全に怪物のそれになっています。たしか最後の手段で巨大化した悪役は、絶対勝てない、という名言がありましたが、最後の手段で怪物化する悪役も勝てない…はず!!

そして、いつのまにか、時はだいぶ経って、日の出がすぐそこまで迫っています!!このままいけるのか、鬼殺隊!!

ただ、一つだけまだ懸念がありますよね。黒死牟や猗窩座が死の際で、頸の弱点を克服しかけたように、無惨もまた死に瀕して太陽を克服してしまうのではないか…と。まだ、禰豆子の太陽克服についても、完全には伏線回収がなされてませんし…。

はたしてどうなるか…。

い、伊黒さん…。やっぱりその枠なのか…。

一番きになるのは、伊黒さんですよ。

怪物化した無惨が炭治郎に文字通り食らいつこうとしたところを、身を呈して庇いましたけど…。

やっぱり、伊黒さんは黒死牟戦での無一郎枠なのか…。このまま日の出まで無惨が大人しくしているわけないし、絶対伊黒さん無事ですまないじゃないか…。

『鬼滅の刃』第198話「気付けば」より引用

それに、伊黒さん自身も心配ですが、これで無惨が少なからず回復してしまうのではないかという点も心配ですね。

とにかく、甘露寺さんのためにも伊黒さん死なないでくれェ。

というわけで、『鬼滅の刃』第198話「気付けば」の感想でした。

単行本第19巻も絶賛発売中です!!

\無料試し読みはこちらから!!/

【最新話レビュー感想もチェック!!】

>>最新話レビュー感想<<

>>単行本 最新刊レビュー<<

>>『鬼滅の刃』 最新まとめ・考察<<

*前後話レビューリンクは記事終わりにあります。

『鬼滅の刃』を読むならスマホからebookjapan!!週末なら15%off!!

ebookjapanでは『鬼滅の刃』全巻冒頭試し読みができます!!

電子書籍の最大の利点は、その場即座に手軽に高画質で作品を楽しむことができる点です。さらに、紙媒体の書籍とは異なり見開きページなども綺麗な一枚絵としてストレスなく鑑賞できます。

さらにebookjapanではほぼ全作品について冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるので非常にお勧めです!!

『鬼滅の刃』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

是非この”試し読み”を使って、まずは読んでみて!!

『鬼滅の刃』最新刊の試し読みはこちら!

ebookjapanにはスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めます。忙しくて書店に行く時間が作れない人にもオススメ。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。僕もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という漫画漬けの毎日です(笑)

『鬼滅の刃』最新刊を読む!

【前後話レビュー感想】

【少年ジャンプ他作品レビュー感想】


『鬼滅の刃』レビュー記事

痛々しいほどの美しき執念と覚悟。「執念」レビュー感想

【第197話】「執念」レビュー感想

第196話 「私は」

禰豆子がついに人間に!!?珠世の4つの薬!!

第194話 「灼熱の傷」

伊黒小芭内と鏑丸!!無惨の肉体に浮かび上がる傷

第193話 「困難の扉が開き始める」

九千年の老い。珠世が忍ばせた最期の毒!|

【第19巻】『鬼滅の刃』感想

童磨戦決着!最強の鬼上弦の壱黒死牟が動く!!

第192話 「廻る縁」

全てが円環し型となる。ついに明かされる13番目の型!!

第191話「どちらが鬼か」

【柱全滅!!?】ついに炭治郎復活で最終決戦!!

第190話「心強い仲間」
第189話「心強い仲間」
第188話「悲痛な恋情」
第187話「無垢なる人」
第186話「古の記憶」
【第18巻】『鬼滅の刃』感想
第185話 「匂いのない世界」
第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider