『チェンソーマン』第40話「花・恋・チェンソー」

デンジの恋!!?俺は俺のことが好きな人が好きだ。。

『鬼滅の刃』第176話「侍」

お前になりたかった。時を超えて伝わる心。

『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『キノの旅 the Beautiful World』

第二十九話「何かをするために・a -life goes on・a-」1/3
新章はキノと先代キノに関わる!??キノと師匠。危険な世界で生き残りたければ…。

『つぐもも』第123話「ダバダ対決」

ティルト、命をかけて呷る二杯目の八速酒。またまた…3度目の触手エロ!!?D復活!!ダバダ・D・ダバハール顕現!!

『あらくさ忍法帖』第7話

情報提供の見返りは体で…??イキまくりの手付金分!!(笑)

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第18廻「客船上のアリア」

圧倒的不利を覆す戒蔵の策!!”正直者がバカを見る”。

『武装少女マキャベリズム』第57(?)話

ノムラに訪れる天啓!!?激しさを増すそれぞれの戦場!!

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第十八幕「凍座 猛攻」

三強が一人!!元新撰組2番隊組長永倉新八でる!!

『ダリフラ』第50話

ヒロに聴こえる耳鳴り。人間になりたい叫竜の娘ゼロツー。

『落日のパトス』第58話「ホントにそんなチャラ男だったの?」

新アシスタント登場!!真先生と波乱の予感!?

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

ここまでやっちゃっていいの!!?一般向けとは思えないほどの過激なファンタジー系漫画おすすめ作品を紹介してみる!!
『この音とまれ』#82「ブルーモーメント」

ちゃんと向き合う前に僕たちのこと切り捨てないでほしい

『恋する寄生虫』第11話

暗転していく状況。寄生虫の存在と宿主の死の関係は…??

『あらくさ忍法帖』第1巻

-美人くノ一が”てっぽう”伝来と”キリステ教”から”江呂”の街を守る!!?ちょっと過激すぎる”くノ一コメディ”開幕!!-

『MIX』第15巻感想。

上杉達也と浅倉南がついに登場か!!?明青学園紅白戦決着!!ついに2年目の夏が到来する!!

過激すぎる一般誌の漫画オススメ5選!!

一線は超えないけれど、過激すぎる!!

『やんちゃギャルの安城さん』第4巻感想。

安城さんが殊勝になる??健気すぎる安城さんは瀬戸くんのことをもっと知りたい。。

『プランダラ』第53話「天使」 感想

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『ライセカミカ』028 感想

天上界連合議長登場!!ライセに新たな密命か??新展開突入の予感!!そして…指環に愛が…拒まれた!??

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

『恋する寄生虫』三秋縋/ホタテユウキ

『恋する寄生虫』第2巻無料で試し読み!

『恋する寄生虫』 レビューリンク など

『恋する寄生虫』第8話 感想・考察

『恋する寄生虫』第8話の感想です。

とにかく絵の雰囲気が大好きなこの作品。今回のお話は半分くらい”暗闇の中”で話が展開されるのですが、この描き方がまたいいんですよ。

さて、前話までで高坂はひじりの祖父である瓜実院長から寄生虫についての一通りの説明とひじりの過去について聞かされます。

その上で、治療をするかどうか結論を出すのに5日の猶予が与えられます。

高坂とひじりの恋の結末ははたして…

それでは『恋する寄生虫』第8話のネタバレ/画バレ感想です。

未読の方はご注意ください。

<虫>はヒトからヒトへ伝染する

病院からの帰り道、高坂は和泉から<虫>がヒトからヒトへと伝染することを知らされます。

<虫>の成虫はヒトの中枢神経に寄生するものの、虫卵や幼体は血流に乗って身体中を巡っているのだそうです。

つまり寄生虫の伝染は”性感染症”のようなもので…

ただ一緒に住んでいるだけなど肉体的接触を伴わなければ伝染することはないものの、キスや性行為などの粘膜を介する接触によって伝染するわけです。

このことを知って、高坂は以前のひじりの行動に納得します。

つまり、ひじりはキス(?)することで高坂に<虫>を伝染し、そうすることで二人の関係を完全なものにしようとしていたのです。

しかし、直前になって正気に戻り、己の好意が高坂の命を危険にさらすことに恐怖し高坂の前から姿を消したということのようです。

“このまま一緒にいたら私… いつか高坂さんを殺しちゃうかもしれない”

最後の逢瀬

瓜実の説明を聞いて4日目。翌日に駆虫治療を控えた高坂。

治療を始めたら二度とひじりと会う事はないだろうと覚悟をしていた高坂は、未練を断ち切るためにも最後にひじりに別れを告げたいと思います。

その時、ひじりから高坂に連絡があり…

“最後に… 高坂さんに見せたいものがあるの”

高坂が治療を受ける決意をしていることを知ったひじりは、”最後に見せたいものがある”といって高坂を連れ出します。

ひじりが高坂を連れて行った場所は、廃屋の横にある小さなコンテナ。

二人がコンテナの中に足を踏み入れると…

コンテナの中での交渉

ひじりに続いて高坂がコンテナに入った途端に、何者かの手(まあ、和泉でしょうが…)によってコンテナの扉が閉じられ、外から施錠されます。

ひじりの思惑は、コンテナの中で高坂を”<虫>を殺さないよう”説得することでした。

高坂が首を縦に振らない限りはコンテナから出すつもりはないので、説得というよりは脅迫ですが…。なかなか思い切ったことをしますね。

“<虫>は殺さないで 治療を拒否するって約束して”

高坂もひじりを説得しようと試みますが、ひじりの意思は非常に強固で…。

<虫>が宿主が死ぬのは偶然が重なっただけかもしれないし、人嫌いはもともと、<虫>がいなくなっても根本的な問題は解決しないと、ひじりは主張します。

“大切だよ 私 高坂さんと過ごす時間が本当に好きだったから”

幸せでいられるなら私は傀儡のままでかまわない

大切に感じていた時間すらも<虫>のもたらした錯覚にすぎないという高坂の言葉にひじりは…

“錯覚だからなんなの? 紛い物の恋の何が悪いの?”

と答えます。

“幸せでいられるなら私は傀儡のままでかまわない”

“私に人を好きになることを教えてくれたの!”

<虫>のおかげで人を、高坂を好きになることができたひじりにとって<虫>は恩人でもあるのです。

そして、すべてを知った上でひじりは…

“私は操り糸の存在を知った上でそれにあえて身を任せているんだよ!”

“これが自分の意思でなくてなんだっていうの!?”

ひじりの言い分も真実のある面を捉えており、高坂は説得は不可能であると悟ります。

二人の我慢比べが始まります。

一方その頃、和泉は交通事故に巻き込まれており…

第8話はここで幕を閉じます。

どこまでが自分の意思でどこからがそうでないのか…。難しい、議題ですね。

ひじりは<虫>に寄生されていることも含めて自分だと受け入れているわけですね。一方で、高坂は<虫>に寄生されていない自分こそが自分だと考えている…と。どちらが間違いというわけではないので、非常に難しい。

はたして、どちらを選ぶことが幸せなのか…。そして、二人のこの先はどうなっていくのか…。目が離せません。

それにしても暗闇の中の描写がひじりの主張により一層の迫力を与えますね!!

『恋する寄生虫』を読むなら…

『恋する寄生虫』無料で試し読み!

ebookJapanでは『恋する寄生虫』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

>>イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

『恋する寄生虫』レビュー記事

『恋する寄生虫』第11話 レビュー感想

暗転していく状況。寄生虫の存在と宿主の死の関係は…??

『恋する寄生虫』第10話 レビュー感想

佐薙ひじりの”最初で最期のお願い”"そうなれなかった何か"。。

『恋する寄生虫』第9話 レビュー感想

コンテナの中の二人。きっと僕たちは<虫>なしでもやっていける…。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider