『チェンソーマン』第40話「花・恋・チェンソー」

デンジの恋!!?俺は俺のことが好きな人が好きだ。。

『鬼滅の刃』第176話「侍」

お前になりたかった。時を超えて伝わる心。

『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『キノの旅 the Beautiful World』

第二十九話「何かをするために・a -life goes on・a-」1/3
新章はキノと先代キノに関わる!??キノと師匠。危険な世界で生き残りたければ…。

『つぐもも』第123話「ダバダ対決」

ティルト、命をかけて呷る二杯目の八速酒。またまた…3度目の触手エロ!!?D復活!!ダバダ・D・ダバハール顕現!!

『あらくさ忍法帖』第7話

情報提供の見返りは体で…??イキまくりの手付金分!!(笑)

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第18廻「客船上のアリア」

圧倒的不利を覆す戒蔵の策!!”正直者がバカを見る”。

『武装少女マキャベリズム』第57(?)話

ノムラに訪れる天啓!!?激しさを増すそれぞれの戦場!!

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第十八幕「凍座 猛攻」

三強が一人!!元新撰組2番隊組長永倉新八でる!!

『ダリフラ』第50話

ヒロに聴こえる耳鳴り。人間になりたい叫竜の娘ゼロツー。

『落日のパトス』第58話「ホントにそんなチャラ男だったの?」

新アシスタント登場!!真先生と波乱の予感!?

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

ここまでやっちゃっていいの!!?一般向けとは思えないほどの過激なファンタジー系漫画おすすめ作品を紹介してみる!!
『この音とまれ』#82「ブルーモーメント」

ちゃんと向き合う前に僕たちのこと切り捨てないでほしい

『恋する寄生虫』第11話

暗転していく状況。寄生虫の存在と宿主の死の関係は…??

『あらくさ忍法帖』第1巻

-美人くノ一が”てっぽう”伝来と”キリステ教”から”江呂”の街を守る!!?ちょっと過激すぎる”くノ一コメディ”開幕!!-

『MIX』第15巻感想。

上杉達也と浅倉南がついに登場か!!?明青学園紅白戦決着!!ついに2年目の夏が到来する!!

過激すぎる一般誌の漫画オススメ5選!!

一線は超えないけれど、過激すぎる!!

『やんちゃギャルの安城さん』第4巻感想。

安城さんが殊勝になる??健気すぎる安城さんは瀬戸くんのことをもっと知りたい。。

『プランダラ』第53話「天使」 感想

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『ライセカミカ』028 感想

天上界連合議長登場!!ライセに新たな密命か??新展開突入の予感!!そして…指環に愛が…拒まれた!??

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

『恋する寄生虫』三秋縋/ホタテユウキ

『恋する寄生虫』第2巻無料で試し読み!

『恋する寄生虫』 レビューリンク など

『恋する寄生虫』第9話 感想・考察

『恋する寄生虫』第9話感想です。

第8話では、ひじりが高坂に<虫>を殺さないように説得するために、冬の極寒のコンテナに二人で入り、外から和泉に鍵をかけさせました。

一定時間後に和泉が鍵を開けに戻るという申し合わせがあったようですが、なんと当の和泉は交通事故に…。

極寒のコンテナに閉じ込められたままの二人はどうなるのか…。

そして、高坂の決断は…??

それでは『恋する寄生虫』第9話のネタバレ/画バレ感想です。

未読の方はご注意ください。

コンテナに閉じ込められた二人は…。

4時間以上もコンテナに閉じ込められたままで、ひじりと高坂の体温はどんどんと下がっていきます。

体温は約2度下がっただけでも低体温症に陥りますから。非常に危険な状況です。

特にひじりはスカートで脚部がかなり露出していますし、体力面からも、高坂よりも一層危険です。

ひじりの消耗を見て、高坂はその場限りの<虫>を殺さないという約束をして、コンテナから出ようと提案しますが…。

寒さで消耗するひじり

この状況はひじりにとっても想定外のことでした。

本来であれば1時間以上前に和泉が戻ってきて鍵を開けているはずだったのですが、和泉は事故にあっていますので…。

高坂はなんとか開かないかと蹴ったり叩いたり試しますが、扉はびくともしません。

そうしているうちに、ついにひじりが倒れてしまいます。

暗闇の中の接吻

ライターの火で明かりを確保し、ひじりを抱きしめて乗り切ろうとする高坂でしたが…

ひじりに<虫>を殺さないという話を信じていいのかと尋ねられます。

もちろん、ひじりも嘘であることは承知の上です。

謝罪する高坂を”許さない”と言って押し倒し…

“許さない”

キスした直後のひじりの表情が見えないのもなんだかいい。

突然ひじりにキスをされて驚いたのか、高坂は一拍子おいてからひじりを突き飛ばします。

なんだか高坂の潔癖性治ってきてないです?

いくら相手がひじりだからと言って、抱きしめるまではいいけれど、キスまでできるって。

しかも、一拍子置くだけの余裕(?)もありますし…。

だって、むかし恋人の手料理を食べただけで吐いてしまったほどのけっぺきしょうだったんですよ。

あとでも書きますけど、高坂って本当に寄生虫感染者なのかな??

佐薙の強い想い

さて、突然きすをしたひじりですが、どうやら思惑があったようで…

(いや、もしかしたら半分は照れ隠しなのかもしれませんが…)

キス、つまり粘膜交換によって、自分と高坂の寄生虫を有性生殖の段階に進めようとしたわけです。

とはいえ、そんなことをしても、駆虫薬を飲んでしまえば目論見は水の泡なんですがね…。

ただそれを実行するほどまでに、ひじりは強い思いを持っているということです。

“私たちの<虫>は有性生殖の段階に移行したかもしれないね”

それで、先ほどの話に戻るのですが…。

高坂って本当に<虫>の保有者なのでしょうか?

現在までの流れでは<虫>の保有者であるひじりと惹かれあっているから高坂も<虫>の保有者だ…というかんじで話が進んでいるように思いますが…

まあ、イズミの時も感染者は相手が感染者であるか直感的にわかるといっていましたし…

ただ、これまで登場した<虫>の保有者は一様に<虫>を殺すことを拒んでいました。もし高坂も<虫>に感染しているのであれば、ここまでして頑なに<虫>を殺す側でいるというのは少々違和感があります。

仮に感染者同士で惹かれあってから<虫>を殺すのに躊躇いを感じるようになるのだとしても(イズミは甘露時と惹かれ合う前からためらいを抱いていましたが)、高坂とひじりとの間に差がありすぎるような…。

今のところ高坂についてはCTスキャンを受けている描写も見られませんし…。

瓜実に和泉に、大の大人が二人もいてそんな初歩的なミスを犯すとは思えませんが、<虫>にばかり目がいきすぎて早とちりってことはないのだろうか…。

きっと僕たちは<虫>なしでもやっていける

その後、意識を取り戻した和泉に無事に救出された二人は病院に数日入院して治療を受けます。

コンテナの一件については、和泉はひじりに加担していたというよりも、ひじりに納得するまで抵抗させて完全に諦めさせたかったのだそうです。

そうして、体調が回復した高坂とひじりは<虫>を駆除するための治療に入ります。

<虫>の駆除自体は、駆虫薬を1月ほど連用したのち半月ほどの休薬期間を置くというサイクルを繰り返し、3ヶ月~半年ほどで終わるそうです。

投薬治療を始めるということは、いよいよひじりと高坂は引き離されるということです。退院日に高坂はひじりに会いにいきます。

高坂との別れに涙するひじり

涙するひじりに、高坂は治療が終わればもう一度会いに来ると告げます。

そして、<虫>がいなくなってもまだお互いに好きなままでいられたら、改めて恋人になろうと約束します。

“大丈夫 きっと僕たちは<虫>なしでもやっていける”

というところで、第9話は幕を閉じます。

すでに高坂は治療をしてしまえば、二度とひじりと会うことはないだろうということを悟っていますし、おそらくひじりもそうだからこそ無茶な事までして自分の想いを示したのでしょう。

つまりこれは二人とも分かった上での”優しい嘘”であり、”別れの挨拶”な訳ですね。…切ない。

それにしても、考えてみればこれってかなり怖い状況ですよね。もちろんこのばあいは<虫>がいないという状況こそが正しい、ということが大前提なので”治療”という形を取っていますが…

<虫>に寄生されている側としては、その状態がすでに自分な訳です。

つまり、見方を変えれば”薬によって自分の感情を取り除かれる”というのとなんら変わりない状況なんですよね。

果たして、<虫>を取り除くのが本人にとって正しいことなのかどうか…難しいですねぇ。

そして…やはり絵の雰囲気が好きすぎる。第8話もそうだったけど、暗闇の中での描写とか、ライターの火で浮かび上がる描写とかなんとも言えず良い。

*単行本2巻を読んだので追記

単行本2巻の「番外編」によると高坂の潔癖性が発症したのは9歳の頃だそうです。仮にそれが<虫>のせいだとすれば、現状の高坂の状態をみると、あまりにも<虫>の感染速度が遅すぎるようにも思えますね。

例えば甘露時の場合は、感染から数ヶ月もたたずに和泉佳奈への好意と<虫>を殺すことへの躊躇いを感じ始めています。

やっぱり高坂は<虫>の保有者じゃないんじゃないか…??

『恋する寄生虫』を読むなら…

『恋する寄生虫』無料で試し読み!

ebookJapanでは『恋する寄生虫』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

>>イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

『恋する寄生虫』レビュー記事

『恋する寄生虫』第11話 レビュー感想

暗転していく状況。寄生虫の存在と宿主の死の関係は…??

『恋する寄生虫』第10話 レビュー感想

佐薙ひじりの”最初で最期のお願い”"そうなれなかった何か"。。

『恋する寄生虫』第9話 レビュー感想

コンテナの中の二人。きっと僕たちは<虫>なしでもやっていける…。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider