メニュー

『もののがたり』第六十二話【三度顕現】現人神とぼたんに変化??| 「无妄」感想

2019年10月21日 - もののがたり
『もののがたり』第六十二話【三度顕現】現人神とぼたんに変化??| 「无妄」感想

『もののがたり』最新刊情報

『もののがたり』第15巻

**2023年1月19日発売**
【あらすじ】常世と現世を繋ぐもの――“付喪神”。付喪神に奪われた青年・兵馬と付喪神を愛する少女・ぼたん。絆を深める二人の縁を引き裂くのは常世の奥底に生まれし存在“藁座廻”。門守の符術“鬼来迎”により召喚された、雅楽寮と八衢黒檀、そして挂の活躍により唐傘勢力を撃破していく塞眼たち。そして、婚礼調度は因縁の敵・時雨との最後の戦いを開始する――!! 絆と恋の付喪ノ語り、激闘必至の第十五巻。


✨✨第15巻見どころ紹介はこちら✨✨

【もののがたり】第六十二話「无妄」レビュー感想

『もののがたり』最新話レビュー感想!!

↓雑誌発売日の朝9時までに更新!!↓

[smartslider3 slider=60]

↑最新話のあらすじをいち早く!!↑

『もののがたり』第六十二話感想

『もののがたり』第六十二話「无妄」レビュー感想です。

〜一言あらすじ〜

黒壇との戦いを終え後処理が進む中、御三家・八衢家への処遇が決まる。今回の件で自身の無力さを実感した若き次期当主たち、そして明かされた黒壇をも凌ぐ4体の”名前持ち”の藁座廻。八衢菫と辻白百合はともこの件を乗り越え、”ぼたんの護衛”を成し遂げることを決意する。

というわけで、第六十二話「无妄」では、ついにあの男が目覚めます!!

『ウルトラジャンプ』2019年12月号

三度”現人神”が顕現す!!

まずは何より、兵馬が目を醒ましましたね。で、ぼたんが倒れたということを知らされ、急いで長月家へ!実際はぼたんは問題なかったのですけど、婚礼調度たちの超絶修羅場を迎えていました(笑)

目覚めた兵馬に思わずハグを仕掛けて、パタパタ経ての肩バンしたぼたんが可愛かったですね(笑笑)

付喪神収容所を破壊した代償に京都賽目から要求された二万三千枚の護符。婚礼調度たちは全員一丸となって必死に護符政策に励みます(笑)

激戦を終え、和気藹々と元の生活に戻ってます…ね?って、ん?

んん?そうなんです。”全員”で…やっているんですよ。

薙と結、生太刀・生弓矢によって削られ体の一部を現世から縁を絶たれたはずの二人が何故無事でいるのか…。

その答えは…。

“現人神”です。倒れて意識を失ったぼたんと入れ替わって再び現人神が顕現したのだそうです。三度顕現した現人神が”手入れ”をするように、薙と結の傷を治していったのだ…と。婚礼調度たちも、このことを”ぼたんに何かが起きている”と懸念しているようですが…。

これまでの2度の顕現とは全く異なる現人神の行動にはどういう意味があるんでしょうね。前回の顕現の際は、壊れた付喪神を治すどころか、逆に見苦しいとして壊していましたし…。

そもそも何故顕現したのかも不明なんですよね。ぼたんが意識を失ったからといって、それだけでポンポン顕現されてはね…。現人神の顕現にはぼたんの精神が追い詰められて不安定になる必要があるはず…。今回は、薙と結の重傷を見て…ということなのかなぁ。それにしては、タイミングがねぇ。

もしかすると、現人神がぼたんと呼応し始めているのでしょうか。…呼応というか親和かな。薙と結の傷を修復したということは、ぼたんの気持ちを汲み取っての行動のようにも思えますし…。ぼたん自身も数々の試練を乗り越え、さらに兵馬という心の支えもできたことでだいぶ精神的に成長していますからね。

ぼたんの二人を大切に思う気持ちに呼応して、意識を失ったぼたんの代わりに顕現した…のかな?なんにせよ物語が核心に迫っているようで、ますます目が離せないな。

で、長月家のこれからの方向性は…

次の相手は御三家が一つ「辻」か!!?辻豊穣に接触!!?

長月家の家族会議が開かれまして、八衢菫の謝罪とぼたん護衛任務続行の受け入れなどなどを決め…

今後の展開に関わる一番の第決定は、御三家辻家現当主の辻豊穣への”憑坐”と”現人神”に関する情報提供を申し立てるということ。

“八衢”編の次は”辻”編かな??

辻も八衢以上に曲者のようですからね。八衢はどちらかというと、直情的に力押しできた印象でしたが、辻豊穣は年の功もあってなんとなく精神的に

ユリちゃんも、純粋にいい子だというのがわかったし、菫ちゃんも頑張ろうとしているし…。何より次期当主たちは仲良くできそうな雰囲気ですから、あんまり彼らの仲がややこしくなる展開にならなければいいのですが…。

ともあれこれでぼたんの出生の秘密は明らかになりそうな気もしますが…。御三家ということなら兵馬の祖父に聞いた方が関係性的にも楽なのでは??

兵馬の祖父に聞けない理由ってありましたっけか??

兎にも角にも、辻豊穣は一筋縄でいく人物ではなさそうです。辻家の次期当主であるユリちゃんがどういう立ち回りを見せるかも注目ですね。

「もののがたり」第六十二話「无妄」『ウルトラジャンプ』2019年12月号収録です。

『ウルトラジャンプ』2019年12月号

本エピソード収録巻

【最新話レビュー感想もチェック!!】

>>最新話レビュー感想<<

>>単行本最新刊レビュー感想<<

*前後話レビューリンクは記事終わりにあります。

『もののがたり』を読むなら電子書籍がオススメ!

電子書籍では手軽に『ものの語り』が読めます。

スマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めてとてもオススメ。

『もののがたり』最新刊情報

『もののがたり』第15巻

**2023年1月19日発売**
【あらすじ】常世と現世を繋ぐもの――“付喪神”。付喪神に奪われた青年・兵馬と付喪神を愛する少女・ぼたん。絆を深める二人の縁を引き裂くのは常世の奥底に生まれし存在“藁座廻”。門守の符術“鬼来迎”により召喚された、雅楽寮と八衢黒檀、そして挂の活躍により唐傘勢力を撃破していく塞眼たち。そして、婚礼調度は因縁の敵・時雨との最後の戦いを開始する――!! 絆と恋の付喪ノ語り、激闘必至の第十五巻。


✨✨第15巻見どころ紹介はこちら✨✨

【前後話レビュー感想】

【同誌他作品レビュー感想】

『もののがたり』レビュー一覧

[smartslider3 slider=35]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です