LINEで送る
Pocket

【ノー・ガンズ・ライフ】第63話「開封」レビュー感想

『ノー・ガンズ・ライフ』を電子書籍で読む!

\『ノー・ガンズ・ライフ』最新刊を読む!!/

ebookjapanなら無料で試し読みできます


『ノー・ガンズ・ライフ』第63話感想

『ノー・ガンズ・ライフ』第63話「開封」レビュー感想です。

〜前話までの一言あらすじ〜

セブンによる”高高度飛行型拡張者”撃墜を阻止するためにベリューレン施設に乗り込んだ十三。十三とセブン、再びGSUユニット同士の戦いが始まる。一方その頃、セブンを持て余し、かつAHシリーズも役に立たないことを受けてベリューレン首脳陣はハルモニエ事業の見直しを検討していた。ハルモニエ推進派のオネストCOOは事態収束のために荒吐総一郎を受け継ぐ器「荒吐水素」の「開封」を求める。

AHシリーズ始まりの存在「荒吐水素」が登場しました。この人物がどうも”ある人物”と似ているように思えてしょうがないのですが…。

はたして「荒吐水素」とはどんな人物なのか…。

『ノー・ガンズ・ライフ』第63話「開封」レビュー感想です。

*『ノー・ガンズ・ライフ』第63話「開封」は『ウルトラジャンプ』2020年2月号に掲載です。

\こちらから読めます!!/

『ノー・ガンズ・ライフ』 レビュー一覧はこちら

【最新話レビュー感想もチェック!!】


↓↓最新話レビュー↓↓

Slider

*レビューリンクは記事終わりにもあります。

*前後話レビューリンクは記事最下部にあります。

国防局情報部からの使者メレル・ダッチ。

スカーレットの実の父が降下してきたことで、ゴズリング父娘の関係性にも変化が強いられてしまいましたねぇ。

いや、シルバが悪いわけじゃないんだけどね。ただこの父娘の関係好きだったんだよなぁ。この件であまり悪くはならないでくれるといいですね。

『ノー・ガンズ・ライフ』第63話「開封」より引用

ただ、どうにも裏があるような…。というか、アンドレアスに裏の顔があるような雰囲気なのが心配です。親娘関係が崩れない程度の秘密ならいいんだけどなぁ。

ただ話ぶりからすると、シルバの軍行き及び拡張手術にも彼が一枚噛んでいるような雰囲気ですよね。なんというか一介の散髪屋…の範疇ではないような。

そもそも、シルバが軍に行った背景は素行の悪さだけではない、裏の事情があったのだろうか。

…というか、シルバ…敵の新手にあっさり撃墜されちゃいましたよね。どうなるんだよ。あれ、本当に撃墜されちゃったのかな。

AHシリーズの最初「荒吐水素」!!

もう一つ、今回の話で新たな展開として、AHシリーズの始まりであるらしい「荒吐水素」の存在が明かされましたね。

“荒吐総一郎を受け継ぐ器”

と言われていますが、一体…。そもそも総一朗の実態が掴めないんですよねぇ。やっぱり総一朗という”人間”は死んでいるのかな?

総一朗の名が上がる際に描かれる巨大な脳のようなものは、ハルモニエ「原盤」の適合者だった彼の生体データを保存するもなのかね。それともあれ自体が総一朗で生きてるのかな。

『ノー・ガンズ・ライフ』第63話「開封」より引用

どうやら、彼を「解放」させることが硫黄の真の目的だったようですが…。オネストCOOは硫黄に手玉に取られたのかな?それともオネストと硫黄はつながっているのかな?

なんとなく、「根」のメンバーの前での立ち回りの下手さが、わざとらしい感じもするので、後者の可能性の方が高いかな。

ともかく、鉄朗に匹敵するGSUを制御することが可能なハルモニエをもち、AHシリーズの初号機であると思われる「荒吐水素」。果たしてどんな人物で、どんな役割を果たしているのか…気になりますねぇ。

もしかすると、鉄朗の試験体だったとかでしょうか。というか、個人的には”ある人物”なのではないかと

セブンは囮!!?荒吐水素ともう一つのGSU!!

十三とセブンの戦いはやはりアツイですね!!十三がセブンの依頼を突き返す場面とかかっこよすぎです。渋いわぁ、十三。

セブンも完全に自我がなくなったわけではなかったのは安心でした。

それにしてもまさか、セブンを囮にべつのGSUを出してくるとは…。水素はセブンをハッキングするために「開封」されたのだとばかり思ってました。

ただこれでセブンはベリューレンに見切られたというわけですよね…。次の敵は水素?セブンと十三の共闘するのかな??

それとも、シルバが落とされてしまったのでこれ以上の戦闘行為はない感じかね。まあ、展開としては十三とセブンが共闘したらアツいけど…。

『ノー・ガンズ・ライフ』第63話「開封」より引用

ところで…。

シルバを撃ち落とした「荒吐水素」って、十三のもと相方ハント・ゲレングと雰囲気が似ているような気がしませんか…。ハットとか…。GSUの傍に控えている感じとか、完全に”射手”のそれですよね。

それに、あのGSUって十三のやつじゃ…。

いや、これ荒吐水素=ハント・ゲレングで確定じゃないの??

となると、ハント・ゲレングに瓜二つの硫黄はなんなのってことになりますけど…。硫黄は水素のクローンだったりするのかな。

ひとつ気になるのは「荒吐水素」に関して言われていた「定着」という言葉ですね…。荒吐総一朗と関係ある話かね?

それにしても、なんとなくオネストCOOになんらかの裏の思惑があるような気がしてきましたね。はたしてどういう風な展開になっていくのか…。

『ノー・ガンズ・ライフ』第63話「開封」は『ウルトラジャンプ』2020年2月号収録です。

電子書籍ならお手軽に楽しめます。ebookjapanなら週末クーポン他で15%引きなど、とてもお得です!

倉庫編クライマックス収録、最新単行本第9巻も好評発売中です!!

【最新話レビュー感想もチェック!!】

>>最新話レビュー感想<<

>>単行本最新刊レビュー感想<<

*前後話レビューリンクは記事最下部にあります。

『ノー・ガンズ・ライフ』を読むならスマホでebookjapanがオススメ!

ebookjapanでは電子書籍で手軽に『ノー・ガンズ・ライフ』が読めます。

スマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めてとてもオススメ。

さらにebookjapanでは冒頭20ページほど(ページ数は作品による)が無料で読める”試し読み”サービスがあるのが嬉しいところ!!

『ノー・ガンズ・ライフ』を電子書籍で読む!

『ノー・ガンズ・ライフ』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりもします。

さらに週末クーポン(週末15%オフ)など、様々なクーポンで漫画をお得に購入できます。

『ノー・ガンズ・ライフ』を電子書籍で読む!

【前後話レビュー感想】

https://manga.gyuujaku.com/no_gun_life/no-gun-life-s64/

【今月の同誌他作品レビュー感想】

『ノー・ガンズ・ライフ』レビュー一覧

第61話『再誕」感想
第60話「解放」感想
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider