プランダラ
『プランダラ』第53話「後悔」

道安が…。道安が…。マジで最高すぎるんだって!!胸熱すぎる”閃撃”と”重撃”の共闘!!

『プランダラ』まとめ

-7人の伝説の撃墜王たち-

『プランダラ』第52話 「天使」

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『プランダラ』第51話 「迎撃」

ペレ軍曹、幸せになりやがって…。撃墜王としての覚悟!!新型撃墜王たちの能力!!

『プランダラ』第50話 「唯一人」

ゲシュペンスの真の裏切りとリヒトーのバロット!!ペレ軍曹とリィン曹長。

『プランダラ』第49話「裏切り」

中隊ゲフェングニス登場!!ゲシュペンスの真の裏切り!!?

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

『プランダラ』著:水無月すう

>>『プランダラ』第13巻無料で試し読み!!

『プランダラ』レビューリンク

7人の伝説の撃墜王。

『プランダラ』には“伝説の撃墜王”と呼ばれる7人の英雄が登場します。

“白く輝く星をつけ 撃滅せしめた敵の数をその刀身に刻み 人知を超えた力を発揮する”と語り継がれる300年前の廃棄戦争の英雄”撃墜王”。

廃棄戦争を終結させた後、その姿を消したと言われていた撃墜王たちでしたが…。リヒトーを始め、ほとんどすべての撃墜王が300年経った後も当時の姿を保ったまま生存しています。

撃墜王とは“シュメルマンの遺伝子”を取り込むことで、バロットを介することなく議会(アルシング)の力を引き出すことが可能になった人間

この力によってバロットと同期、カウントを掛け合わせるように増幅させて凡百のバロット・ホルダーとは一線を画する絶大な力を行使するのです。

そして撃墜王たちは「後悔」をきっかけに老化を止めます。

それぞれに「後悔」を背負った撃墜王たちが、300年の時を経てアルシアの現状を覆すために立ち上がったリヒトーの元に再び集い始めます。

本記事では、物語の鍵になるこの7人の撃墜王たちについて、その能力やカウント、性格などをまとめていきます。(徐々に)

“閃撃”の撃墜王 リヒトー・バッハ

“閃撃の撃墜王”リヒトー・バッハ
  • カウント:“仲間の代わりに敵を殺した数”
  • カウント数:300000
  • 能力:音速を超える速力
  • バロット:身の丈ほどもある大太刀
  • 身分:アルシア王立軍特務上級大将(現在)

廃棄戦争の英雄にして”最強”の撃墜王

閃光を生むほどの目にも止まらない速さで動くことが可能で、音速を超える加速を刀に乗せた”閃撃”を放つ。ちなみにその踏み込みはただ歩くだけでも衝撃波を生む。この世界で閃撃の撃墜王よりも速い人間などいないと言われており、唯一シュメルマンの化け物じみた反応速度を超えられる人間だとペレ(後述”心撃の撃墜王”)に見込まれている。

“閃撃”

バロットは身丈をもこえる長刀。当初使っていた代用バロットのカウントは5700だったが、廃棄戦争を戦い抜いた本来のバロットのカウントは30万。ただしリヒトーの場合はバロットの認証前から”閃撃”を使用しており、バロットはあくまで力の増幅器のような役割である可能性もある

つまり、”閃撃”はバロットホルダーがバロットによって得る特殊能力というよりは、むしろシュメルマンの氷撃に近い能力なのかもしれない。

非常に優しい性格の持ち主で「殺さない軍隊」を理想としてAクラスを率いていた。しかし後に実際の戦争の厳しさを体験し、みんなに人殺しをさせないために”自分がみんなの代わりに敵を殺す”ことを決意。仮面をつけて戦場に赴き数十万の敵を殺し、徐々に”シュメルマンの殺意”に呑まれていった。

陽菜たちと出会い、再び「殺さない軍隊」を目指すと決意して以降は仮面を外している。後にAクラスのクローンとの交戦Aクラスの仲間の死を受け入れ、彼らとの別れを決意した。

“閃撃の撃墜王”リヒトー・バッハ

正式な撃墜王手術の初めての被験者かつ成功例。他の撃墜王よりもはるかに多い”シュメルマンの遺伝子”を取り込んでおり、シュメルマンを彷彿させる白髪や肉体の成長など他の撃墜王には見られない外見的変化も現れている。ちなみに殺意に呑まれかけたリヒトーの左目には001という数字が浮き出てる(何を意味するかは不明だがおそらくはシリアルナンバー)。

実はシュメルマン=バッハの養子となっており、その際に名前を坂井離人からリヒトー=バッハに改名している。元は孤児で、後述の”瞬撃の撃墜王”坂井時風の祖母に引き取られて育てられたが、祖母から”父親は自分で決めなさい”と言われていたことからシュメルマン=バッハを父と呼ぶことになる…ので肉体的にも精神的にも親子になったと言えなくもない。。

“シュメルマンの遺伝子”が多い分、議会(アルシング)の力もより強く引き出すことが可能だが、当然力を引き出しすぎると”シュメルマンの殺意”に支配されてしまう。

現在”シュメルマンの殺意”に支配されない上限は5倍までで、本来のバロットを使うことでカウント150万の圧倒的な力を発揮する。

リンデンにて”追撃の撃墜王”園原と戦った際は、カウント(代用バロットではあったが)を10倍に引き上げ圧倒するも、ほぼ完全に”シュメルマンの殺意”に飲み込まれていた。

廃棄戦争終盤は完全に”シュメルマンの殺意”に呑まれた上で、薬漬けにされて戦わされていたことを考えると…。当時は10倍以上、つまりカウント300万以上のもはや化け物としか言いようのない圧倒的な力で戦場を蹂躙していたと考えられる

“瞬撃”の撃墜王 坂井時風

“瞬撃”の撃墜王 坂井時風
  • カウント:“愛するものを斬った数”
  • カウント数:507025
  • 能力:空間すら切断する剣速
  • バロット:刀(銘は陽菜)
  • 身分:アビスの王(元アルシア王立軍少佐)

〜作成中〜

“重撃”の撃墜王 道安武虎

“重撃の撃墜王”道安武虎
  • カウント:“屈服させた数”
  • カウント数:122546
  • 能力:重力
  • バロット:不明
  • 身分:アルシア王立軍特務少将

〜作成中〜

“追撃”の撃墜王 園原水花

  • カウント:“固執”
  • カウント数:16000
  • 能力:対象をどこまでも追尾する銃弾
  • バロット:ウィング付き手甲(?)
  • 身分:アルシア王立軍少佐

〜作成中〜

“爆撃”の撃墜王 アレクサンドロ=グレゴリーヴィッチ

“爆撃”の撃墜王 アレクサンドロ=グレゴリーヴィッチ
  • カウント:不明
  • カウント数:280000
  • 能力:炎
  • バロット:指輪
  • 身分:アルシア王立軍特務上級大将・総司令

〜作成中〜

“識撃”の撃墜王 ナナ=バスーラ

“識撃”の撃墜王 ナナ
  • カウント:不明
  • カウント数:7
  • 能力:タイムトラベル(回数制限付き)
  • バロット:不明
  • 身分:移動酒場の店主(アルシア王立軍少佐)

〜作成中〜

“心撃”の撃墜王 ゲシュペンス=ゼレーゲン

“心撃”の撃墜王 ゲシュペンス=ゼレーゲン
  • カウント:”人を疑った数”
  • カウント数:不明
  • 能力:相手の心を読む
  • バロット:不明
  • 身分:アルシア王立軍特務上級大将

〜作成中〜


『プランダラ』を無料で読んでみよう!

>>『プランダラ』無料で試し読み!!

ebookJapanでは『プランダラ』全巻冒頭試し読みができます!!

>>イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

最新レビュー10記事

ここまでやっちゃっていいの!!?一般向けとは思えないほどの過激なファンタジー系漫画おすすめ作品を紹介してみる!!
『この音とまれ』#82「ブルーモーメント」

ちゃんと向き合う前に僕たちのこと切り捨てないでほしい

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第十七幕「闘姿」

戦闘狂の狂気!!凍座白也は精神の平衡を喪失している…。

『恋する寄生虫』第11話

暗転していく状況。寄生虫の存在と宿主の死の関係は…??

『あらくさ忍法帖』第1巻

-美人くノ一が”てっぽう”伝来と”キリステ教”から”江呂”の街を守る!!?ちょっと過激すぎる”くノ一コメディ”開幕!!-

『MIX』第15巻感想。

上杉達也と浅倉南がついに登場か!!?明青学園紅白戦決着!!ついに2年目の夏が到来する!!

過激すぎる一般誌の漫画オススメ5選!!

一線は超えないけれど、過激すぎる!!

『やんちゃギャルの安城さん』第4巻感想。

安城さんが殊勝になる??健気すぎる安城さんは瀬戸くんのことをもっと知りたい。。

『プランダラ』第53話「天使」 感想

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『ライセカミカ』028 感想

天上界連合議長登場!!ライセに新たな密命か??新展開突入の予感!!そして…指環に愛が…拒まれた!??

『武装少女マキャベリズム』第54話

“五剣筆頭”鬼瓦輪の貫禄!!愛地共生学園の巻き返しが始まる!?

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider