LINEで送る
Pocket

『プランダラ』最新刊を読む!!

『プランダラ』最新刊を読む!!

ebookjapanなら無料で試し読みできます!!


>> 最新話レビュー<<

>> 最新単行本レビュー<<

>> 最新まとめ・考察<<

7人の伝説の撃墜王。

『プランダラ』には“伝説の撃墜王”と呼ばれる7人の英雄が登場します。

“白く輝く星をつけ 撃滅せしめた敵の数をその刀身に刻み 人知を超えた力を発揮する”と語り継がれる300年前の廃棄戦争の英雄”撃墜王”。

廃棄戦争を終結させた後、その姿を消したと言われていた撃墜王たちでしたが…。リヒトーを始め、ほとんどすべての撃墜王が300年経った後も当時の姿を保ったまま生存しています。

撃墜王とは“シュメルマンの遺伝子”を取り込むことで、バロットを介することなく議会(アルシング)の力を引き出すことが可能になった人間

この力によってバロットと同期、カウントを掛け合わせるように増幅させて凡百のバロット・ホルダーとは一線を画する絶大な力を行使するのです。

そして撃墜王たちは「後悔」をきっかけに老化を止めます。

それぞれに「後悔」を背負った撃墜王たちが、300年の時を経てアルシアの現状を覆すために立ち上がったリヒトーの元に再び集い始めます。

本記事では、物語の鍵になるこの7人の撃墜王たちについて、その能力やカウント、性格などをまとめていきます。(徐々に)

“閃撃”の撃墜王 リヒトー・バッハ

“閃撃の撃墜王”リヒトー・バッハ
  • カウント:“仲間の代わりに敵を殺した数”
  • カウント数:300000
  • 能力:音速を超える速力
  • バロット:身の丈ほどもある大太刀
  • 身分:アルシア王立軍特務上級大将(現在)
  • シリアルナンバー:001

廃棄戦争の英雄にして”最強”の撃墜王

自らを「略奪者(プランダラ)」と名乗り、アルシアの全てを奪うため、たった一人でアルシア全軍を敵に回して戦いを挑む。

閃光を生むほどの目にも止まらない速さで動くことが可能で、音速を超える加速を刀に乗せた”閃撃”を放つ。その踏み込みはただ歩くだけでも衝撃波を生む。

カウントは「仲間の代わりに敵を殺した数」。

“閃撃”

バロットは身の丈を超えるほどの長刀。当初使っていた代用のバロットのカウントは5700だったが、廃棄戦争を戦い抜いた本来のバロットは30万という圧倒的なカウント数を誇る。

ただしリヒトーの場合はバロットの認証前から”閃撃”を使用しており、バロットはあくまで力の増幅器のような役割である可能性もある

正式な撃墜王手術の初めての被験者かつ成功例。他の撃墜王よりもはるかに多い”シュメルマンの遺伝子”を取り込んでおり、より強く議会(アルシング)の力を引き出せる。

本来は非常に優しい性格で「殺さない軍隊」を目指していたが…。

さらに詳しい内容は個別の記事でどうぞ。


“瞬撃”の撃墜王 坂井時風

“瞬撃”の撃墜王 坂井時風
  • カウント:“愛するものを斬った数”
  • カウント数:507025
  • 能力:空間すら切断する剣速
  • バロット:刀(銘は陽菜)
  • 身分:アビスの王(元アルシア王立軍少佐)
  • シリアルナンバー:002

愛するものを切り続けた悲しき孤独の王。

廃棄戦争の終盤でリヒトーの手にかかり死亡したと思われていたが、のちにアビスにて命を取り留めていたことが明らかになる。

300年の時を経て、復讐の鬼「アビスの王」としてアビスからの搾取の上に成り立つアルシアに対し、その全てを奪うために戦いを挑む

空間を切断するほどの超高速の斬撃”瞬撃”を放つ。カウントは「愛する者を斬った数」

バロットは「陽菜」という銘の日本刀で、その銘からわかる通り陽菜=ファロウとは実の父娘

アビスでは子供が乳離れしたら親は自ら命を絶つという決まりができており、時風は自ら命を絶つ恐怖に耐えられない者たちの頼みで、彼らを苦しむことなく殺してあげる役割も担い続けてきた。

自分のことを「お父さん」と呼び、その成長を見守り続けてきた「子供たち」を、苦しみながらも自ら手にかけ続けたその数は50万を越える

リヒトー同様、人の幸せのためなら自分を犠牲にしてしまう心優しい人物だが、アビスとアルシアの両方を救うことはできないと判断し…。

さらに詳しい内容は個別の記事でどうぞ。

“重撃”の撃墜王 道安武虎

“重撃の撃墜王”道安武虎
  • カウント:“屈服させた数”
  • カウント数:122546
  • 能力:重力
  • バロット:不明
  • 身分:アルシア王立軍特務少将
  • シリアルナンバー:003

〜作成中〜

“追撃”の撃墜王 園原水花

  • カウント:“固執”
  • カウント数:16000
  • 能力:対象をどこまでも追尾する銃弾
  • バロット:ウィング付き手甲(?)
  • 身分:アルシア王立軍少佐

〜作成中〜

“爆撃”の撃墜王 アレクサンドロ=グレゴリーヴィッチ

“爆撃”の撃墜王 アレクサンドロ=グレゴリーヴィッチ
  • カウント:不明
  • カウント数:280000
  • 能力:炎
  • バロット:指輪
  • 身分:アルシア王立軍特務上級大将・総司令

〜作成中〜

“識撃”の撃墜王 ナナ=バスーラ

“識撃”の撃墜王 ナナ
  • カウント:不明
  • カウント数:7
  • 能力:タイムトラベル(回数制限付き)
  • バロット:不明
  • 身分:移動酒場の店主(アルシア王立軍少佐)

〜作成中〜

“心撃”の撃墜王 ゲシュペンス=ゼレーゲン

“心撃”の撃墜王 ゲシュペンス=ゼレーゲン
  • カウント:”人を疑った数”
  • カウント数:不明
  • 能力:相手の心を読む
  • バロット:不明
  • 身分:アルシア王立軍特務上級大将

〜作成中〜


『プランダラ』を読むなら電子書籍のebookjapanがオススメ!

『プランダラ』は美麗かつ大迫力の見開き絵を多用して、強いインパクトを与えつつ劇的に場面展開をしていくのが魅力の作品です。

ただ、これが紙媒体だと頁と頁の間のずれなどで、悲しいかなどうしても感動が半減してしまいまって…。どうにかこういうのがもっと綺麗に一枚絵として堪能できないものか…と思っていたのですが。

電子書籍なら、一枚絵は一枚絵で、美麗な画像をより高画質で読むことができます。正直、電子書籍は本当に画像が綺麗で感動します。しかもPCなら紙媒体よりも大きなサイズでも画質を落とすことなく大迫力で楽しめるのも良いところです。

ebookjapanではスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めますし、購入もその場ですぐなのでとても便利です。

さらに無料で”試し読み”ができるのも嬉しいところで、『プランダラ』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりする作品もあります。

『プランダラ』最新刊を読む!!

『プランダラ』最新刊を読む!!

>>プランダラ 最新話レビュー<<

>>プランダラ 最新まとめ・考察<<

『プランダラ』レビュー記事

『プランダラ』第55話「我慢」

【ジェイルの決意!!】ナナの選択は…

『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

『プランダラ』まとめ

-危険すぎる中隊ゲフェングニス-

プランダラ
『プランダラ』第53話「後悔」

道安が…。道安が…。マジで最高すぎるんだって!!胸熱すぎる”閃撃”と”重撃”の共闘!!

『プランダラ』まとめ

-7人の伝説の撃墜王たち-

『プランダラ』第52話 「天使」

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『プランダラ』第51話 「迎撃」

ペレ軍曹、幸せになりやがって…。撃墜王としての覚悟!!新型撃墜王たちの能力!!

『プランダラ』第50話 「唯一人」

ゲシュペンスの真の裏切りとリヒトーのバロット!!ペレ軍曹とリィン曹長。

『プランダラ』第49話「裏切り」

中隊ゲフェングニス登場!!ゲシュペンスの真の裏切り!!?

『プランダラ』第27話「選民」

「アルシア」の真実。リヒトーの背負う十字架、撃墜王殺し。。

『プランダラ』第26話「ボクのカウントは」

リヒトーの悲しい決意…。ひとりにはさせない!!

『プランダラ』第25話「閃撃の撃墜王」

人智を超えた力。閃光の一撃。。

『プランダラ』第20話「ラブレター」

ナナからリヒトーへの手紙。「撃墜王」の真実。。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider