『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第十八幕「凍座 猛攻」

三強が一人!!元新撰組2番隊組長永倉新八でる!!

『鬼滅の刃』第172話「弱者の可能性」

玄弥の覚悟!!弱者にこそ戦況を変える一番の可能性が秘められている!!

『チェンソーマン』第36話「日本刀 VS チェンソー」

キレッキレの夢の対決!!ついに死闘開始「チェンソーの悪魔」と「刀の悪魔」!!

『ONE PIECE』第953話「一度狐」

ロロノア・ゾロと大名家「霜月」の関係!!?伝説の名刀「閻魔」!!

『ダリフラ』第50話

ヒロに聴こえる耳鳴り。人間になりたい叫竜の娘ゼロツー。

『落日のパトス』第58話「ホントにそんなチャラ男だったの?」

新アシスタント登場!!真先生と波乱の予感!?

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

ここまでやっちゃっていいの!!?一般向けとは思えないほどの過激なファンタジー系漫画おすすめ作品を紹介してみる!!
『この音とまれ』#82「ブルーモーメント」

ちゃんと向き合う前に僕たちのこと切り捨てないでほしい

『恋する寄生虫』第11話

暗転していく状況。寄生虫の存在と宿主の死の関係は…??

『あらくさ忍法帖』第1巻

-美人くノ一が”てっぽう”伝来と”キリステ教”から”江呂”の街を守る!!?ちょっと過激すぎる”くノ一コメディ”開幕!!-

『MIX』第15巻感想。

上杉達也と浅倉南がついに登場か!!?明青学園紅白戦決着!!ついに2年目の夏が到来する!!

過激すぎる一般誌の漫画オススメ5選!!

一線は超えないけれど、過激すぎる!!

『やんちゃギャルの安城さん』第4巻感想。

安城さんが殊勝になる??健気すぎる安城さんは瀬戸くんのことをもっと知りたい。。

『プランダラ』第53話「天使」 感想

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『ライセカミカ』028 感想

天上界連合議長登場!!ライセに新たな密命か??新展開突入の予感!!そして…指環に愛が…拒まれた!??

『武装少女マキャベリズム』第54話

“五剣筆頭”鬼瓦輪の貫禄!!愛地共生学園の巻き返しが始まる!?

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

『プランダラ』著:水無月すう

『プランダラ』第6巻無料で試し読み!!

『プランダラ』レビューリンク

第25話「閃撃の撃墜王」感想

遂にリヒトーが「閃撃」の撃墜王として目覚めました。

その人智を超えた力で、無双を誇ります。

結末からすると、絶対に悲劇しか待っていないはずの過去編がまさかのものすごくいい雰囲気で盛り上がります。

残念ながら、最後はなにやら不穏な感じで終わりますが…。

それでは第25話「閃撃の撃墜王」のネタバレ感想です。

未読の方はご注意ください。

「ウサギ」と「カメ」

シュメルマン曰く、今までリヒトーは時風や道安といった「ウサギ」と比べれば「カメ」でした。

しかし…

” 今やー 君以外の全人類がカメになったということをー “

そしてバロットの複製品である太刀を授けられます。

リヒトーとバロット

バロットはリヒトーの力を増幅してくれるそうです。

しかし、そのためには何を“枷”にするかを決め、カウントを刻む必要があります。

シュメルマンの言った”枷”という言葉が印象的ですね。

” これまで人類が認識していた強さなど 全て無力 “

” もはや未来永劫 誰も… 君を捕らえることなどできないのだから “

閃撃の撃墜王・リヒトー=バッハ

ところで手術直後、シュメルマンは既にリヒトーの力を理解していました。

これはリヒトーの得た力がシュメルマンの持つ力と同じものだからだと考えていいのでしょうか。

一見、リヒトーの得た力は“圧倒的な身体能力”で、シュメルマンのそれとは違うように見えるのですが、シュメルマンも普段抑えているだけで、同じ力を持っているのでしょうか。

だとすれば、おそらく自然に「議会」と同期し、それによって身体能力などが飛躍的に向上していると考えられます。

つまり、この力は、いわば「撃墜王」(というより「魔法使い」?)の基本能力とも解釈できてしまいます。

そうすると、同じようにシュメルマンのDNAを取り込んだ他の「撃墜王」たちも同じ力を持っているはずですが、リヒトーはこの力で「閃撃」の二つ名を得ているですよね。もちろん最初(ナナを除いて)の撃墜王だったからかもしれませんが…。

ただ、これまでのシュメルマンの言動や、今のところ唯一外見に変化が出ていることなどからリヒトーは特別製とも考えられます。

シュメルマンと絵本

さて、現代と過去とで全く受ける印象の違うシュメルマンですが、今回の話で少し思ったことがあります。

「撃墜王の手術」は移植される側よりもシュメルマンに負担がかかるものです。

その術後直後にもかかわらず、不調をおしてシュメルマンは生徒たちのために動きます。

“早く…! 子供たちが危ない”

一方、その様子を冷やかに見つめるフィランダ。

どうもシュメルマンの生徒たちを慮る気持ちは本物のようです。

だとすれば、300年の間にシュメルマンの心に何らかの大きな変化が生じたと考えることができます。

ちなみに過去編のシュメルマンは基本的には目を閉じていますが、現代のシュメルマンは普段から目を開けています。

個人的には、その変化にフィレンダが絡んでいる気がしてなりません。

今回の冷たい眼差しにしろ、時折見せる表情にしろ、フィレンダに裏があることはほぼ確定でしょう。

ちなみにシュメルマンの変化としては、リヒトーが「シュメルマンの殺意」に支配されてしまったように、自身の「殺意」に支配されてしまったのではないかと考えています。

そして、今回もまた登場した『ウサギとカメ』の絵本

シュメルマンの絵本「ウサギとカメ」

この絵本が物語の鍵を握ることは確実なのですが…

この内容は現代でシュメルマンが子供たちに読み聞かせていたものと同じ内容なのか…。

少なくとも表紙は同じ絵なのですが…。

「閃撃」の撃墜王

シュメルマンの力を手に入れたリヒトーは仲間たちを助けに戦場に出ます。

そのあまりに人智を超えた身体能力は、銃撃さえも止まって見えるほどで、無数の弾丸を全て指先で方向をそらすことすら可能です。

そして、自身の能力をある程度把握したところで、服をはがれた一ノ瀬さんたちの姿がリヒトーの目に止まります。

気丈に振る舞うも、ついに涙する一ノ瀬さんの姿を見て、激昂するリヒトー。

リヒトーの左目に宿る殺意

この時の左目が印象的です。

この時のリヒトーは我を忘れるまでには至ってはいないはずなのですが、左目はかなり凶悪な感じになっています。

これはリヒトーの怒りにシュメルマンの「殺意」が同調していることを暗示しているのでしょうか?

ともかく、この紫電(?)の走った左目は、園原との戦いの際の左目を想起させます。

©『プランダラ』水無月すう 第3巻より引用

この時左目に浮かんだ「001」という数字が未だに明かされないのですが、一体なんなのでしょう。

少なくともこの世界で数字である以上、かなり重要な意味合いを持つものだと思うのですが…

単なる「撃墜王」としてのシリアルナンバーかな?表記からしてカウントではなさそうですよね。

ただ、園原との戦いの時は、以降ずっと仮面の下で左目が発光していましたよね。

やはり左目がリヒトーの「怒り」、あるいは「殺意」に関係していることは間違いなさそうです。

さて、リヒトーの圧倒的なまでの速さは、動きが閃光として見えるほどです。

その戦い様を見て、クラスメートたちがリヒトーのことを「閃撃の撃墜王」と名付けます。

それにしてもなんというか、クラスメート達、一転して余裕ありすぎでしょう。ちょっと笑いました。

勝利ムードのAクラスの皆さん

攻撃が閃光のような一撃だから「閃撃」。

ただこの時点で、リヒトーはまだバロットの認証を行っていません

つまり、「閃撃」はバロットの能力ではなく、あくまでリヒトー自身の能力ということになりますよね。

ちなみに上述の通り、この身体能力の向上が「撃墜王」の基本能力(標準装備)なのだとすれば、言ってしまえば「撃墜王」全員が「閃撃」を打てることになってしまいますよね。

この時点では、リヒトー以外の「撃墜王」は存在していなかった(ナナの存在はまだ知られていない)から、単純に「閃撃」と名付けたのかもしれませんが、実際のところはどうだったのでしょうか?

リヒトーのこの能力はリヒトーの固有の能力だったのか、それともやはり全撃墜王に共通のものだったのか?

そして、リヒトーのバロットの能力は一体なんなのでしょうか?

ちなみに、今のところ他に登場している「識撃」「追撃」の撃墜王の二つ名はともにその固有の能力からついたものだと考えられます。そして、その固有能力は共にバロットの能力です。

う〜ん、いろいろと疑問が尽きないところですね。

「殺さない軍隊」始動!!?

圧倒的な力で相手を制圧したリヒトー。

これから迫る「殺さない軍隊」として人相手ではなく「殺し合い」「戦争」との戦いを見据えます。

” ボクたちの殺さない軍隊はー 今日…始まったのだからー “

Aクラスのみんなが見捨てられて、リヒトーが仮面を外さなくなるバッドエンドが控えているとは思えないほど素敵な雰囲気になってますね。なんだか和気藹々アットホームな青春真っ只中な展開ですよ??

「みんながいるから」とか、どこの青春学園漫画ですか笑笑

もしかして、陽菜たちが来たことで、「殺さない軍隊」が成功する方向に歴史が動き始めているのでしょうか?

ちなみに、リヒトーはどうやら一ノ瀬さんのことが気になっている…のかな。過去編のヒロインはやはり一ノ瀬さんだったか。。

そして、さらにちなみに…道安武虎がジェイルに肩を借りてました。

まあ、今回は道安も頑張ったしな。。

ただ、残念ながら完全なハッピーエンドでは終わりません。

” もう一つお前らに… 経験させてやる…! “

次号、もう一悶着必至!!?

『プランダラ』を無料で読むなら…

>>『プランダラ』無料で試し読み!!

ebookJapanでは『プランダラ』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

>>イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

『プランダラ』レビュー記事

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

『プランダラ』まとめ

-危険すぎる中隊ゲフェングニス-

プランダラ
『プランダラ』第53話「後悔」

道安が…。道安が…。マジで最高すぎるんだって!!胸熱すぎる”閃撃”と”重撃”の共闘!!

『プランダラ』まとめ

-7人の伝説の撃墜王たち-

『プランダラ』第52話 「天使」

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『プランダラ』第51話 「迎撃」

ペレ軍曹、幸せになりやがって…。撃墜王としての覚悟!!新型撃墜王たちの能力!!

『プランダラ』第50話 「唯一人」

ゲシュペンスの真の裏切りとリヒトーのバロット!!ペレ軍曹とリィン曹長。

『プランダラ』第49話「裏切り」

中隊ゲフェングニス登場!!ゲシュペンスの真の裏切り!!?

『プランダラ』第27話「選民」

「アルシア」の真実。リヒトーの背負う十字架、撃墜王殺し。。

『プランダラ』第26話「ボクのカウントは」

リヒトーの悲しい決意…。ひとりにはさせない!!

『プランダラ』第25話「閃撃の撃墜王」

人智を超えた力。閃光の一撃。。

『プランダラ』第20話「ラブレター」

ナナからリヒトーへの手紙。「撃墜王」の真実。。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider