『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

『プランダラ』まとめ

-危険すぎる中隊ゲフェングニス-

プランダラ
『プランダラ』第53話「後悔」

道安が…。道安が…。マジで最高すぎるんだって!!胸熱すぎる”閃撃”と”重撃”の共闘!!

『プランダラ』まとめ

-7人の伝説の撃墜王たち-

『プランダラ』第52話 「天使」

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『プランダラ』第51話 「迎撃」

ペレ軍曹、幸せになりやがって…。撃墜王としての覚悟!!新型撃墜王たちの能力!!

『プランダラ』第50話 「唯一人」

ゲシュペンスの真の裏切りとリヒトーのバロット!!ペレ軍曹とリィン曹長。

『プランダラ』第49話「裏切り」

中隊ゲフェングニス登場!!ゲシュペンスの真の裏切り!!?

『プランダラ』第27話「選民」

「アルシア」の真実。リヒトーの背負う十字架、撃墜王殺し。。

『プランダラ』第26話「ボクのカウントは」

リヒトーの悲しい決意…。ひとりにはさせない!!

『プランダラ』第25話「閃撃の撃墜王」

人智を超えた力。閃光の一撃。。

『プランダラ』第20話「ラブレター」

ナナからリヒトーへの手紙。「撃墜王」の真実。。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

『プランダラ』著:水無月すう

>>『プランダラ』第12巻無料で試し読み!!

『プランダラ』レビューリンク

『プランダラ』第50話「唯一人」あらすじ・感想

『プランダラ』第50話「唯一人」を読みました。

というわけで『プランダラ』第50話「唯一人」ネタバレ感想です!

今回は意外なペレ軍曹のお話でした。

とりあえず『プランダラ』第49話「裏切り」のおさらいと第50話「唯一人」のざっくりしたあらすじをまとめますと…

~49話「裏切り」のおさらい~

特務の魔の手からアビスの子供達を救ったのはジェイル=マードック率いる中隊ゲフェングニスだった。一方、「エンダ」にてリヒトー=バッハのバロットを手に取るゲシュペンスとその背後に迫るシュメルマン。そしてシュメルマンの口から発された意外な言葉。”キミが…裏切ったのは 我々だね”

~50話「唯一人」のあらすじ~

“リヒトーたちを裏切ったペレ軍曹こと最後の撃墜王ゲシュペンス特務上級大将。しかし、彼が本当に裏切ったのはシュメルマンだった!!?「追撃」の撃墜王園原水花と協力してリヒトーのバロットを奪還したゲシュペンスは、園原を逃す時間を稼ぐために一人シュメルマンと対峙する!!

と、いうのがざっくりしたあらすじです

シリアスパートの続く中、少しほっこりしたお話でしたね。

さて、ここからは、画バレ、ネタバレ込みで第50話「唯一人」の感想・考察をしていきたいと思います。

まだ、読んでない人は見ちゃダメだぞ!!

ゲシュペンスの裏切りとリヒトーのバロット。

ペレの行動は全て、リヒトーたちに機密情報の全てをばらし、さらにハーズ大尉(シュメルマン側の最重要拠点の警備情報を全てを把握する人物)の反逆を促すためだったのです。

たしかに、圧倒的優位に立った状況で、クローン撃墜王を呼び出したり、切り札である未来兵器を要する空軍を使ったのはやりすぎだったように思える(言われてみれば…)。読者に絶望感を与えるにはどちらも最高の演出でしたけどね。

“わざと… 離人たちにバラした…”

アランに国王暗殺の罪をなすりつけた黒幕もシュメルマンだったんですね。本当にシュメルマンに何があったんだ…。

ともあれ、ペレ軍曹こと「心撃」の撃墜王ゲシュペンス上級大将は、一度もリヒトーたち…というよりリィン曹長を裏切っていなかったわけですね。

しかし「心撃」の名に恥じない巧妙な作戦でバロットの元までたどり着いたペレでしたが、後一歩のところでシュメルマンに感づかれてしまいます。

“特務は… 負ける…”

伝説の撃墜王とはいえ、単体では眼中にもないシュメルマンですが、唯一バロットを取り戻した伝説の英雄の元に再び全ての撃墜王たちが集うことを恐れているのだそうです。。

そうなると…なぜこのバロットを保管しているのか不思議です。なぜならシュメルマンにとっては自分の首を絞めうる唯一のものですから、早々に廃棄すれば完全に安泰なわけです。

リヒトーのバロットは、たしかオリジナルバロットの初めての複製品でシュメルマンから直接に贈られたものでだったはず。その辺りに廃棄できなかった理由があるのかな??シュメルマンにとっても重要なものだとか??

そうだとしても、もっと厳重に管理することは可能だったはずですよね。腹心とはいえゲシュペンスが簡単に手に取れているのは不用意すぎる気が…(笑)

もう一つの裏切りとペレの決死の時間稼ぎ。

シュメルマンに裏切りを感づかれたペレでしたが、実はもう一つ伏線を張っていました。

なんと園原もまた従ったふりをしていただけだったのです!!

とはいえ、投薬自体は実際に行われていたわけで…。一応「信念教」ゆえに薬が効かなかったと説明されていますが、これはかなりの賭けですよ(笑)

さすがのシュメルマンといえども園原の裏切りまでは見抜けず、園原はリヒトーのバロットの持ち出しに成功するのです。

ペレは園原が逃げるまでの時間を稼ぐために、一人シュメルマンに対峙します。

命がけでシュメルマンを足止めするペレ軍曹

ペレ自身も一人でシュメルマンに勝てるなんて思ってもいないでしょうから、死を覚悟してのしんがりです。

結局は今回は命を拾うのですけれど、ここでペレが死んでしまっていたら全ての撃墜王が揃うことは無くなってしまうのですが…。

まあ、実際300年前からペレは唯一人別行動を取っていた人物ですからね。シュメルマンの想定の”全ての撃墜王”にもペレは含まれていませんでしたし…。

伝説の英雄の元に集う撃墜王たち

ね?いつもの構図からペレだけが除かれてるんです。

ただ命を捨てるつもりだったということはペレ自身もが”全ての撃墜王”の中に自分自身が入っているとは考えていなかったということですから…切ないですね。

「心撃」でも読めないシュメルマンの心。

ところで、シュメルマンの力は本当に圧倒的でして、伝説の撃墜王の一人であるペレをしても、手も足も出ないほどの強さを見せます。

しかもペレの「心撃」をもってしても、彼の心は読むことができません。

“心が二つ… あるみてぇだ…”

やはり、二重人格ということなのでしょうか。300年前と比べてあまりに豹変していますしね。

そういえばシュメルマンはリヒトーのことを離人と呼んでいますね。”リヒトー”の名はシュメルマンの子供となった証なので、子供を欲しがっていたかつてのシュメルマンであれば”離人”ではなく”リヒトー”と呼びそうなものですし…。やはり別人格かな??

母を殺した際に生まれた殺意の人格と、元々の優しい人格…かな。おそらく殺意の人格が議会(アルシング)と呼応しているのでしょうから、そちらの人格に支配されているということかな。

やはり、未だに現代編で登場しないフィレンダが鍵になるのかねぇ。

ペレ軍曹とリィン曹長。

300年間シュメルマンに従っていたペレ軍曹ことゲシュペンスが彼を裏切った理由はリィン曹長でした。

ゲシュペンスの過去はなかなかに苛烈なものだったらしい。

彼のカウントは“人を疑った数”です。

その上、「心撃」の力で人の心の闇も見えてしまうのですから、人を信じることなんてできないわけです。

そんな彼が300年で初めて信じることのできた人間がリィン曹長だったのです。

“惚れちまった….”

シュメルマンは自分に逆らう人間には容赦しません。

ゲシュペンスことペレ軍曹は初めて惚れたリィン曹長の笑顔を守るために、シュメルマンに牙をむいたのです。

ただ、シュメルマンの圧倒的な実力に敗れ、重傷を負ったペレは地表し投げ捨てられるのです。

リィンのことを想いながら死を覚悟して落下していくペレでしたが…。

落下するペレをリィンが受け止めるんですね。

“尻軽女で ごめん…!”

そして、二人の気持ちが通じる…と。

うん、いい話でした。

『プランダラ』第50話「唯一人」を読んでみた。

というわけで、『プランダラ』第50話「唯一人」を読んだ感想でした。

わかっていたことですがシュメルマンの力は圧倒的ですね。

バロットを取り戻したリヒトーであっても果たしてシュメルマンに対抗できるのだろうか。

そして「心撃」をもってしても読めないシュメルマンの心。そろそろ300年の間にシュメルマンに何が起きたか明かされるのかなぁ…。

とにかく、今回はペレが幸せをつかめてよかったね…ということで。。

『プランダラ』第50話「唯一人」は少年エース2019年6月号収録です。

ebookjapanでは電子書籍で読むことができます。

>>少年エース 2019年8月号

『プランダラ』を無料で読んでみよう!

>>『プランダラ』無料で試し読み!!

ebookJapanでは『プランダラ』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

>>イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

『プランダラ』レビュー記事

『チェンソーマン』第40話「花・恋・チェンソー」

デンジの恋!!?俺は俺のことが好きな人が好きだ。。

『鬼滅の刃』第176話「侍」

お前になりたかった。時を超えて伝わる心。

『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『キノの旅 the Beautiful World』

第二十九話「何かをするために・a -life goes on・a-」1/3
新章はキノと先代キノに関わる!??キノと師匠。危険な世界で生き残りたければ…。

『つぐもも』第123話「ダバダ対決」

ティルト、命をかけて呷る二杯目の八速酒。またまた…3度目の触手エロ!!?D復活!!ダバダ・D・ダバハール顕現!!

『あらくさ忍法帖』第7話

情報提供の見返りは体で…??イキまくりの手付金分!!(笑)

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第18廻「客船上のアリア」

圧倒的不利を覆す戒蔵の策!!”正直者がバカを見る”。

『武装少女マキャベリズム』第57(?)話

ノムラに訪れる天啓!!?激しさを増すそれぞれの戦場!!

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第十八幕「凍座 猛攻」

三強が一人!!元新撰組2番隊組長永倉新八でる!!

『ダリフラ』第50話

ヒロに聴こえる耳鳴り。人間になりたい叫竜の娘ゼロツー。

『落日のパトス』第58話「ホントにそんなチャラ男だったの?」

新アシスタント登場!!真先生と波乱の予感!?

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

ここまでやっちゃっていいの!!?一般向けとは思えないほどの過激なファンタジー系漫画おすすめ作品を紹介してみる!!
『この音とまれ』#82「ブルーモーメント」

ちゃんと向き合う前に僕たちのこと切り捨てないでほしい

『恋する寄生虫』第11話

暗転していく状況。寄生虫の存在と宿主の死の関係は…??

『あらくさ忍法帖』第1巻

-美人くノ一が”てっぽう”伝来と”キリステ教”から”江呂”の街を守る!!?ちょっと過激すぎる”くノ一コメディ”開幕!!-

『MIX』第15巻感想。

上杉達也と浅倉南がついに登場か!!?明青学園紅白戦決着!!ついに2年目の夏が到来する!!

過激すぎる一般誌の漫画オススメ5選!!

一線は超えないけれど、過激すぎる!!

『やんちゃギャルの安城さん』第4巻感想。

安城さんが殊勝になる??健気すぎる安城さんは瀬戸くんのことをもっと知りたい。。

『プランダラ』第53話「天使」 感想

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『ライセカミカ』028 感想

天上界連合議長登場!!ライセに新たな密命か??新展開突入の予感!!そして…指環に愛が…拒まれた!??

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider