【プランダラ】【最新話】第56話「弱点」レビュー感想

『プランダラ』第13巻を読む!

『プランダラ』第13巻を電子書籍で読む!

ebookjapanなら金土日の3日間は週末クーポンで15%off!!


>> 最新話レビュー<<

>> 最新まとめ・考察<<

『プランダラ』第56話「弱点」レビュー感想

『プランダラ』第56話「弱点」の感想です!

〜これまでの一言あらすじ〜

己の信念と夢のために単身で王立軍との1対5000の無謀な戦いに身を投じようとするジェイル。ナナはジェイルを止めるべく、馬を駈って王都へ急ぐが…。

さて、今回は王都にたどり着いたナナがジェイル率いるゲフェングニスと接触します。ゲフェングニスの女性陣はジェイルに惚れていますから、ナナとの接触は一触即発か…!!?

そんなこんなな第56話「弱点」です。では、ここからは少しばかり画バレ、ネタバレ込みで第56話「弱点」の感想・考察をしていきたいと思います。

*『プランダラ』第56話「弱点」は少年エース少年エース2020年1月号掲載です!

プランダラ レビュー一覧はこちら。

信念の戦い!!この世を統べる覇王へ…。

王立軍のトップであるルベール大将はシュメルマンとつながっていますからね。ジェイルとゲフェングニスの事はすでに筒抜になっているんですね。さらに極秘機密であった「識撃の撃墜王」であるナナの情報さえも漏れているらしい(やっぱりナナは戦闘力は皆無だったらしい)。

シュメルマンにとっては情報戦なんてお手の物でしょうから、当然ながら「アビスの王」こと「瞬撃の撃墜王」時風がすでに自身の手に落ちている事は隠しているでしょう。

王立軍にとっては、ジェイルたちはアビスの手先のように見えている感じになるわけですよね。これはなかなか厳しい状況ですね。

アビスへの憎しみ『プランダラ』第58話「弱点」より引用

もしかすると、”アランによるアルシア国王殺害”の件に関して違和感を覚えているアラン派の軍人もいたかもしれませんし、もしそうならアランの子であるジェイルを支持してくれたかもしれませんが…。

現在、アルシアにとってアビスは完全な侵略者で憎しみの対象でしかないわけですからね。アルシア軍からすればジェイルもそのように見えているわけですから、完全に敵に回ってしまっているわけですよね。

ジェイルが王立軍の頂点に立つためには実力で圧倒するだけでなく、信頼を勝ち取らなくてはならないですよね。まずはルベールの不正を暴くなりなんなりしないといけなさそうだけど。簡単ではないわなぁ。

圧倒的劣勢を覆して王立軍の頂点へ君臨し、この世を統べる覇王となる事はできるのでしょうか??

ジェイルの壁ドン!!?「にぃにのおよめさん」は諦めてもらう!!?

アルシアの人々に認められる認められないというのも難かしいところですが、戦力面での圧倒的不利も依然変わらぬ困難な状況のままです。加えて、ジェイルは父を越えるという己の夢のため、ゲフェングニスの協力を頑なに拒みますからね。

ただ最大の問題は、ゲフェングニスの面々にも”今の状態では確実に死ぬ”と心配されほどにジェイルの心が揺らいでいること。前日の晩に柄にもなくナナに電話するくらいですからね。

もちろんナナはジェイルを止めようとして来ているわけですが、ジェイルの気持ちを尊重し「我慢」しようとするんですよね。

すると、なんとジェイル中尉の壁ドン!!ここからどうなる!!?

ジェイルの壁ドン!『プランダラ』第58話「弱点」より引用

さてさて、過度のネタバレは控えますが…。ここからの展開はなんとなく想像がつきますかね??とにかくジェイルさんが男前です!!

何があったかはネタバレより本誌で確認することをお勧めですね〜。やっぱりこういうのは絵で見た方が絶対いいです!

ただね…。確かに“俺の唯一の弱点”のくだりはなかなかかっこよかったんですけど、メガネを放り投げるくだりは必要かね??投げすぎだし、ちゃんとそのあと自分で拾いに行くし…。完全に笑わせにいってますよね(笑)

ジェイルさん、常にカッコつけておられましたが結局自分が一番勇気もらっとるやん!うん、いや、嫌いじゃないよ、そういうの。大好きです!

相変わらず不憫すぎる「名無し」ちゃん。

まあ、相変わらず不憫だったのが、ゲフェングニスのあの少女ですよ…。結局、今回も名乗る事はできませんでした(笑)

さらに、敵を殺す事はジェイルに禁止されてストレスが溜まって、ジェイルとナナのイチャイチャを見つけられて泣かされて。そもそも女の子が顔面掌握で釣り上げられるとかあり得ないでしょ(笑)

挙げ句の果てには、ナナに敵意を抱いてサクちゃんに服を斬られて下着姿を晒されて…。

またしても名乗れず…。『プランダラ』第58話「弱点」より引用

今回は、彼女の能力が一コマだけ描かれましたが、どういう能力なんだろうかね。道安の重力に似たような丸いフィールドが彼女を覆うように展開されているように見えましたが…。

それが触れた瞬間に、敵が吹き飛ぶ様子が描かれていました。それに小柄な彼女からは想像できないほどの爆音。斥力でも働かせているのかな??

そして、なんかとてつもなく子供達に慕われている!なんやかんやで根はいい子なんでしょうね。まあ、性格の良さは滲み出てますけど(笑)

“ヤンデレ”アセル少尉は二号も辞さない。

もう一人。ゲフェングニスにはジェイルを慕う女性がいますよね。アセル=リューボー中尉です。こちらは「名無し」ちゃんとは異なり、ジェイルの行動を見ても取り乱す事はありませんでした。

その理由としては…

重婚万歳。二号でも構わない。『プランダラ』第58話「弱点」より引用

まあわかってはいましたけど、この人かなり特殊な方ですね。以前の登場の際にもヤンデレっぷりの片鱗が発揮されていましたが、本物でしたね(わかっていましたが)。

ともかくかなり癖の強い人物である事は確かです。かなり好きなキャラです(笑)

ゲフェングニスは300名という事でしたが、今の所メインで描かれているのは3名のみですね。突出した戦力はこの「名無し」ちゃんとアセル中尉とサクちゃんだけなんですかね。

この3人が1人100人ずつの隊を率いるという感じなのかな??

“新しい信念”を手にいれた今、ゲフェングニスのジェイルへの心配はすでにありませんので、彼らはナナの護衛について王都の外で待つことになるんですが…。

ヤンデレ??アセル少尉。『プランダラ』第58話「弱点」より引用

“新たな信念”を得たジェイルは再びいつもの無敵の信念マンになって、ゲフェングニスにナナを託し、一人王都の門をくぐり5000人の王立軍を相手どります。

今のジェイルは無敵…って、いやいや、カウント1じゃん!!状況はほぼ変わってないよ〜!!それでもゲフェングニスの面々からも”さらに殺しにくくなった”とか言われていますし…さすがは信念教

しかし、これでカウント1のままに10万のルベールを倒してしまった日には今までのバロット設定の全てがくつがえりますが??(笑)

『プランダラ』第56話「弱点」は少年エース2020年1月号で読めます!!

\こちらから読めます/

『プランダラ』を読むなら電子書籍のebookjapanがオススメ!

『プランダラ』は美麗かつ大迫力の見開き絵を多用して、強いインパクトを与えつつ劇的に場面展開をしていくのが魅力の作品です。

ただ、これが紙媒体だと頁と頁の間のずれなどで、悲しいかなどうしても感動が半減してしまいまって…。どうにかこういうのがもっと綺麗に一枚絵として堪能できないものか…と思っていたのですが。

電子書籍なら、一枚絵は一枚絵で、美麗な画像をより高画質で読むことができます。正直、電子書籍は本当に画像が綺麗で感動します。しかもPCなら紙媒体よりも大きなサイズでも画質を落とすことなく大迫力で楽しめるのも良いところです。

ebookjapanではスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めますし、購入もその場ですぐなのでとても便利です。

さらに無料で”試し読み”ができるのも嬉しいところで、『プランダラ』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりする作品もあります。

私もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という充実の漫画ライフを送っています。是非試してみて!!

>>『プランダラ』最新刊を読む!<<

『プランダラ』を電子書籍で読む!

>>プランダラ 最新話レビュー<<

>>プランダラ 最新まとめ・考察<<

『プランダラ』レビュー記事

『プランダラ』第55話「我慢」

【ジェイルの決意!!】ナナの選択は…

『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

『プランダラ』まとめ

-危険すぎる中隊ゲフェングニス-

プランダラ
『プランダラ』第53話「後悔」

道安が…。道安が…。マジで最高すぎるんだって!!胸熱すぎる”閃撃”と”重撃”の共闘!!

『プランダラ』まとめ

-7人の伝説の撃墜王たち-

『プランダラ』第52話 「天使」

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『プランダラ』第51話 「迎撃」

ペレ軍曹、幸せになりやがって…。撃墜王としての覚悟!!新型撃墜王たちの能力!!

『プランダラ』第50話 「唯一人」

ゲシュペンスの真の裏切りとリヒトーのバロット!!ペレ軍曹とリィン曹長。

『プランダラ』第49話「裏切り」

中隊ゲフェングニス登場!!ゲシュペンスの真の裏切り!!?

『プランダラ』第27話「選民」

「アルシア」の真実。リヒトーの背負う十字架、撃墜王殺し。。

『プランダラ』第26話「ボクのカウントは」

リヒトーの悲しい決意…。ひとりにはさせない!!

『プランダラ』第25話「閃撃の撃墜王」

人智を超えた力。閃光の一撃。。

『プランダラ』第20話「ラブレター」

ナナからリヒトーへの手紙。「撃墜王」の真実。。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider