LINEで送る
Pocket

【プランダラ】第57話「男の子」レビュー感想

『プランダラ』最新刊を読む!!

『プランダラ』第14巻を読む!!


>> 最新単行本レビュー<<

>> 最新まとめ・考察<<


↓↓ 最新話レビュー↓↓

【第60話】「風のように」レビュー感想

ロベールの信念とは…。ジェイルの提案!!?
Slider

*前後話レビュー感想へのリンクは記事下にあります。

『プランダラ』第57話「男の子」レビュー感想

『プランダラ』第57話「男の子」の感想です!

〜これまでの一言あらすじ〜

5000人の王立軍兵を前にたった一人で王都へと乗り込んだジェイル=マードック。カウント1の身ながら圧倒的な力で一般兵たちを打ち負かしていくが、人質を取られて身動きが取れなくなってしまう。そこに予期せぬ「最強の助っ人」が現れて…。

いや、まあね。正直テンションめちゃめちゃ上がってますよ。

なんでって、そりゃアブサイェット元四大大将の登場に狂喜してるからに決まってるでしょう。

えっ、アブサイェット元四大大将って誰だよって??イヤイヤ、実は誰もがよく知る(?)あの人物なのですよ!!

まあ、「元四大大将」という役職名を考えれば、あの人しかいないのでだいたい想像はついているでしょうね。結構しっかりした伏線あったし。

それと、いよいよ1月8日からアニメが放送開始ですね!!楽しみです!!

さらに本日最新単行本第14巻も発売されて、大盛り上がりを見せる『プランダラ』です。

では、ここからは少しばかり画バレ、ネタバレ込みで第57話「男の子」の感想・考察をしていきたいと思います。

*『プランダラ』第57話「男の子」は少年エース少年エース2020年2月号掲載です!

\こちらから読めます!!/

ちなみに本日発売の単行本第14巻は電子書籍で試し読みができます!!

\無料試し読みはこちらから!!/

プランダラ レビュー一覧はこちら。

ジェイルの覇道!

さてと…。一体これはどうなっているんでしょうね。

ジェイルは別の作品世界から来た存在なのかな??

カウント1なのに、本当に1人で5000人を相手取ってしまってるんです。それどころか普通にハンデつけて圧倒しているのよ。どうなってんの??(笑)

いえね、そもそも基礎能力の段階でジェイルも十分超人の域にいるので、一般兵を片手で圧倒するくらいはわかりますよ。

ただね、大尉、少佐クラスの人間がね3人がかりで出てくるんですが、その人たちも頭突きだけで一撃K.Oするってどういうこと??(笑)

ちなみに、大尉、少佐クラスのカウントは20000~30000です。このカウントって「追撃の撃墜王」園原水希と同程度のカウントなんですよ。

『プランダラ』第57話「男の子」より引用

とはいえ、何もかもがうまくいくわけではありません。

手に負えないとわかると、王立軍は人質をとってジェイルの動きを封じます。

ジェイルも激怒な汚い手なのですが、王立軍兵士には彼らなりの事情がありまして…。

空軍が上空に展開されており、彼らの家族の命が人質に取られている状況なのです。

う〜ん、恐怖統治してしまっているあたり、どうにものロベール大将総司令器の小ささが透けて見えてしまいますが…。

でも、あくまで恐怖によって強制されている状態ということはジェイルにとってはむしろ好都合です。兵たちが自分の意志で王立軍に忠誠を誓っているのでなければジェイルを認め易いというもの。

しかも、同時に彼らの家族を助けることにもなるわけですから。

勇気ある少年「時宗」。

ジェイルに対する人質に取られたのはなんとアビスの子供でした。

なんと彼もまた5000人の王立軍にひるむことなく時風を助けるために単身で王都に乗り込んだのだそうです。これは勇気というよりは、むしろ無謀な行いではありますが…。

そして今まさに、自分が人質となっているせいで、羽交い締めにされ殴られるままになっているジェイルをみて、少年「時宗」が我が身の危険を顧みず再び声をあげるんですね。

誰にでもできることではないその行動にジェイルは敬意を払います。

『プランダラ』第57話「男の子」より引用

それに対して、時宗も敬礼を返すのですが…。

なんでしょうね。これがトップに立つものの器というやつなのか。

恐怖と力で統治するロベールと非常に対比的に描かれている印象です。

そもそも一般兵たちの中には、人質をとってジェイルに殴りかかることへの迷いが見える人たちもいて…。さらにジェイルの言葉と態度に心動かされているような…。

でもまあ、正直ちょっとキツイっちゃキツイですよね。ジェイルの言うことは正論ですけど、一般兵たちも大切な家族の命を人質にされているわけですから。

最強の助っ人!元四大大将参戦!!?

さて、王立軍一般兵たちに己の歩む覇道の一端を垣間見せたジェイルでしたが、人質を取られている状況は変わりません。

そんなジェイルの元になんと予想外の超強力な助っ人が登場します!!

その名もアブサイェット=ブレーミャ元四大大将!!

その姿を見ただけで、大尉、少佐の3人が恐怖で失禁するほどの人物です。

『プランダラ』第57話「男の子」より引用

さらにはロベール現総司令をして”肝が冷えた”と言わしめる、まさしく最強の助っ人です!!ちなみにカウントは115214でバロットは教鞭!!

さて、この方どなたでしょう?

せっかくなのでネタバレは伏せますが、実はこれまでにも何度も登場しているある人物です。まあ、わかりますよね。

詳細は、本誌で確認して見てくださいね。

個人的には『プランダラ』の作中登場女性キャラの中でダントツで見た目が好みだったので、とにかく狂喜しております。

ただ、10年前の時点で既に大将だとすると…。お姉さま、一体おいくつなのですか??

父の誇りにかけて!!ロベールとの一騎打ち!

5000人との戦場をアブサイェット元四大大将に任せたジェイルはロベールとの一騎打ちに向かいます。

かつて尊敬する父が腰かけていた総司令の椅子を汚すロベールを前に、ジェイルの怒りは頂点に達します!!

『プランダラ』第57話「男の子」より引用

まさしく一触即発!総司令の座をかけた一騎打ちが始まります!!

…とはいえですよ。

アブサイェットのお姉さまのおかげでロベールの元までは無事にたどり着けたわけですが、ジェイルのカウントが1であるという事実は変わらないのです。

ジェイルのカウントは「信念を貫いた数」なので、ここまで来る間に少しは増えていても良いと思うのですが…。

とにかく、ロベールも実力で大将まで上り詰めた人間ですから、いかに「信念男」のジェイルでも今度こそ一般兵たちの時のように簡単には行かないはずです。

と言うか、そうじゃないと困るわ!

カウント1でカウント10万に勝てるなんてことになってしまったら、これまでバロット設定が全て台無しですから!

これはあれかな、アランがジェイルから奪ったカウントをいざという時のために別のバロットに移していて、それを総司令室から偶然発見するとかかな??

とにかく、いろんな意味で、ジェイルとロベールの対決は目が離せませんね!

『プランダラ』第57話「男の子」は少年エース2020年2月号で読めます!!

\こちらから読めます/

さらに最新単行本第14巻も本日同時に発売!!

電子書籍で試し読み可能です!!

\無料試し読みはこちらから!!/

『プランダラ』を読むなら電子書籍のebookjapanがオススメ!

『プランダラ』は美麗かつ大迫力の見開き絵を多用して、強いインパクトを与えつつ劇的に場面展開をしていくのが魅力の作品です。

ただ、これが紙媒体だと頁と頁の間のずれなどで、悲しいかなどうしても感動が半減してしまいまって…。どうにかこういうのがもっと綺麗に一枚絵として堪能できないものか…と思っていたのですが。

電子書籍なら、一枚絵は一枚絵で、美麗な画像をより高画質で読むことができます。正直、電子書籍は本当に画像が綺麗で感動します。しかもPCなら紙媒体よりも大きなサイズでも画質を落とすことなく大迫力で楽しめるのも良いところです。

ebookjapanではスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めますし、購入もその場ですぐなのでとても便利です。

さらに無料で”試し読み”ができるのも嬉しいところで、『プランダラ』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりする作品もあります。

私もebookjapanで気になる漫画を見つけては、試し読みをして購入する、という充実の漫画ライフを送っています。是非試してみて!!

『プランダラ』最新刊を読む!!

『プランダラ』第14巻を読む!!

>>プランダラ 最新話レビュー<<

>>プランダラ 最新単行本レビュー<<

>>プランダラ 最新まとめ・考察<<

『プランダラ』レビュー記事

ロベールの信念とは…。ジェイルの提案!!?

【第60話】「風のように」レビュー感想

『プランダラ』第59話「信念」

ジェイル敗北!!?拳一つの一騎打ち!!

『プランダラ』第58話「受け継ぐもの」

【爆撃の撃墜王再誕!!】バロットを受け継ぐ!!?|

『プランダラ』第57話「男の子」
『プランダラ』第56話「弱点」
『プランダラ』第55話「我慢」

【ジェイルの決意!!】ナナの選択は…

『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

『プランダラ』まとめ

-危険すぎる中隊ゲフェングニス-

プランダラ
『プランダラ』第53話「後悔」

道安が…。道安が…。マジで最高すぎるんだって!!胸熱すぎる”閃撃”と”重撃”の共闘!!

『プランダラ』まとめ

-7人の伝説の撃墜王たち-

『プランダラ』第52話 「天使」

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『プランダラ』第51話 「迎撃」

ペレ軍曹、幸せになりやがって…。撃墜王としての覚悟!!新型撃墜王たちの能力!!

『プランダラ』第50話 「唯一人」

ゲシュペンスの真の裏切りとリヒトーのバロット!!ペレ軍曹とリィン曹長。

『プランダラ』第49話「裏切り」

中隊ゲフェングニス登場!!ゲシュペンスの真の裏切り!!?

『プランダラ』第27話「選民」

「アルシア」の真実。リヒトーの背負う十字架、撃墜王殺し。。

『プランダラ』第26話「ボクのカウントは」

リヒトーの悲しい決意…。ひとりにはさせない!!

『プランダラ』第25話「閃撃の撃墜王」

人智を超えた力。閃光の一撃。。

『プランダラ』第20話「ラブレター」

ナナからリヒトーへの手紙。「撃墜王」の真実。。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider