LINEで送る
Pocket

【プランダラ】第60話「風のように」レビュー感想

『プランダラ』最新刊を読む!!

【本日電子書籍15%off!!】

『プランダラ』最新刊を読む!!


『プランダラ』第60話「風のように」レビュー感想

『プランダラ』第60話「風のように」の感想です!

〜一言あらすじ〜

アルシア王立軍総司令の座をかけたジェイルとロベールの一対一の決闘についに幕が引かれる…。辛くも勝利し新総司令の座を手に入れたジェイルだったが、ジェイルはロベールを”信念”を持った人間と認め、ある提案を持ちかける。

さて、ついに総司令の座をかけた一騎打ちに決着がつきました…が、ジェイルが総司令になるためにはまだ全軍から認められる必要があります。果たして、ジェイルは全軍の心をつかむことができるのか…。

そして、もう一つ、ロベールもまた、ジェイルの提案で”ある選択”を迫られました。それを受けて今回のエピソードではロベールについて色々と掘り下げられて…。

では、ここからは少しばかり画バレ、ネタバレ込みで第60話「風のように」の感想・考察をしていきたいと思います。

*『プランダラ』第60話「風のように」は少年エース2020年5月号に掲載です!!

【本日電子書籍15%off!!】

👉\こちらから読めます!!/👈

created by Rinker
KADOKAWA
¥620 (2020/07/11 18:43:32時点 Amazon調べ-詳細)

金土日は週末クーポンで電子書籍がお得!!

2020年4月25日に単行本第15巻が発売されました!! 電子書籍で試し読みができます!!

【本日電子書籍15%off!!】

👉\無料試し読みはこちらから!!/👈

プランダラ レビュー一覧はこちら。

【最新話レビュー感想もチェック!!】

↓↓ 最新話レビュー↓↓

第61話「宣戦布告」レビュー感想

開戦は3ヶ月後。今度こそ最後の戦争にするために…。
Slider

*レビューリンクは記事終わりにもあります。

ジェイルの提案!!ロベールの選択は??

ついに総司令の座をかけた決闘に決着がつきました!! まさしく信念と信念のぶつかり合いというバロットやカウントという枠を超えたアツイ戦いが繰り広げられたわけですが…。

結果、勝利の女神はジェイルに微笑みました。

ここ最近、ロベールへの好感度が急上昇していた身としては、少々複雑な気持ちもありますが、まあ仕方ない。あのままの状態でロベールが総司令の座についているのはやはり良くないですからね。

そもそもあれではロベール自身の”風のように…”という本来の望みとも程遠い姿ですし…。たった一人での道のりの中で総司令の座への執念ばかりが膨れ上がり、他にもあったはずの大切なものを取り落としたり、歪めたりしてしまってきたのかも…。(←これはぶっちゃけアランのせいもあるぞ!!)

しかし、決闘は決闘ですから、負けは負けです。

ロベールとジェイル 決着の行方 『プランダラ』第60話「風のように」
『プランダラ』第60話「風のように」より引用

個人的には、ジェイルのロベールへの提案は予想外でした。

だってそりゃね、ロベールは国王の弑逆に加担しているわけです。百歩譲って国王弑逆の実行犯ではないとは言っても、大将2名はロベールが自らの手で殺しています。政権が戻った今、ロベールは第1級の犯罪者な訳ですよね…。

新総司令とはいえ一介の軍人の一存でそんな世紀の大犯罪者を赦免していいのか…。それにいくらゲフェングニスが元犯罪者集団でそういう前例があるとはいえ、犯罪のレベルが違いすぎませんかね。

…ちなみに、ごくごく自然に明かされましたが、やっぱりゲフェングニスは元バロットホルダー、つまり元犯罪者を更生させた(?)特殊集団だったわけですね。

ロベールは大将まで上り詰めた人物、しかも王族の遠縁です。そして何より今人生の全てをかけて求め続けたただ一つのものを失ったばかりです。

果たしてロベールはジェイルの提案を飲むのか!!?

そしてジェイルも新たな総司令となるため、全軍から認められる必要があります。反発する人間も多い中、ジェイルは王立軍全体の心をつかむことができるのか!!?

ロベールとジェイルは似た者同士…というか兄弟だった!!?

ところで。

これまでの感想記事にも書いてきましたが、決闘が始まってからこちら、終始ロベールとジェイルの二人がなんだか似た者同士だと思っていたわけです。

今回、その理由が判明しました。これまでもちょこちょこ思わせぶりな描写が差し込まれてきましたが、やはりロベールもアラン(アレクサンドロフ)に息子同然に育てられてきていたのですね。そして、ロベールもアランのことを心の中では本当の父親以上に慕っていたらしい…(この辺りは色々と複雑な事情がありますが、そのあたりは割愛します。)。

つまり、二人ともに信念を持つように育てたのはアランだったわけですね。

詰まる所、ロベールはジェイルのお兄ちゃんみたいなものなんですよ。そりゃ、二人とも似てて当然だよね。

ロベールの信念 『プランダラ』第60話「風のように」
『プランダラ』第60話「風のように」より引用

と、なると、先ほどちらっと書きましたけど、ロベールの今回の暴走(?)はアランのせいでもあるように思ってしまうんですよね。詳しくは書きませんが、ロベールの過去エピソードを読むと、どうしてもロベールに肩入れしたくなってしまう…。

アランを父と慕い総司令の座を目指しているロベールからしたら、アランが”息子”のジェイルに後を継いで欲しいとか言っている姿を見てしまったらね、そりゃショック受けるし、孤独感も募るでしょうや。

まあ、アランに悪意がないのはわかっているのですけどね。結局はアランにとってロベールは”息子”ではなかった…ということになってしまうのかなぁ。(もちろん背景に色々な要素はあったらしいけど)

ったく、ほんとアランはダメなお父さんだぜ。もっとロベールのことも見ていてあげれば(ロベールの”父親へのトラウマ”だって知ってたはず)こんなことにはならなかったかもしれないのに…。

ジェイルも一歩道を違えれば今のロベールと同じようになっていたかもしれませんね。

ロベールとエリンの過去!

ちなみに、もう普通に書いてしまっていますけど、ロベールって王族の遠縁だったんですね。名前に貴族姓が入っているので貴族なのはわかっていましたが…。ま、ロベールもシャルルもフランス系だしね。

そして地味に驚きだったのはロベールとエリンが幼馴染(?)だったことですね。これまでロベールとエリンが親しく接している場面がなかったものですから、これはかなり驚きました。

ロベールとエリンが幼い頃に、彼らの両親はバロットホルダーの反乱によって帰らぬ人となっているそうで、その際に二人はアランと出会うわけですが…。

幼いエリンはなかなかすごい決断というか、ただ泣き寝入りする普通の幼女ではない底知れぬ大物感が出てましたね(笑)

ロベールの過去 『プランダラ』第60話「風のように」
『プランダラ』第60話「風のように」より引用

それにしても、度々バロットホルダーの存在が話題には挙がってきますが、これまで実際に登場したことってほとんどないですよね。リヒトーとナナくらいですかね。元バロットホルダーならゲフェングニスとかいますけど。

そもそもバロットは限られた数しかないはず(士官以上にしか与えられない)ですから、そんな大量に流出するようなこともないように思うのですが…。本当にバロットホルダーって存在するの?? (←いや、もちろん存在するんだろうけど)

ところで、ロベールたちが天涯孤独となり、アランと出会った時にブレーミャさんも総司令補佐として立ち会っていましたね。彼女もまたロベールを良く知る(軍人としてだけでなく?)人物だったわけですか…。

ブレーミャが再び戦場に戻ってきたのは、アランの意思を継ぐジェイルのためかと思っていましたが、もしかするとロベールのためでもあったのかもしれませんね。

というか、ロベールがこの年齢の時点で既に大人の女性だったブレーミャさん、一体おいくつなのでしょうか(笑)

君の髪を躍らせた一陣の風のように…

そしてやはりどうしてもロベールのことが嫌いになれないのがですね。

そもそも幼少期のロベールは剣を苦手としていて実の父に出来損ないと言われるほどだったにもかかわらず、今ではその剣腕や身のこなしは軍随一と言われるほどです。そんな努力を並大抵の覚悟でできるわけがない。

そして今回、ロベールのことを”信念を持った人間”だとジェイルが認めたわけですが、その際にジェイルがロベールの”信念”がなんであったのかを問うたのですよね。

この辺りは今回のクライマックスですし、あまりこういう場で書いてしまっては野暮というものですから控えめに…。

ロベールの優しさというか、人柄がね…。なんで今みたいな形になってしまったのだろうと思うくらいに純粋な…。うん、文字にするの難しいですね。

一陣の風が君の髪を躍らせた 『プランダラ』第60話「風のように」
『プランダラ』第60話「風のように」より引用

“風のように… 何もない…”

“だが風のように… 誰かの頬を優しく撫でて…”

すでにこの時点でロベールは大将になっていますから、カウントも当然刻んで能力も発現しているはずです。つまり、”風”という能力はロベールの本質を映し出した能力だったということなのですね…。

今回も、感動させてもらいました。と、いうことで『プランダラ』第60話「風のように」の感想でした。

『プランダラ』第60話「風のように」は少年エース2020年5月号で読めます!!

【本日電子書籍15%off!!】

👉\こちらから読めます!!/👈

created by Rinker
KADOKAWA
¥620 (2020/07/11 18:43:32時点 Amazon調べ-詳細)

さらに最新単行本第15巻も発売中!!

電子書籍で試し読み可能です!!

👉\無料試し読みはこちらから!!/👈

【最新話レビュー感想もチェック!!】

>>プランダラ 最新話レビュー<<

>>プランダラ 最新単行本レビュー<<

>>プランダラ 最新まとめ・考察<<

*前後話レビュー及び同紙他作品のレビューリンクは記事下にあります。

『プランダラ』を読むなら電子書籍のebookjapanがオススメ!

『プランダラ』は美麗かつ大迫力の見開き絵を多用して、強いインパクトを与えつつ劇的に場面展開をしていくのが魅力の作品です。

ただ、これが紙媒体だと頁と頁の間のずれなどで、悲しいかなどうしても感動が半減してしまいまって…。どうにかこういうのがもっと綺麗に一枚絵として堪能できないものか…と思っていたのですが。

電子書籍なら、一枚絵は一枚絵で、美麗な画像をより高画質で読むことができます。正直、電子書籍は本当に画像が綺麗で感動します。しかもPCなら紙媒体よりも大きなサイズでも画質を落とすことなく大迫力で楽しめるのも良いところです。

ebookjapanではスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めますし、購入もその場ですぐなのでとても便利です。

さらに無料で”試し読み”ができるのも嬉しいところで、『プランダラ』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりする作品もあります。

是非試してみて!!

『プランダラ』最新刊を読む!!

『プランダラ』最新刊を読む!!

【前後話レビュー感想】

【今月の同誌他作品レビュー感想】

『プランダラ』レビュー記事

戦争の始まりは三ヶ月後。今度こそ最後の戦争にするために…。

【第61話】「宣戦布告」レビュー感想

ロベールの信念とは…。ジェイルの提案!!?

【第60話】「風のように」レビュー感想

『プランダラ』第59話「信念」

ジェイル敗北!!?拳一つの一騎打ち!!

『プランダラ』第58話「受け継ぐもの」

【爆撃の撃墜王再誕!!】バロットを受け継ぐ!!?|

『プランダラ』第57話「男の子」
『プランダラ』第56話「弱点」
『プランダラ』第55話「我慢」

【ジェイルの決意!!】ナナの選択は…

『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

『プランダラ』まとめ

-危険すぎる中隊ゲフェングニス-

プランダラ
『プランダラ』第53話「後悔」

道安が…。道安が…。マジで最高すぎるんだって!!胸熱すぎる”閃撃”と”重撃”の共闘!!

『プランダラ』まとめ

-7人の伝説の撃墜王たち-

『プランダラ』第52話 「天使」

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『プランダラ』第51話 「迎撃」

ペレ軍曹、幸せになりやがって…。撃墜王としての覚悟!!新型撃墜王たちの能力!!

『プランダラ』第50話 「唯一人」

ゲシュペンスの真の裏切りとリヒトーのバロット!!ペレ軍曹とリィン曹長。

『プランダラ』第49話「裏切り」

中隊ゲフェングニス登場!!ゲシュペンスの真の裏切り!!?

『プランダラ』第27話「選民」

「アルシア」の真実。リヒトーの背負う十字架、撃墜王殺し。。

『プランダラ』第26話「ボクのカウントは」

リヒトーの悲しい決意…。ひとりにはさせない!!

『プランダラ』第25話「閃撃の撃墜王」

人智を超えた力。閃光の一撃。。

『プランダラ』第20話「ラブレター」

ナナからリヒトーへの手紙。「撃墜王」の真実。。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider