『プランダラ』【第61話】戦争の始まりは三ヶ月後。今度こそ最後の戦争にするために…。|「宣戦布告」レビュー感想

LINEで送る
Pocket

【プランダラ】【最新話】第61話「宣戦布告」レビュー感想

『プランダラ』最新刊を読む!!

『プランダラ』最新刊を読む!!


『プランダラ』第61話「宣戦布告」レビュー感想

『プランダラ』第61話「宣戦布告」の感想です!

〜一言あらすじ〜

アルシア王立軍総司令の座をかけたロベールとの一騎打ちに勝ったジェイル・マードック中尉。真に総司令の座に就くべくアルシア王立軍20万の兵士たちに向けて演説を行う。しかし、その最中に特務が動きを見せ…。一部始終を見ていたシュメルマン元帥に向かいジェイルは”戦線布告”を行う。

総司令の座をかけた”ジェイル vs. 王立軍20万”の決闘に決着がつきました。そして、新展開ですね。

ついにシュメルマンとの直接対決…というか特務との全面戦争が具体的な話として持ち上がってきましたよ。なんやかんやでこれまでは水面下で色々とありましたが、ついに事態はそれでは止まらなくなり…。

では、第61話「宣戦布告」の感想・考察です。

*『プランダラ』第61話「宣戦布告」は少年エース少年エース2020年6月号掲載です!

👉\こちらから読めます!!/👈

created by Rinker
KADOKAWA
¥500 (2020/10/20 18:07:08時点 Amazon調べ-詳細)

さらに最新単行本第15巻も2020/4/25に発売されました!!

電子書籍で試し読みできます!!

👉\無料試し読みはこちらから!!/👈

プランダラ レビュー一覧はこちら。

【最新話レビュー感想もチェック!!】

↓↓ 最新話レビュー↓↓

第61話「宣戦布告」レビュー感想

開戦は3ヶ月後。今度こそ最後の戦争にするために…。
Slider

*レビューリンクは記事終わりにもあります。

俺の名はアイアン=ジェイル。鉄壁の信念である。

前話第60話「風のように」にて、ついに一騎打ちに決着がつき、さらに三大大将ロベールを麾下とすることに成功したジェイル。

たった一人で…ではありませんでしたが、「殺さない軍隊」参謀”心撃の撃墜王”ペレからの難題をクリアしました。さすがですね。

まあ、多分に神(水無月すう先生)の手が働いた感は拭い去れませんが(笑)

演説の内容も、なんともジェイルらしいものでしたね。あの敵味方なくなってみんなほんわか弛緩で、なんとな〜くいつのまにか和解している…というのは、ある種『プランダラ』らしいものですよね。

ただ、それでも締めるところは締めるから、ひとつひとつの”見せ場”がめちゃめちゃかっこいいんですよね。

今回のジェイルの演説も、最後の”俺の名はアイアン=ジェイル”のくだりはしびれました。最近のエピソードは一話一話に複数の見せ場(名シーン)が描きこまれていてなんとも贅沢ですね。(今回はジェイルだけでなくリヒトーも!!)

アイアン=ジェイル 鉄壁の信念である『プランダラ』第61話「宣戦布告」
『プランダラ』第61話「宣戦布告」より引用

しかし、総司令とはなったものの、”爆撃の撃墜王”の方はどうなったんでしょうね。

アランはジェイルに引き継がせる気満々だったようですが、結局撃墜王のバロットは引き継げない…ということで、話は終わったのかね?? ただ、奇跡なのかもしれませんが、ジェイルは一度とはいえアランの炎を使って見せていますからね。

あくまでバロットは人為的に作られたもので、かつ血縁しか使えないという枷も人為的なものである以上、ある意味その枷(設定)を上回る、あるいは上書きすることができれば良いわけで…。ジェイルの起こした奇跡はその可能性を示唆するもの…だったりして(←妄想が過ぎるか??)。

とはいえ、開戦を3ヶ月後に控えて、軍のトップがカウント1のままではあまりにも戦力不足ですからね…。何せ相手はあのシュメルマンですから。

何かしらの対策は立てるのでしょうが…。ジェイルのことだから、アランのバロットをなんとかするとしても、また自分の力じゃない借り物のカウントの助けはいらん、とかいいそうですね(笑)

ちなみに…。一連の騒動を見て無邪気に笑うロベールの姿が、なんだか憑き物が落ちたような感じで安心しました。友二人を手にかけた罪の意識は死ぬまで背負い続けるのでしょうが…。

開戦の申し合わせ。シュメルマン動く!!

弛緩からの緊張。この切り替わりが『プランダラ』の魅力の一つです。

なんとな〜く生ぬるい雰囲気が流れたかと思うと、その空気を一瞬で凍りつかせるかのような緊張感が…。今回の緊張感の原因はなかなかとんでもないものでしたね。

そうです。シュメルマン元帥閣下がお動きになりました。しかも、”脅し”も引き揚げさせ、正真正銘ジェイルたちを正式な敵とみなした”戦争”の体制に入りました。

…この静けさが、逆に怖い…。開戦前に弾薬を無駄に使わないと言う冷静な判断も…。

ただ正直なところ、シュメルマンの力は底知れず絶大ではありますが、彼の手札が時風と新型だけだとすれば、総力戦になればなんだかんだでリヒトー達が優勢に思えるのですよね…。

今回のエピソードからも、特務に特記戦力はいなさそうですし、一般兵で十分取り押さえられるレベルのようです。実際、特務のめぼしい戦力はすでに時風が殺し尽くしていますからね。人員比もアルシア王立軍を味方につけたリヒトー達が圧倒的でしょう。

時風はたしかに脅威ですが、新型はリヒトーと道安に手も足も出ないレベルです。シュメルマンは他に隠し球があったりするのでしょうか?? 個人的にはついぞ登場しないフィレンダの存在が気になるんですよね…。

あ、あと、時風の瞬撃を避けて薬を打った(と言うか最初期から登場している)シュメルマンの腹心らしい特務の人物も気になりますね。

シュメルマン元帥の開戦宣言『プランダラ』第61話「宣戦布告」
『プランダラ』第61話「宣戦布告」より引用

それにしても、ジェイルとの開戦の申し合わせを終えた後にシュメルマンがリヒトーに声をかけたのは意外でしたね。そして、その際にリヒトーに対し、敵対意思を言葉にする前にわずかにあった間と俯く仕草は…。

また、ちょっと分からなくなりましたね。今まではシュメルマンは、なんらかの理由で、自身の殺意に飲まれてしまっている状態(つまり、300年前のシュメルマンと今のシュメルマンは別人格)なのではないかと思っていたのですが…。

だからこそ、子供達への優しさや愛がなくなっているのだと思っていたのですが…。リヒトーへの敵対意思表明の際のシュメルマンの行動は、確実にリヒトーへの想いが残っているからこそのものですよね。

考えてみれば、これまでも最大の障壁になりうることはわかっていたにもかかわらず、リヒトーを殺そうとはしてこなかったんですよね。あくまで戦いから遠ざけるようと仕向けてきました。

そうでなければ、代用のバロットを使ってた頃のリヒトーをシュメルマンが殺せないわけがありませんから。それに時風を新たな撃墜王部隊隊長として手駒にしましたが、そもそも時風ではなく手負いのリヒトーに投薬する選択もあった(その方が楽だったはず)ですしね。やはり、リヒトーを戦わせたくなかったのでは??

やはり リヒトーへの愛が残っているということですよね。となると、シュメルマン自身の人格が変わってしまったわけではない…のか?? 自分の意思で、冷酷に振舞っている…と言うことなのか??

今度こそ最後の戦争に…。伝説の英雄がたつ。

先ほども書きましたが、今回はジェイルだけでなくリヒトーにも見せ場が用意されていました。こちらもかなりの名場面でしたね。…最近の『プランダラ』は名場面目白押しです。先週までのロベールもなかなかの名場面を連発しましたしね。

正直感動しました。リヒトーの演説に、ではありませんよ。いや、たしかにリヒトーは良いことを言っていましたが…。最後の戦争に…ね。

ただ、それ以上に彼の演説を聞いて(おそらく誰ともわかっていないだろうに)ジェイルには誰一人敬礼しなかったアルシア王立軍軍人たちが一斉にリヒトーに対して敬礼したことに感動しました。

以前リヒトーが特務に復帰した際に、ハーズ以下特務の面々がリヒトーを英雄として見ていることにも感動しましたが、同じくらい今回も感慨深いシーンでした。

これまで全てを一人で背負いこんでいた伝説の英雄が、本当の意味で人々を引いいる英雄になった…とでも言うんですかね。

リヒトー=バッハ 演説『プランダラ』第61話「宣戦布告」
『プランダラ』第61話「宣戦布告」より引用

ただね。正直なところ大半の兵士やアルシア国民からすると”誰お前?”状態だと思うんですがね…。リヒトーって(笑)

“閃撃の撃墜王”の伝説は有名でしょうが、その人物の詳細は一般には”謎に包まれている”レベルなんじゃないんですかね…。

以前、核放棄再決のため”議会”を開いた際に、1度はエリン補佐官の能力で全国に映像が届けられてましたっけね? ただ、あの時も誰なのかは紹介されていなかったはずですし、今回も本名を名乗っただけです。

まあ、シュメルマンからもジェイルからも名指しで指名されているので、重要人物だとは想像はつくんでしょうし、軍人なら肩の階級章で”特務大将”であることはわかるでしょうが…。

ただリヒトー=バッハという名前だけで”閃撃の撃墜王”と繋がる人間がどれだけいるのか…。

“リヒトー=バッハ”=”閃撃の撃墜王”って今まで一度でも公表していましたっけ?? あ、軍では一応指名手配になっているんだっけか??

まあ、それはそうとして…とにかく、シュメルマンとの戦争が始まります。今度こそ この世界で”最後の戦争”にするために「殺さない軍隊」が立ち上がります!!

『プランダラ』第61話「宣戦布告」は少年エース2020年6月号で読めます!!

👉\こちらから読めます!!/👈

created by Rinker
KADOKAWA
¥500 (2020/10/20 18:07:08時点 Amazon調べ-詳細)

さらに最新単行本第15巻も発売中!!(2020/4/25発売!!)

電子書籍で試し読み可能です!!

👉\無料試し読みはこちらから!!/👈

【最新話レビュー感想もチェック!!】

>>プランダラ 最新話レビュー<<

>>プランダラ 最新単行本レビュー<<

>>プランダラ 最新まとめ・考察<<

*前後話レビュー及び同紙他作品のレビューリンクは記事下にあります。

『プランダラ』を読むなら電子書籍のebookjapanがオススメ!

『プランダラ』は美麗かつ大迫力の見開き絵を多用して、強いインパクトを与えつつ劇的に場面展開をしていくのが魅力の作品です。

ただ、これが紙媒体だと頁と頁の間のずれなどで、悲しいかなどうしても感動が半減してしまいまって…。どうにかこういうのがもっと綺麗に一枚絵として堪能できないものか…と思っていたのですが。

電子書籍なら、一枚絵は一枚絵で、美麗な画像をより高画質で読むことができます。正直、電子書籍は本当に画像が綺麗で感動します。しかもPCなら紙媒体よりも大きなサイズでも画質を落とすことなく大迫力で楽しめるのも良いところです。

ebookjapanではスマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めますし、購入もその場ですぐなのでとても便利です。

さらに無料で”試し読み”ができるのも嬉しいところで、『プランダラ』の他にも多くの(ebookjapanは他の電子書籍サイトに比べても多い)漫画作品が無料試し読み可能で、中には1巻丸々無料で読めたりする作品もあります。

是非試してみて!!

『プランダラ』最新刊を読む!!

『プランダラ』最新刊を読む!!

【前後話レビュー感想】

【今月の同誌他作品レビュー感想】

『プランダラ』レビュー記事

戦争の始まりは三ヶ月後。今度こそ最後の戦争にするために…。

【第61話】「宣戦布告」レビュー感想

ロベールの信念とは…。ジェイルの提案!!?

【第60話】「風のように」レビュー感想

『プランダラ』第59話「信念」

ジェイル敗北!!?拳一つの一騎打ち!!

『プランダラ』第58話「受け継ぐもの」

【爆撃の撃墜王再誕!!】バロットを受け継ぐ!!?|

『プランダラ』第57話「男の子」
『プランダラ』第56話「弱点」
『プランダラ』第55話「我慢」

【ジェイルの決意!!】ナナの選択は…

『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

『プランダラ』まとめ

-危険すぎる中隊ゲフェングニス-

プランダラ
『プランダラ』第53話「後悔」

道安が…。道安が…。マジで最高すぎるんだって!!胸熱すぎる”閃撃”と”重撃”の共闘!!

『プランダラ』まとめ

-7人の伝説の撃墜王たち-

『プランダラ』第52話 「天使」

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『プランダラ』第51話 「迎撃」

ペレ軍曹、幸せになりやがって…。撃墜王としての覚悟!!新型撃墜王たちの能力!!

『プランダラ』第50話 「唯一人」

ゲシュペンスの真の裏切りとリヒトーのバロット!!ペレ軍曹とリィン曹長。

『プランダラ』第49話「裏切り」

中隊ゲフェングニス登場!!ゲシュペンスの真の裏切り!!?

『プランダラ』第27話「選民」

「アルシア」の真実。リヒトーの背負う十字架、撃墜王殺し。。

『プランダラ』第26話「ボクのカウントは」

リヒトーの悲しい決意…。ひとりにはさせない!!

『プランダラ』第25話「閃撃の撃墜王」

人智を超えた力。閃光の一撃。。

『プランダラ』第20話「ラブレター」

ナナからリヒトーへの手紙。「撃墜王」の真実。。

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

【最新記事 10件】


前へ

『黄昏のエトス』【#6】”落日”へと至る”あの出来事”が語られる!!あの日の保健室のベッドでは…。|レビュー感想

次へ

『あらくさ忍法帖』全巻見所紹介と最新刊&連載情報!!登場人物紹介や用語説明も!!

  1. ニコラ特務少尉とフィレンダは同一人物なのではないかと思います。
    あの柔和な笑顔が…
    ただ一番気になるのが、
    第一話で出てきた、
    ダビ曹長ですね。
    誰も覚えていないかもせれませんが、
    実はあいつ雑魚なくせに、
    300年前から生きている人物だから。
    撃墜王実験のときに俺たちは騙されているって死んでいったあいつです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Powered by WordPress & Theme by Anders Norén