【漫画感想】『プランダラ』第67話「よかった」リヒトーの過去と兄弟の絆!!

『プランダラ』第67話「よかった」あらすじ&レビュー感想

『プランダラ』最新刊情報

『プランダラ』第67話「よかった」あらすじ&レビュー感想

第67話「よかった」あらすじ

『プランダラ』第67話「よかった」のあらすじです。

まずは第67話「よかった」のあらすじをなるべく核心部分は伏せるようにしてざっくり説明しましょう。

【簡単あらすじ解説】

『プランダラ』第67話「よかった」より

激闘の最中、シュメルマンの殺意に支配されたはずのリヒトーと時風。ペレの”心撃”がのぞいた彼らの意識は、300年前のデパートの屋上にありました。リヒトー(離人)の幼少期、そして坂井家に引き取られた経緯が明かされます。そして、離人が坂井家の一員となり数年経ったある日、時風は日曜毎に決まって離人がいなくなることと、なぜか貯金箱の中身が増えていくことに気づくのでした。祖母から離人の行き先と抱える事情を聞いた時風はデパートの屋上で一人たたずむ離人の元へゆき、貯金箱の中身で買った”ソフトクリーム”を”全部”食べろと差し出します。しかし、離人はある想いから”半分”残したままそれ以上は頑なに食べようとしません。事情を理解した上で、それでも離人を大切な”兄弟”だと想うからこそ、あえて気持ちを逆撫でするような物言いをする時風の発した「よかった」という一言に、逆上した離人は時風に殴りかかり…。殴り合った帰路、支え合って歩く二人は一つ約束をします。”もしもう一度僕らが殴り合うようなことがあれば その時は…お互いの幸せを…心から…願っている時だけだ…。”…そして、現在…。

今回語られたのはリヒトーと時風の過去。なぜリヒトーが坂井家に引き取られのかが明らかになります。血の繋がらない二人が兄弟以上に”兄弟”となったエピソード、そして二人の”兄弟”の絆が描かれます。300年前に二人が誓った約束は殺意に支配された今も尚…(涙)

相変わらず”水無月すう”ワールドには容赦なく引き込まれます。『プランダラ』は良い意味で”らしさ”が全開なので、ここの展開は狙ってるな、とかかなりわかりやすい作品なのに、それでもなお引き込まれてしまうのは何故なのだろうか…。

正直、細かい齟齬とか、ちょっとぶっ飛びすぎなところとか、ご都合主義なところとか…それなりにあるにもかかわらず、そんなこと気にならないくらいにガツンと胸を打つ展開のドラマチックさよ…。

では、ここからは少しばかりネタバレも込みで第67話「よかった」の感想を書いていきます!!

感想を読む前に、本編を読んでおきたいという方はまずは下記リンクからどうぞ!

*『プランダラ』第67話「よかった」は少年エース少年エース2021年1月号掲載です!

👉\こちらから読めます!!/👈

第67話「よかった」感想

リヒトーの過去と兄弟の絆

ようやくというかなんというか、離人の過去が明かされました。個人的にはちょっと意外な過去だったんですよね。もちろん、これまで具体的には描かれてはいなかったものの、幼少期の離人と時風の対比(?)から恵まれてはいない、ということはわかっていたのですが…。

正直、離人は戦争で親を亡くした戦災孤児かな、と思っていたのですが…まさか、ああいう感じだったとはねェ。『プランダラ』の過去エピソードはどれも切ないですね。

リヒトーの過去

離人の家はもともと貧しかったんでしょうね。ただ、離人のような境遇は彼だけでなく、300年前の世界では特に珍しいことではなかったみたいですね。こういうバックグラウンドがあればそりゃねえ…。

個人的には、今回のエピソードではちょっとした違和感がある部分もありましたが、細かいことは気にせずに…。『プランダラ』ではよくよく考えたらちょっとおかしい部分があるけれど、その方が劇的な演出になるというところがチョコチョコあるので細かいことは気にせずに(大切なことなので2度書きました)!!

僕たちは兄弟じゃなかったのか?

今回のエピソードで鍵となる”ソフトクリーム”についても、食糧難で物価も高騰しているのになんで嗜好品であるソフトクリームが売られ続けているのかとか、ちょっとした違和感はありますよね。他にも時風の祖母がなんで一人でデパートの屋上に行っていたのかとか、そんな時勢で坂井家のどこに離人を養う余裕があったのか、とかツッコミどころ(というか都合の良い設定)はありますが…。その辺りは置いておいて…。

とにかく今回のエピソードでは離人が如何にして時風と家族、兄弟になったのか、そしてその二人の絆の深さが明らかになりました。そんな二人が殺し合いを、しかもお互いを想いながらの状態で、ということを考えるとより一層切ない…。やっぱり水無月すう先生は話の盛り上げ方が上手ですよね。

お互いの幸せを…心から…願っている時だけだ…

とにかくね。ただでさえ大切に想い合っている事が特に強く描かれてきた2人だというのに、今回さらにもう一つそれを深めるエピソードが描かれてしまったわけですから、どうにも堪らないわけですよ。

300年前に本当の兄弟よりも深い絆で結ばれた”兄弟“になった時に2人がした約束。”もしもう一度僕らが殴り合うようなことがあれば その時は…お互いの幸せを…心から…願っている時だけだ…”。

そこまで深めるかと、そこまで固めるかと。そんな背景を踏まえての今の2人の戦い。お互いがお互いの幸せを願って、自分を殺させようとしているなんて切なすぎるでしょ。

リヒトーと時風、その結末は…。

だってそれだと結局は相手に自分という最愛の人間を殺させなくてはならないわけで…。リヒトーはそれで300年間苦しみ続けたのだから…。

そもそもシュメルマンの殺意に完全に飲み込まれる事なく理性を残している、という事がまたお互いを想う気持ちの強さ故と思うと…。できれば時風が誰も殺す事なく薬を克服しますように…。多少、ご都合主義な展開でもいいからさぁ。

そもそも”ふたりの意識”という事ですから、時風も同じ想いでリヒトーと対峙しているという事ですよね。となると、戦いの前の”陽菜を殺す”宣言さえ、リヒトーに自分を殺させるための方便の様な物だと考えられるわけで…。

ちょっと前にアルシア軍総司令の座をかけて、ジェイルとロベールの同じく”血のつながらない兄弟”の決闘が描かれましたが、今回は果たしてどんな結末を迎えるのか…。

『プランダラ』第67話「よかった」は少年エース2021年1月号で読めます!!

👉\こちらから読めます!!/👈

『少年エース』2021年1月号

『プランダラ』最新刊

【最新話レビュー感想もチェック!!】

>> 最新話レビュー<<

>> 最新単行本レビュー<<

>>最新まとめ・考察<<

【前後話レビュー感想】

【同誌他作品レビュー感想】

https://manga.gyuujaku.com/busou_shoujo/

『プランダラ』レビュー記事

プランダラ
プランダラ
戦争の始まりは三ヶ月後。今度こそ最後の戦争にするために…。
戦争の始まりは三ヶ月後。今度こそ最後の戦争にするために…。

【第61話】「宣戦布告」レビュー感想

ロベールの信念とは…。ジェイルの提案!!?
ロベールの信念とは…。ジェイルの提案!!?

【第60話】「風のように」レビュー感想

『プランダラ』第59話「信念」
『プランダラ』第59話「信念」

ジェイル敗北!!?拳一つの一騎打ち!!

『プランダラ』第58話「受け継ぐもの」
『プランダラ』第58話「受け継ぐもの」

【爆撃の撃墜王再誕!!】バロットを受け継ぐ!!?|

『プランダラ』第57話「男の子」
『プランダラ』第57話「男の子」
『プランダラ』第56話「弱点」
『プランダラ』第56話「弱点」
『プランダラ』第55話「我慢」
『プランダラ』第55話「我慢」

【ジェイルの決意!!】ナナの選択は…

『プランダラ』第54話「孤独」
『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『プランダラ』考察
『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

『プランダラ』まとめ
『プランダラ』まとめ

-危険すぎる中隊ゲフェングニス-

『プランダラ』第53話「後悔」
『プランダラ』第53話「後悔」

道安が…。道安が…。マジで最高すぎるんだって!!胸熱すぎる”閃撃”と”重撃”の共闘!!

『プランダラ』まとめ
『プランダラ』まとめ

-7人の伝説の撃墜王たち-

『プランダラ』第52話 「天使」
『プランダラ』第52話 「天使」

「重撃」の撃墜王道安武虎!!オレはただの…嫌われ者さ!!300年越しの共闘なるか!!?

『プランダラ』第51話 「迎撃」
『プランダラ』第51話 「迎撃」

ペレ軍曹、幸せになりやがって…。撃墜王としての覚悟!!新型撃墜王たちの能力!!

『プランダラ』第50話 「唯一人」
『プランダラ』第50話 「唯一人」

ゲシュペンスの真の裏切りとリヒトーのバロット!!ペレ軍曹とリィン曹長。

『プランダラ』第49話「裏切り」
『プランダラ』第49話「裏切り」

中隊ゲフェングニス登場!!ゲシュペンスの真の裏切り!!?

『プランダラ』第27話「選民」
『プランダラ』第27話「選民」

「アルシア」の真実。リヒトーの背負う十字架、撃墜王殺し。。

『プランダラ』第26話「ボクのカウントは」
『プランダラ』第26話「ボクのカウントは」

リヒトーの悲しい決意…。ひとりにはさせない!!

『プランダラ』第25話「閃撃の撃墜王」
『プランダラ』第25話「閃撃の撃墜王」

人智を超えた力。閃光の一撃。。

『プランダラ』第20話「ラブレター」
『プランダラ』第20話「ラブレター」

ナナからリヒトーへの手紙。「撃墜王」の真実。。

previous arrow
next arrow
戦争の始まりは三ヶ月後。今度こそ最後の戦争にするために&#8230;。
ロベールの信念とは&#8230;。ジェイルの提案!!?
『プランダラ』第59話「信念」
『プランダラ』第58話「受け継ぐもの」
『プランダラ』第57話「男の子」
『プランダラ』第56話「弱点」
『プランダラ』第55話「我慢」
『プランダラ』第54話「孤独」
『プランダラ』考察
『プランダラ』まとめ
『プランダラ』第53話「後悔」
『プランダラ』まとめ
『プランダラ』第52話 「天使」
『プランダラ』第51話 「迎撃」
『プランダラ』第50話 「唯一人」
『プランダラ』第49話「裏切り」
『プランダラ』第27話「選民」
『プランダラ』第26話「ボクのカウントは」
『プランダラ』第25話「閃撃の撃墜王」
『プランダラ』第20話「ラブレター」
previous arrow
next arrow

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です