『チェンソーマン』第44話「バンバンバン」

【美人はヤバい女ばっかり!!】レゼの正体判明!!

『鬼滅の刃』第180話 「恢復」

無惨復活!!【日の呼吸】失われた13番目の型

『つぐもも』第124話 「ダバダ対決 2」

【『つぐもも』史上最エロの神回!桐葉さんがとろとろ触手陵辱される!!?】

『あらくさ忍法帖』其ノ九「大事な弟子を助けなきゃ!?」

【霰草に危機が!??メリケン忍者の魔の手が迫る!!】

『プランダラ』第54話「孤独」

最悪の結末へ!!?僕が悪鬼に成り果てる前に…。

『キノの旅 the Beautiful World』

第二十九話「何かをするために・a -life goes on・a-」1/3
新章はキノと先代キノに関わる!??キノと師匠。危険な世界で生き残りたければ…。

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第18廻「客船上のアリア」

圧倒的不利を覆す戒蔵の策!!”正直者がバカを見る”。

『武装少女マキャベリズム』第57(?)話

ノムラに訪れる天啓!!?激しさを増すそれぞれの戦場!!

『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚・北海道編-』第十八幕「凍座 猛攻」

三強が一人!!元新撰組2番隊組長永倉新八でる!!

『ダリフラ』第50話

ヒロに聴こえる耳鳴り。人間になりたい叫竜の娘ゼロツー。

『落日のパトス』第58話「ホントにそんなチャラ男だったの?」

新アシスタント登場!!真先生と波乱の予感!?

『プランダラ』考察

-“新型撃墜王”に関する3つの疑問-

ここまでやっちゃっていいの!!?一般向けとは思えないほどの過激なファンタジー系漫画おすすめ作品を紹介してみる!!
『この音とまれ』#82「ブルーモーメント」

ちゃんと向き合う前に僕たちのこと切り捨てないでほしい

『恋する寄生虫』第11話

暗転していく状況。寄生虫の存在と宿主の死の関係は…??

『あらくさ忍法帖』第1巻

-美人くノ一が”てっぽう”伝来と”キリステ教”から”江呂”の街を守る!!?ちょっと過激すぎる”くノ一コメディ”開幕!!-

『MIX』第15巻感想。

上杉達也と浅倉南がついに登場か!!?明青学園紅白戦決着!!ついに2年目の夏が到来する!!

過激すぎる一般誌の漫画オススメ5選!!

一線は超えないけれど、過激すぎる!!

『やんちゃギャルの安城さん』第4巻感想。

安城さんが殊勝になる??健気すぎる安城さんは瀬戸くんのことをもっと知りたい。。

『ライセカミカ』028 感想

天上界連合議長登場!!ライセに新たな密命か??新展開突入の予感!!そして…指環に愛が…拒まれた!??

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

『ライセカミカ』 著:瀬川はじめ

>>『ライセカミカ』第4巻無料で試し読み!!

『ライセカミカ』 レビューリンク など

『ライセカミカ』026 あらすじ・感想

『ライセカミカ』の026です。

ついに、ラグナロク編終了です!

さらに今回は「天界連合」や「改革派」というこの先の物語の鍵になりそうな組織の存在が明かされました。

はたして最後の生太刀を使ってしまった来世は本当に死んでしまったのか!!?

ではここからは少しばかり画バレ、ネタバレ込みで感想をしていきます!

ネタバレが嫌な人は見ちゃダメだよ!!

ラグナロクの終焉と来世と神歌。

前話025にて、オーディンはロキの放ったグングニルを自らの身を挺して止め、ようやく主神らしい気概を見せました。その後、即座に転移したオーディンでしたが…

その転移先はなんと世界樹でした!

そうです。自らの体でグングニルを押さえ込み、世界樹に突き立てるために体を張ったわけです。つまり、ラグナロクを止めるために己の命を張ったわけです。登場初期の神歌にボケたおじいちゃん扱いされていた耄碌オーディンとは別人とさえ思えるほどの主神っぷりですよ

来世の奮闘に奮い立たされたのかもしれませんね。

グングニルを世界樹に!!

これによって、人間界へと開かれた扉は閉じ、ラグナロクも終焉に向かいます。

一方で、最後の生太刀奥義を使いヨルムンガルドを打ち滅ぼした来世は神歌に抱かれながら落下していきます。

この後、指輪の魔力を使った神歌は再び意識をなくすのですが、来世はまだ少しの間意識を保っています。

そして、後述のひょっとこ面の男と会話をした後、神歌の無事を願いながら意識を失い…。そこで、今回のお話は終了。

落下する来世と神歌

来世は死んでしまったのだろうか??多分死んではないと思うのですがね。

神歌は指輪の魔力を発動させていますし、この力で彼女は過去に来世の命を救っているわけですから。そもそもヨルムンガルドを倒すだけなら生大刀の一撃のみで良かったはずですから、指輪の魔力は別の何かに使われたと考える方が妥当でしょう。

ただ指輪の魔力には大気な代償がありますから、はたして神歌の方は大丈夫なのかどうか…。

落ちていく最中に神歌の鎧が崩れていくのがまた、暗示的なのですよね。

天御柱!!死の女神ヘルを打倒!!?

一方で、北欧神話における死者の国の支配者ヘルを相手取っていた伊勢も、ようやく八咫鏡のアップデート(笑)が終了します。

そして、ついに三種の神器が揃うことで使える大技”天御柱”を放ち、ヘルを退け…かけます。

さすがに相手も死者の国の支配者なだけあり、一筋縄ではいかないのですがね。なにせ日本神話でいうところの伊邪那美命ですからね。

ちなみに、ヘルはロキの娘でしたっけね?

神器解放…天御柱!!

ちなみに、天御柱の再充電完了(笑)までは八千六百時間かかるのだとか…。…約1年ですよ。それだけ強力だということなのでしょうね。むしろ、これに耐えたヘルを褒めるべきなのかも…。

まあ、1年とはいっても神の時間感覚としては大した長さではないのでしょうが、なかなかに使い勝手の悪い武器ですね。

あ、でも5発で死ぬとか、8発分しか使えないとかの誰かさんの武器に比べれば全然使い勝手が良いのか。

日本神話の武器は他の天界に比べてピーキーなのかなぁ。

ちなみに、天御柱で全身焼かれたヘルが再び迫ってきた際の伊勢が可愛い

伊勢が可愛い

神器を使い果たしてしまった伊勢は絶体絶命ですが、その時横からヘルを撃ち抜く砲撃に救われます。

新たな援軍の到来か?高天原からの増援でしょうか?それとも??

天上界連合軍、介入!!

伊勢を救った砲撃の主は…

天上界連合軍!!

率いるはギリシア神話のヘラクレス!!

伊勢は間一髪のところで救われましたが、そもそも天上界連合軍は何故オーディン側についたのだろうか…。

もちろん要請があったからなのだろうけれど、ラグナロク自体は北欧神話における予定調和でありこれまでにもなんども繰り返されているわけだから、他勢力が介入して止めるのは良いのだろうか…。

今回のラグナロクはロキによって人為的(神為的?)に引き起こされたものだから介入しても良かったのかな。

天上界連合の介入

それにしてもヘラクレスも天上界側なんですね。あの人は半神半人の英雄だったと記憶しているのですが…。

そうするとジークフリート(『ニーベルングの指環』でブリュンヒルデと愛を誓った相手)もでてくるのかね?

…ないか。もし、英雄ジークフリートが出てくるなら、このラグナロクで登場しないのはおかしいですもんね。

「改革派」とひょっとこ面の男!!

「天上界連合」と同時にもう一つの組織、敵対組織と思われる「革命派」の存在が”ひょっとこ面”の人物から示唆されます。

さらにこの人物の口から気になることが語られます。

それは…

大国主がかつて「革命派」の同志であった

ということ。

さらに、この人物は去り際に来世のことを「大黒天」殿と呼びます

今後の物語の鍵を握る存在になりそうなロキと行動を共にして暗躍していたこの”ひょっとこ面”の人物が誰なのかは非常に気になるところです。

ちょっと、考察してみましょう。

喋り方や、伊邪那岐と面識のあるところから日本神話の神の一柱であることが想像できます。

この人物の正体を考察するうえでポイントとなることは、上記の通りひょっとこの面と来世のことを「大黒天」と呼んだことですね。

このことから推測するに…

日本神話最大の火の神格”火之迦具土命(カグツチ)”ではないかと思われます!!

この結論にたどり着くには、少々説明が必要なのですが…

まず、このひょっとこ面の人物は男神で七福神の一柱だと思われます。

はいはい、わかっております。もちろんカグツチは七福神ではありません。少々お待ち下さいな。

七福神の一柱というのは、来世のことをわざわざ”大黒天”と呼んでいるところからの推測です。”大黒天”というのは、御存知七福神の一柱で大国主命と習合した神です。

わざわざ来世(大国主)のことを七福神としての呼び名で呼ぶということは、その辺りに二人の関係性が潜んでいそうですよね。

そうなると、この人物の正体は…

ひょっとこ面の男

まず間違いなく”ひょっとこ”でしょうね

はい、そうですね。ひょっとことカグツチがなぜつながるのかということですね。説明します。

え?その前に、なんで七福神でひょっとこなのかって??

実はひょっとこは七福神の一柱として数えられることがあるんですね〜。

福禄寿と寿老人は同じ南極星の化身とされているため、この二柱を同一と考える際に、もう一柱神が加えられるわけですが、その際に寿老人の代わりひょっとこも含められることがあるのです。

ひょっとこは火男とも書き、火神(竃神)です。

ひょっとこ自身も神様なので、”ひょっとこ面”の人物の正体は”ひょっとこ”である…で結論付けても良いのですが…。

では、ここから”ひょっとこ”と”カグツチ”をつなげていきます。*この先は100%推測の域を出ませんので、ご了承ください。

実を言うと、七福神のメンバーにも選出され、神楽の面としても有名なひょっとこですが、ひょっとこが何か別の神と習合しているとかも聞かない…というか、ひょっとこの正体はイマイチ謎に包まれているのですよね。

となると、その謎な部分から有名な神につなげる可能性は大いにありそうです。つまるところ、”ひょっとこ”の仮面をかぶって、そのふりをした別の火の神とかという線ですね。

でも、七福神には火の神様はいないしね。それで、火の神の代表格といえば竃三柱神(カグツチ、オキツヒコ、オキツヒメの三柱)ですが…。

そうするとワンチャン日本神話最大の火の神”火之加具土命”の可能性もあるかもしれないわけです。

なぜなら、火之加具土命、火焼速女命の男女二柱を祀る火男火売神社があるのです!!つまりここでは火之加具土命を火男(読み方は”ヒオ”ですが)と称しているわけです!!

しかも、実はこの火男火売神社の神体山である鶴見岳は大国主命とも因縁深いものなのです。鶴見山麓から湧く「速水の湯」を日本三古湯の一つ「道後温泉」にひき、小彦名命の病を治したという伝説があるのだそう。

やっぱり、”ひょとこ面”の人物の正体はそのままシンプルに”ひょっとこ”なのが一番妥当かもしれませんが、せっかくなのでカグツチノミコトなのではないかとしておきましょう

はたして当たっているか、どうか。楽しみですねェ。

では、今回はこのあたりで!!

『ライセカミカ』026は少年エース2019年7月号収録です。

ebookjapanでは電子書籍で読むことができます。

>>少年エース 2019年7月号

『ライセカミカ』を無料で読んでみよう!

>>『ライセカミカ』無料で試し読み!!

ebookJapanでは『ライセカミカ』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

>>イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

『ライセカミカ』レビュー記事

『ライセカミカ』028

天上界連合議長登場!!ライセに新たな密命か??新展開突入の予感!!そして...指環に愛が...拒まれた!??

『ライセカミカ』027

来世はどうなった!!?英雄に贈られる一振りの刀!!

『ライセカミカ』026

「天上界連合軍」と「革命派」!!”ひょっとこ面”の人物の正体は!!?

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider