『グレイプニル』著:武田すん レビュー感想記事リンク一覧

『グレイプニル』著:武田すん

『グレイプニル』最新話あらすじ速報

【グレイプニル 最新話情報!!】

【漫画速報】『グレイプニル』最新話あらすじ紹介!!(ネタバレ注意!!)
 
Shadow

⇧最新話情報は上リンクから!!⇧

『グレイプニル』最新レビュー感想

~あらすじ抜粋~

全部…私が悪いの 私があのときクレアに…あんなことを言わなければ…”。立ち昇り拡がりゆく負の瘴気を眺めてエレナは独白する。海斗との戦いを制し、修一とクレアは世界の崩壊を防いだはずだったが…。エレナの後悔の言葉と共に回想が始まる。

>>『グレイプニル』最新話レビュー感想

『グレイプニル』単行本最新レビュー感想

⇩⇩最新第10巻レビュー感想⇩⇩

⇧⇧あらすじ&見どころ紹介⇧⇧


https://manga.gyuujaku.com/gleipnir/gleipnir-s68-yamadajuku/

『グレイプニル』 最新刊情報!!

『グレイプニル』最新刊情報

>>第10巻あらすじ&見所紹介はこちら

発売日:2021年05月20日

『グレイプニル』 レビュー一覧

各話レビュー感想一覧

第68話「これからどうする?」

~あらすじ抜粋~

海人との死闘を終え、修一とクレアは辛くもほのかに飲み込まれゆく世界を破滅から救うことに成功する。戦いの最中 二人もまた重傷を負っていたが、三部のおかげで宇宙人の治療を受けることができ 一命をとりとめるのだった。その後、三船たちとともに紗耶香たちと合流し…。

>>『グレイプニル』第68話「これからどうする?」レビュー感想

第65話「クレアの願い」

~あらすじ抜粋~

新たな力で海斗と一対一の戦いを繰り広げる修一たち。しかし、無情にも海斗の巨大蟲が三船らを巻き込んで校舎を崩壊させる。理不尽かつ容赦無く奪われてく命を前にして”アイツ(海斗)を殺してくれ”と春日部の悲痛な叫び声が響く…。互角以上の立ち回りを見せる修一たちだったが、不死の海斗は再生する度にその力を禍々しく増大させていき、ついにはその凶刃が修一たちの胸を穿つ。修一はクレアの命だけでも救うために変身を解こうとするのだったが…。

>>『グレイプニル』第65話「クレアの願い」レビュー感想

第64話「心を一つに」

~あらすじ抜粋~

“言ったはずだ 俺を殺さなければ 後悔すると”。絶望的な力で学園を蹂躙し、修一たちの”日常”を壊す海斗。全校生徒の見守る中、融合した修一とクレアは再び海斗に対峙する。帰る場所も日常も失ってなお、守りたいもののために戦う修一たち。二段階目の融合による絶大な力をもって、海斗と互角以上の戦いを繰り広げるが…。戦いの最中、海斗は修一に問う。”この世界に守る価値があるのか”…と。そして、海斗の魔の手は三船を襲う…。

>>『グレイプニル』第64話「心を一つに」レビュー感想

第63話「湧き起こる力」

~あらすじ~

配下の能力者たちを引き連れ、突如修一たちの学校へと襲来した海斗。海斗は、修一にもはや”自分たちの戻ることができる世界はどこにもない”ことを知らしめるために、能力者たちに生徒たちを嬲り殺させ、修一の日常を容赦無く蹂躙していく。修一もまた 守りたいもののために”二度と日常に戻っては来れないこと”を覚悟し、三船の前で着ぐるみへと変身する。ここにきて修一は海斗をかつての友ではなく”排除すべきただの敵”だと見定めるのだった。一方、クレアもまた能力者に襲われかけていたが、一緒にいた春日部の”ある秘密”によって窮地を脱し、修一と合流することに成功する。生き残った学生たちに見守られるような形で、校庭の真ん中で海斗と対峙する修一とクレア。海斗の合図で能力者たちが押し寄せてくる中、”2段階目”の融合を果たした二人は…。

>>『グレイプニル』第63話「湧き起こる力」レビュー感想

第62話「守りたいもの」

~あらすじ~

ついに”第二段階”に至ることに成功した修一とクレア。小柳らにも協力を要請し、準備万端整えて2日後に海斗との決戦を臨む。翌日、修一とクレアは久しぶりに学校に登校し友人たちと束の間の日常を過ごしていた。改めて自分が守りたいものを確認した修一だったが、その日常を壊すかのように突如 校庭に海斗が現れ、校内は海斗とその配下により地獄に変わる。守りたいもののため、修一はクラスメイトの三船の前でためらうことなく変身し戦いに身を投じるのだった。

>>『グレイプニル』第62話「守りたいもの」レビュー感想

第61話「願い苦しむ」

~あらすじ~

修一自身の両親も含め、町から人が減っ宇宙船の墜落場所で…。”あなた達はただただコインを守っているだけ それって楽しい?” 海斗に支配され死ぬことも許されず従わされる能力者たちに、ほのかは問いかける。そして海斗も…。それでも”物語の主人公”はその”結末”を知っている…。

>>『グレイプニル』第61話「願い苦しむ」レビュー感想

第60話「クレア」

~あらすじ~

修一自身の両親も含め、町から人が減っている(消えている)ことを確認した修一とクレアは、改めて”二段階目”に進む方法を模索する。試行錯誤の中で修一とクレアは”二段階目”に至るための”引き金”に思い至るが、それはあまりにも危険な賭けで…。しかし、自分だけがいつまでも修一と一つになることができないことに焦りと苛立ちを抱えたクレアは、自らに向けて銃の引き金を引き…。そしてクレアは胸のうちにあった”恐怖”を修一に打ち明けるのだった。

>>『グレイプニル』第60話「クレア」レビュー感想

第57話「妹」

~あらすじ~

暴走する海斗を止めるべく “ふたりで”戦える力を手にした修一とエレナ。深い絆で結ばれた修一とエレナは、エレナが着ぐるみの修一を身に纏うことで、完全に一つとなり…。

単行本レビュー感想一覧

登場キャラクターまとめ

マガジンサードで連載中。レビュー感想、随時更新中です。

『マガジンサード』の他作品のレビュー一覧

>>レビュー作品一覧<<

レビュー作品一覧

『チチチチ』
『チチチチ』

著:クール教信者

『黄昏のエトス』
『黄昏のエトス』

著:艶々

『初めてのセンセ。』
『初めてのセンセ。』

著:春輝

『もののがたり』
『もののがたり』

著:オニグンソウ

『オオカミライズ』
『オオカミライズ』

著:伊藤悠

『ノー・ガンズ・ライフ』
『ノー・ガンズ・ライフ』

著:カラスマタスク

『大ダーク』
『大ダーク』

著: 林田球

『それでも歩は寄せてくる』
『それでも歩は寄せてくる』

著:山本崇一朗

『くノ一ツバキの胸の内』
『くノ一ツバキの胸の内』

著:山本崇一朗

『からかい上手の高木さん』
『からかい上手の高木さん』

著:山本崇一朗

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』
『SHAMAN KING THE SUPER STAR』

著:武井宏之

『SHAMAN KING レッドクリムゾン』
『SHAMAN KING レッドクリムゾン』

武井宏之/ジェット草村

『キノの旅 the Beautiful World』
『キノの旅 the Beautiful World』

シオミヤイルカ/時雨沢恵一/黒星紅白

『鬼滅の刃』
『鬼滅の刃』

著:我峠呼世晴

『あらくさ忍法帖』
『あらくさ忍法帖』

著:春輝

『チェンソーマン』
『チェンソーマン』

著:藤本タツキ

『ONE PIECE』-ワノ国編-
『ONE PIECE』-ワノ国編-

著:尾田栄一郎

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』
『ダーリン・イン・ザ・フランキス』

矢吹健太朗/Code:000

『この音とまれ!』
『この音とまれ!』

著:アミュー

『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』
『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』

矢吹健太郎/長谷川沙貴

『落日のパトス』
『落日のパトス』

著:艶々

『怪物事変』
『怪物事変』

著:藍本松

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』

著:和月伸宏

『恋する寄生虫』
『恋する寄生虫』

三秋縋/ホタテユウキ

『武装少女マキャベリズム』
『武装少女マキャベリズム』

黒神遊夜/神崎かるな

『プランダラ』
『プランダラ』

著:水無月すう

『ライセカミカ』
『ライセカミカ』

著:瀬川はじめ

『つぐもも』
『つぐもも』

著:浜田よしかづ

previous arrow
next arrow
『チチチチ』
『黄昏のエトス』
『初めてのセンセ。』
『もののがたり』
『オオカミライズ』
『ノー・ガンズ・ライフ』
『大ダーク』
『それでも歩は寄せてくる』
『くノ一ツバキの胸の内』
『からかい上手の高木さん』
『SHAMAN KING THE SUPER STAR』
『SHAMAN KING レッドクリムゾン』
『キノの旅 the Beautiful World』
『鬼滅の刃』
『あらくさ忍法帖』
『チェンソーマン』
『ONE PIECE』-ワノ国編-
『ダーリン・イン・ザ・フランキス』
『この音とまれ!』
『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』
『落日のパトス』
『怪物事変』
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』
『恋する寄生虫』
『武装少女マキャベリズム』
『プランダラ』
『ライセカミカ』
『つぐもも』
previous arrow
next arrow

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加