『もののがたり』 オニグンソウ レビュー感想記事一覧

『もののがたり』 著:オニグンソウ レビュー感想記事一覧

『もののがたり』最新話あらすじ速報

【もののがたり 最新話情報!!】

https://manga.gyuujaku.com/reviews/mononogatari-reviews/mononogtari-latest/
https://manga.gyuujaku.com/reviews/mononogatari-reviews/mononogtari-latest/
【漫画速報】『もののがたり』最新話あらすじ紹介!!(ネタバレ注意!!)
Shadow

⇧最新話情報は上リンクから!!⇧

『もののがたり』最新レビュー感想

~あらすじ抜粋~

現人神の天恵をえた”藁座廻” 時雨と吹雪を筆頭に、無尽蔵かつ圧倒的な傘陣営の戦力の前に劣勢を強いられる兵馬たち塞眼陣営。現世で扉を支える白百合の身にも”藁座廻” 凩の魔の手が迫る。さらに討伐隊で唯一 消息不明となっていた椿が唐傘に取り込まれた姿で、塵外と戦う門守代表の前に現れる。もはや塞眼陣営に打つ手無し、とも思われたが、門守代表の命を刈り取るかに見えた椿の鎌は塵外を討つ…

>>『もののがたり』最新レビュー感想

『もののがたり』単行本最新見所紹介

⇩⇩最新第12巻レビュー感想⇩⇩

⇧⇧あらすじ&見どころ紹介⇧⇧

『もののがたり』 最新刊情報!!

『もののがたり』最新刊情報

👉👉第12巻見どころ紹介&レビュー感想

発売日:2021年01月19日

『もののがたり』 レビュー一覧

各話レビュー感想一覧

八十一話「禍時 | マガトキ」

~あらすじ抜粋~

激化する藁座廻しとの戦い。もう一人の主 兵馬をぼたんの元へと連れていくという使命のために、因縁の相手 “名持ち”時雨を相手にする婚礼調度。激しい戦いの末、ついに時雨を追い詰めたかに見えたが、突如 現人神の”天恵”によりさらに”神さびる” 時雨の前になすすべなく倒れ臥…

>>八十一話「禍時 マガトキ」レビュー感想

七十六話「進攻 | シンコウ」

~あらすじ抜粋~

“引手”を扱う御三家のみが踏み入る術を持つ現世と常世の境界”黄泉路”、その広大な異界の中 血と血をつなぎ兵馬たちは ぼたんと唐傘がいる場所へと向かう。一方、”閉じる”力を持つ辻家の次期当主 辻白百合は皆を送り出した後、新たに作ったその境界への扉を閉じ切らない限界の隙間を維持する役割を担い、現世に残る。兵馬たちが”黄泉路”に踏み入れたことを察知した藁座廻”時雨”は、彼らを迎え撃つべく”骸の兵隊”を仕向ける。そして藁座廻”凩”は扉を制御している白百合を狙い、現世へとにじり出て…

>>第七十六話「侵攻 シンコウ」レビュー感想

七十五話「常世 | トコヨ」

~あらすじ抜粋~

藁座廻したちに連れ去られたぼたんは常世と現世の間、”黄泉比良坂”で目を覚ます。藁座廻したちは”現人神”の憑座であるぼたんの魂を削ぎ落とすため、”反魂”を儀式を始めるのだった。一方、現世では”反魂”の影響か、付喪神たちが異変を感じ取れるほどに、確実に常世寄りの付喪神の魔の手が伸び始めていた。肉薄する危機に塞眼陣営は最後の望みを託して兵馬を筆頭に次期御三家当主、婚礼調度、門守代表、八街紅緋を藁座廻したちのいる”境界”へと送り込むのだった。

>>七十五話「常世 トコヨ」レビュー感想

七十四話「追想 | ツイソウ」

~あらすじ抜粋~

“正直焦ってたんだよ ジイさん 俺も 鼓吹も”。その思い出の主は…。天日の脳裏をよぎる隼人の思念。そして”あの日”のことが明らかになる。誰もが認める天才 岐隼人と鼓吹。若くして当主をも超える実力を身につけた彼らは…

>>七十四話「追想 ツイソウ」レビュー感想

七十話「告白 | コクハク」

~あらすじ抜粋~

藁座廻の真の目的は、塞眼の身体を介して結界を突破することだった。次々と姿を現わす藁座廻たち。彼らの狙いは果たして…。京都三大付喪神の一角 大具足 挂は斎の結界の中に封じられ、兵馬とぼたんの元には天日が迫る。さらに5人目の藁座廻が姿を表したことで兵馬の絶望は加速する!!?

>>七十話「告白 コクハク」レビュー感想

六十九話「鼓動 | コドウ」

~あらすじ抜粋~

強襲してきた唐傘衆(元討伐隊)をそれぞれに鎮圧したかにみえた塞眼勢だったが、”藁座廻”の真の思惑は別にあったのだった。取り込んだ塞眼の身体を介することで結界をくぐり抜け、長月家、辻家に次々と現れる藁座廻たち。彼らの真の標的は…

>>六十九話「鼓動 コドウ」レビュー感想

https://manga.gyuujaku.com/mononogatari/mononogatari-s63/

単行本レビュー感想一覧

『もののがたり』第12巻

~あらすじ抜粋~

唐傘に飲み込まれた討伐隊メンバーによる急襲を同時に受けた長月家と辻家。さらに喰らった塞眼達の身体を介することで結界を抜け、”名持ち”の4体の藁座廻しが現れる!! 彼らの真の目的は果たして!!? そして、喰われた討伐体とともに唯一 人の身のまま戻ってきた造兵の身にも異変が生じ、時を同じくして”岐殺”天日がぼたんと兵馬の前に立ちはだかる。さらに、もう一体の新たな藁座廻しが兵馬の前に現れ…

>>第12巻あらすじ&見どころ紹介

レビュー作品一覧

『チチチチ』
『チチチチ』

著:クール教信者

『黄昏のエトス』
『黄昏のエトス』

著:艶々

『初めてのセンセ。』
『初めてのセンセ。』

著:春輝

『もののがたり』
『もののがたり』

著:オニグンソウ

『オオカミライズ』
『オオカミライズ』

著:伊藤悠

『ノー・ガンズ・ライフ』
『ノー・ガンズ・ライフ』

著:カラスマタスク

『大ダーク』
『大ダーク』

著: 林田球

『それでも歩は寄せてくる』
『それでも歩は寄せてくる』

著:山本崇一朗

『くノ一ツバキの胸の内』
『くノ一ツバキの胸の内』

著:山本崇一朗

『からかい上手の高木さん』
『からかい上手の高木さん』

著:山本崇一朗

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』
『SHAMAN KING THE SUPER STAR』

著:武井宏之

『SHAMAN KING レッドクリムゾン』
『SHAMAN KING レッドクリムゾン』

武井宏之/ジェット草村

『キノの旅 the Beautiful World』
『キノの旅 the Beautiful World』

シオミヤイルカ/時雨沢恵一/黒星紅白

『鬼滅の刃』
『鬼滅の刃』

著:我峠呼世晴

『あらくさ忍法帖』
『あらくさ忍法帖』

著:春輝

『チェンソーマン』
『チェンソーマン』

著:藤本タツキ

『ONE PIECE』-ワノ国編-
『ONE PIECE』-ワノ国編-

著:尾田栄一郎

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』
『ダーリン・イン・ザ・フランキス』

矢吹健太朗/Code:000

『この音とまれ!』
『この音とまれ!』

著:アミュー

『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』
『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』

矢吹健太郎/長谷川沙貴

『落日のパトス』
『落日のパトス』

著:艶々

『怪物事変』
『怪物事変』

著:藍本松

『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』

著:和月伸宏

『恋する寄生虫』
『恋する寄生虫』

三秋縋/ホタテユウキ

『武装少女マキャベリズム』
『武装少女マキャベリズム』

黒神遊夜/神崎かるな

『プランダラ』
『プランダラ』

著:水無月すう

『ライセカミカ』
『ライセカミカ』

著:瀬川はじめ

『つぐもも』
『つぐもも』

著:浜田よしかづ

previous arrow
next arrow
『チチチチ』
『黄昏のエトス』
『初めてのセンセ。』
『もののがたり』
『オオカミライズ』
『ノー・ガンズ・ライフ』
『大ダーク』
『それでも歩は寄せてくる』
『くノ一ツバキの胸の内』
『からかい上手の高木さん』
『SHAMAN KING THE SUPER STAR』
『SHAMAN KING レッドクリムゾン』
『キノの旅 the Beautiful World』
『鬼滅の刃』
『あらくさ忍法帖』
『チェンソーマン』
『ONE PIECE』-ワノ国編-
『ダーリン・イン・ザ・フランキス』
『この音とまれ!』
『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』
『落日のパトス』
『怪物事変』
『るろうに剣心 -明治剣客浪漫譚・北海道編-』
『恋する寄生虫』
『武装少女マキャベリズム』
『プランダラ』
『ライセカミカ』
『つぐもも』
previous arrow
next arrow