【漫画速報】『もののがたり』最新話あらすじ紹介!!(ネタバレ注意!!)

『もののがたり』 最新話 あらすじ紹介

現在の『もののがたり』の最新話は『ウルトラジャンプ』2022年2月号(2020年1月18日発売)に収録の八十五話「時風 | トキツカゼ」です。次エピソードは2022年2月19日発売予定の『ウルトラジャンプ』2022年3月号掲載です。

本記事では『ウルトラジャンプ』で連載中の『もののがたり』の最新話あらすじを速報で紹介しています。詳しい感想などは追って別記事で紹介していますので、そちらもどうぞ。

*更新情報はtwitterで配信しています。(@yomu_yomazaru)

では『もののがたり』最新話 のあらすじを簡単に紹介します。

“やってやるのはここまでが妥当ー ここからは自分の手でケリをつけろ”。畏怖と安堵の入り混じった空気感は、挂の一言で再び緊張する。圧倒的な挂の一撃の前に散ったかと思われた凩は、虫の息ながらもその形と暴威を保っていた。魂が「常世」に根差す唐傘はその生命力も常世から延々と供給される。甚大なダメージを負うものの未だ悪天”竜巻”を纏い、現世の塞眼達を追い詰めていく凩だったが、そこに新たな助っ人たちがとてつもない奥の手を持って現れる!!?一方、唐傘が総出で仕留めにかかった元塞眼陣営 最強の一角”辻家引手”の付喪神 塵外師範を相手取る椿と門守代表。源流である引き手術に加え、唐傘の力も使いこなし2人を相手にしてなお優勢に戦いを進める塵外だったが、門守代表に危機が迫った瞬間、椿の表情が妖しく煌めく…。

【漫画感想】『もののがたり』八十五話「時風|トキツカゼ」”戦場に妖しく煌めく紅い華!!現世陣営の奥の手!!討伐完了!!?”あらすじ紹介&レビュー感想!!

*『もののがたり』八十五話「時風 | トキツカゼ」は『ウルトラジャンプ』2022年2月号に掲載です。

『ウルトラジャンプ』

現在の最新レビュー感想記事はこちら↓↓

⇩⇩最新第85話レビュー感想⇩⇩

⇧⇧最新第85話レビュー感想⇧⇧

『もののがたり』最新刊情報

👉👉第13巻見どころ紹介&レビュー感想



最新話以前のエピソードの感想は↓↓