【漫画速報】『魔法使い黎明期』最新話あらすじ紹介&レビュー感想!!(ネタバレ注意!!)

『魔法使い黎明期』 最新話 あらすじ紹介

現在の『魔法使い黎明期』の最新話は『月刊少年シリウス』2022年2月号(2021年12月24日発売)に収録の第26話 「暴虐の生き方」です。次号は2022年1月24日発売予定です。

本記事では『月刊少年シリウス』で連載中の『魔法使い黎明期』の最新話あらすじを速報で紹介しています。

*更新情報はtwitterで配信しています。(@yomu_yomazaru)

では『魔法使い黎明期』最新話 のあらすじを簡単に紹介します。詳しいレビュー感想は記事下のリンクから↓↓

【簡単あらすじ解説】

国宝があるであろうボス部屋に入るためにサラマンダーと鍵をなんとかしなくてはならないセカイは、一度仲間達の元へと撤退する。多少のゴタゴタはあったものの、リーファも含め皆がセカイの協力要請を受けることに…。時間停止によって、仲間達をサラマンダーの元に運び、配置につかせたセカイはサラマンダー討伐のとんでもない奇策を発動させる!! そして同時にもう一つの世界の住人達のオフショアロープへの大移動を開始する!!

*詳しいレビュー感想などは記事下部のリンクからどうぞ。

『魔法使い黎明期』第26話「暴虐の生き方」 は『月刊少年シリウス』2022年2月号に掲載です。

『月刊少年シリウス』

詳しいレビュー感想はこちら↓↓

⇩⇩最新第26話レビュー感想⇩⇩

⇧⇧最新第26話レビュー感想⇧⇧


『魔法使い黎明期』最新刊情報

『魔法使い黎明期』最新第4巻

【あらすじ】「君たちはこの村で魔法使いとしてなんらかの成果を上げなければならない。」ゼロにそう言われ、村で各自自分の店を持つことになった若き魔法使いたち。ホルトは便利屋、クドーは村の診療所の手伝い、そしてセブはそんな彼らを補佐する魔力屋として村で仕事をはじめた。だが、彼らはすぐさま己の無力さを思い知ることに…。『ゼロから始める魔法の書』の虎走かけるがおくる本格ファンタジー、挫折と成長の第4巻!!2021/10/07

最新話以前のエピソードの感想は↓↓