『性食鬼』著:稲光伸二 レビュー感想&見所紹介記事一覧

『性食鬼』 著:稲光伸二

『性食鬼』最新レビュー感想

~あらすじ抜粋~

校長の目論見で信じられないほどのエロ制服の着用を強制されてしまったいずみたちは、これまで以上に全校男子生徒たちの下卑た好奇の視線に晒されながらこれまで以上に大変な学園生活を強いられる。そんな中、新制服ではいずみの乳輪が隠れきっていないことをきっかけに、Zクラスの生徒たちはそれぞれの”大事なところ”が隠れているかどうかを互いに確認し始めるが…。

『性食鬼』単行本最新レビュー感想

~あらすじ~

エロスの一時復活よりいずみは女王によって地下に拘束されていた。仙川は 友人としていずみを救うべく地下に潜入するが…。着ぐるみたちのフェロモンにアてられた仙川の身に異変が生じ、驚くべき事実が明らかになる。一方、特待生たちはペルファドルからある課題を与えられていた。課題の達成要件は限られた時間内でパートナーとして選出された男子生徒を手で触れることなく射精させること。タイムリミットに間に合わなければ…。

『性食鬼』 最新刊情報!!

『性食鬼』 レビュー一覧

各話レビュー感想一覧

orgasm.136「根源的な力なのです」

~あらすじ抜粋~

特待生達に与えられた課題”射精させゲーム”。課題終了後、校長に集められた特待生達はエロスの測定を行う。エロスに反応する石を使って測定した特待生達のエロス序列が判明!!?トップと最下位は意外な(?)人物だった!!? 一方、いずみのエロス復活の方法が判明した以上彼女を学園から離した方が賢明だと、動き出す水天宮達の前には王子が現れて…。

>>Orgasm.136「根源的な力なのです」レビュー感想

orgasm.135「もう僕だけのものにしてもいいよね」

~あらすじ抜粋~

能見を射精させるための最後の一押しとして、他校の不良男子とキスをする長谷。能見は射精に至り、長谷は課題クリアとなるのだが、一連の出来事を見続けて精神は限界を超えた能見は長谷を襲う!! 一方、綾瀬にぬいぐるみの力を与えられた不良男子は、長谷のエキスを吸って…。まさかのバトル勃発!!? 長谷をかけたナイト争いが始まる!!

>>Orgasm.135「もうボクだけのものにしてもいいよね」レビュー感想

orgasm.134「それを探して持ってきたよ」

~あらすじ抜粋~

能見ともども男子生徒全員を触れずに射精させてみせるという決意とは裏腹に、薬によってエロスが高まった身体は男子生徒達に視姦されただけで潮を吹いて絶頂を迎えてしまう…。男子生徒達から”潮で汚した部分を身体を使って洗え”と要求され、更なる恥ずかしめを受ける長谷。その状況に能見の勃起率もようやく100%を超え、限界を迎えたかと思われた瞬間、全てを台無しにする事態が…。

>>Orgasm134 「それを探して持ってきたよ」レビュー感想

orgasm.132「退路を断ちましたか」

~あらすじ抜粋~

長谷のパートナーである能見の性癖が”NTR”であることが判明する。タイムオーバーのペナルティである他校男子生徒のシャワールームへの来訪は、”NTR”にはまさしく最高のシチュエーションで…。追い詰められた長谷は自ら能見にキスをするが、実は能見は解毒剤を飲んでおらず…。もはやどうすることもできない長谷は綾瀬に降参を申し出るが…。”何を言ってるんスか〜?その負けのペナルティーがコレなんですけどぉ?”

>>Orgasm132「退路を断ちましたか」レビュー感想

orgasm.131「嫌だからこそ」

~あらすじ抜粋~

校長ペルファドルが特待生たちに課した「射精させゲーム」。特待生たちはパートナーの男子を触れることなく射精させ、粘膜同士の接触によって性感増強剤を中和させなくてはならない。稲垣、関谷に続き、もっともクリアから遠いと思われた伊崎麗美も無事に課題を達成し、残されたのは風間と長谷の二人…

>>Orgasm131「嫌だからこそ」レビュー感想

orgasm.127「午後の天使たち」

~あらすじ抜粋~

男子生徒たちに粘膜を舐めさせることはどうしても避けたい特待生たち。最悪のルートをさけるべく、男子生徒たちを視覚のエロスだけで射精させるべく奮闘する。伊崎麗美は一気に片をつけるべく 足を上げて至近距離から ま○こを見せつけるのだったが、追い詰められた小林の予想外の行動に…。一方、稲垣愛菜はパートナーである小野崎に射精を懇願するが、小野崎は稲垣に”天使”ではないことを証明するために”あること”をしてくれるよう要求をする…

>>orgasm.127「午後の天使たち」レビュー感想

orgasm.126「エロスファンタジー」

~あらすじ~

事前のマッサージで性感増強剤を塗りこまれていた特待生たち。薬が体内に浸透するに伴って5人はこれ以上ないレベルで発情してしまい、肌に指が触れるだけで感じるほどにまさしく全身性感帯となってしまう(伊崎は陥没乳首が勝手に勃つほど、関谷に至っては母乳が止まらないほど…)。さらに仮に男子生徒を射精させて鍵を手に入れたとしても、薬の効果は無くならないことが判明する!!? 薬を無効化する唯一の手段は、解毒剤を摂取している男子生徒たちが、特待生たちの粘膜を舐めることだと…!! 不利すぎる(嫌すぎる?)展開を特待生たちはどう乗り切るのか…。

>>orgasm.126「エロスファンタジー」レビュー感想

orgasm.125「ゲームスタート!」

~あらすじ~

校長から”触らずに男子を射精させろ”という課題を与えられた特待生たち。時間をかければシャワー室を利用しにやってくる他校の男子生徒に見つかってしまうという状況で、一刻も早く課題をクリアして更衣室のロッカーの鍵を手に入れたいところだが…。綾瀬ゆみるが審判として登場し、特待生たちはそれぞれが自分を”推し”としている男子生徒と2人一組で個室へと移動する。いよいよ課題(ゲーム)がスタートする!!男子生徒たちの”勃起度”はケースで測定されており、虚偽の申告は不可。それぞれに大なり小なり歪んだ性壁の持ち主のようだが、一様に女子の裸体への耐性は低いらしく、エロスの増した特待生からすれば余裕かと思われたが…!!?

>>orgasm.125「ゲームスタート!」レビュー感想

orgasm.124「本番です!」

~あらすじ~

王子によって女王の意識が封じられ、高幡の意識が表面化する。再び女王が目覚めるリスクを考えつつもリカは高幡を連れ帰ろうと試みるが、彼女の前に校長が立ちはだかり、高幡を連れ去ってしまう。しかし、今の高幡の中からは女王は完全に消えてしまっていて、着ぐるみたちにも打つ手はなく…。一方、特待生たちは特訓の”本番”としてシャワールームで新しい課題を与えられていた。その課題とは…

>>orgasm.124「本番です!」レビュー感想

orgasm.123「開放」

~あらすじ~

着ぐるみに犯されそうになり”あの日”の記憶を取り戻した仙川。なんと彼女は国領の手によっての高幡の実験台にされていたのだった。仙川の子宮に仕込まれた”何か”が女王(高幡)の子宮と共鳴し、女王の意識に高幡の記憶が流れ込む!! 高幡の意識に精神を支配されそうになることと背後にいる国領への怒りから自らの腹を引き裂いて子宮を握りつぶそうとする女王だったが…。王子が現れて、女王を眠らせた上でいずみに思わせぶりな発言を残しその場から立ち去る。そこに駆けつけたリカと、目を覚ます高幡…。役者が揃った??

>>orgasm.123「開放」レビュー感想

orgasm.122「子宮の記憶」

~あらすじ~

“今度は私が助ける!!” いずみの救出するべく、学園の地下への潜入を試みた仙川ちゃん。しかし、タイミング悪く”エキス当番”を連れた着ぐるみ教師と遭遇してしまいます。その場をなんとか取り繕い、一行とともに地下に赴く仙川ちゃんでしたが、充満する着ぐるみの匂いにアてられ倒れてしまうのでした。彼女のエキスに目をつけた着ぐるみの一体に奥の部屋に連れて行かれ、エキスを吸われそうになった瞬間、脳裏に”ある記憶”が蘇り仙川ちゃんの体に異変が…。

>>Orgasm122「子宮の記憶」レビュー感想

orgasm.119「調教開始」

~あらすじ~

狛江との接触でエロスが爆発的に溢れ出すことが明らかになったいずみ。いずみの中に自らの失った”種”の存在を感じ取った女王だが、天敵である狛江の精子のために いずみに接触することはできない。そこで女王は 快感を与え続けることで、狛江を必要とせずとも いずみが自ら求めるように仕向けることに決め…。エキスを求めない特別製の着ぐるみたちによる いずみへの壮絶な調教が始まる。

>>Orgasm119「調教開始」レビュー感想

単行本 あらすじ&見所紹介 記事一覧

『性食鬼』第15巻

~あらすじ~

烏丸を奪還すべく着ぐるみ星人のエキス集積所に潜入したリカだったが、逆に烏丸を拘束していた超拘束生物ガルビヲンによって身体中のエキスを絞り取られるかというほどに搾取されてしまう…。さらに烏丸の一件から、話は遡り外伝の”あの人物”も登場する強化服開発の秘話が明かされる!! 一方、特待生たちのおもちゃにされていた狛江だったが、体育館の一件以来 完全にエロスを失っていたいずみと接触したことで、いずみのエロスがついに…!!

>>第15巻あらすじ&見所紹介&感想

『性食鬼』第16巻

~あらすじ~

エロスの一時復活よりいずみは女王によって地下に拘束されていた。仙川は 友人としていずみを救うべく地下に潜入するが…。着ぐるみたちのフェロモンにアてられた仙川の身に異変が生じ、驚くべき事実が明らかになる。一方、特待生たちはペルファドルからある課題を与えられていた。課題の達成要件は限られた時間内でパートナーとして選出された男子生徒を手で触れることなく射精させること。タイムリミットに間に合わなければ…。

>>第16巻あらすじ&見所紹介&感想

『ヤングチャンピオン烈』の他作品のレビュー一覧

『性食鬼』最新刊情報

『性食鬼』最新第17巻

【あらすじ】エロス特待生による「非モテ男子イカせゲーム」はタイムリミットを迎え、他校柔道部が入室!! 全裸の長谷さんに欲望丸出しの男子が襲いかかるが…。そこには魔女化した綾瀬の次なる陰謀が…!?