【漫画速報】『真・一騎当千』最新話あらすじ紹介!!(ネタバレ注意!!)

『真・一騎当千』 最新話 あらすじ紹介

本記事では『ヤングキングアワーズ』で連載中の『真・一騎当千』の最新話あらすじを速報で紹介しています。詳しい感想などは追って別記事で紹介していますので、そちらもどうぞ。

*更新情報はtwitterで配信しています。(@yomu_yomazaru)

現在の『真・一騎当千』の最新話は『ヤングキングアワーズ』2021年9月号(電子版2021年8月4日配信開始)に収録の第51話です。

では『真・一騎当千』最新話 のあらすじを簡単に紹介します。

【第51話あらすじ紹介】

三種の神器の共鳴により、鬼門 安土城に光柱が立ち上がり”幻の金印”の在りかを示す。光柱に導かれるように各地の闘士たちが金印を目指し山頂へと向かう。その中には関東最強闘士 関羽雲長の姿もあった。京都滋賀の全道路が封鎖された今 唯一最短の経路である琵琶湖疏水を守る十二神将たち。関羽の前には十二神将随一の破魔の持ち主 摩候羅が立ちはだかる。一方、伏見稲荷で因縁にケリをつけた趙雲子龍と山田朝右衛門は互いに背中を預けあい、押し寄せる兵たちを迎え撃つのだった。

*『真・一騎当千』第51話は『ヤングキングアワーズ』2021年9月号に掲載です。

👉\こちらから読めます!!/👈

『ヤングキングアワーズ』

詳しい感想記事はこちらから↓↓

⇩⇩最新第51話レビュー感想⇩⇩

⇧⇧最新第51話レビュー感想⇧⇧


⇩⇩『真・一騎当千』全巻紹介⇩⇩

⇧⇧最新巻 見所紹介⇧⇧

『一騎当千』最新刊情報

最新話以前のエピソードの感想は↓↓