【エロすぎ注意】”仙川に異変!!?特待生たちのエロすぎる課題!!”『性食鬼』第16巻あらすじ&見所紹介

『性食鬼』最新刊情報

👉👉第16巻見どころ紹介&レビュー感想

『性食鬼』第16巻あらすじ&見所紹介&感想

【最新話情報&あらすじ紹介】

Shadow

↑最新話あらすじ紹介!!↑

『性食鬼』単行本 第16巻 概要&あらすじ紹介

まずは『性食鬼』第16巻の概要についてご紹介。第16巻発売は2021年8月19日になります。収録エピソードは以下の8話です。

では続いて『性食鬼』第16巻のあらすじを簡単にまとめておきます。

【第16巻 簡単あらすじ解説】

校長ペルファドルの管理下でエロス至上主義の体制で生まれ変わった学園。いずみは女王によって地下に拘束されていた。仙川は 友人としていずみを救うべく地下に潜入するが…。着ぐるみたちのフェロモンにアてられた仙川の身に異変が!!?驚くべき事実が明らかになるのだった。一方、特待生たちはシャワールームでペルファドルからある課題を与えられていた。課題の達成要件は限られた時間内でパートナーとして選出された男子生徒を手で触れることなく射精させること。タイムリミットに間に合わなければ、制服を取り返すことできず全裸のまま、何も知らされていない他校の男子生徒たちと鉢合わせなくてはならない!! しかし、パートナーとなった男子学生たちは、それぞれにコアな性癖の持ち主で…。

それでは『性食鬼』第16巻の見所を少しネタバレ込みで紹介します!!

『性食鬼』第16巻は以下のリンクから無料試し読みができます。見所、感想を読む前に、読んでおきたいという方はまずは下記リンクからどうぞ。

👉\こちらから読めます!!/👈

『性食鬼』第16巻

『性食鬼』第16巻の見所紹介&感想

第16巻では、久々の登場の仙川さん(表紙も!!)と 特待生たちにメインで焦点が当てられます。まさか仙川さんがあんなとんでもない巻き込まれ方をしていたとは…。そもそも随分前に描かれたあの出来事が、まさか伏線になっていたとは…!!そしてこれまた魅力的なキャラクターの揃う特待生ですが、今回は特におっぱい属性の3人、関谷真帆(巨乳&母乳)、伊崎麗美(陥没)、稲垣愛菜(桜色の透明感)のエロスが炸裂します。とんでもなくエロいです。

そんな『性食鬼』第16巻ですが、エロスと見所が盛りだくさん。さらに第16巻では意外なあの人物が意外な形で再登場します!では個人的な見所を3つに絞ってご紹介します。それぞれの見所に見出しをつけると…

  • 仙川の身に何が起こった!!? まさかの三人目…!!
  • 女王消滅!!?
  • エロすぎる特待生向け課題「射精させゲーム」!!

と、いうところですね。ではそれぞれについてもう少し踏み込んでご紹介しましょう。また、第16巻のエロすぎるハイライトについても少しだけご紹介します。

仙川の身に何が起こった!!? まさかの三人目…!!

まずは、何と言っても とにかく仙川さんが良い子すぎますね。着ぐるみ星人の支配下に入って学園が完全におかしくなっている状況で、友達だからと 自らの危険も顧みず いずみの救出を決行します。そもそも仙川さんは可愛いので久々に出番が回ってきたのは嬉しい限りですね。しかも今回は表紙まで飾ってますし。

いずみの救出するべく、学園の地下への潜入を試みた仙川さんでしたが、タイミング悪く”エキス当番”を連れた着ぐるみ教師と遭遇します。なんとか取り繕って、”エキス当番”との一人と偽って地下へと進みますが、充満する着ぐるみの匂いにアてられ倒れてしまいます。そんな仙川さんは着ぐるみに目をつけられ、エキスを吸われそうなりますが…。

そ瞬間、仙川さんの脳裏に”ある記憶”が蘇り、体に異変が生じるのでした。記憶というのは、ここでもまた国嶺が関係してきます。何と驚くべきことに、仙川さんはいわば”3人目”だったのです!!何の”3人目”かはここでは伏せておきますが…。

それにしても、あんなに前から(単行本4~5巻くらいか?あまり覚えてないけど…)伏線として張られていたとは驚きでしたね。思い返してみれば、確かに着ぐるみに色々といたずらされた後、なぜか仙川さんだけ特別敏感になっていた様子が繰り返し描かれていましたね。特にいずみに対して発情していたのもそういうことだったのかも…!! しかし、烏丸に”触診”された際は特に女王的な反応はなかったはずですが…。

女王消滅!!?眠りについた

さて、いずみを助けに行った仙川さんでしたが、いずみの元には女王(高幡)も現れます。実は第16巻では女王の身にも大きな変化が起こるのです。というのも、仙川さんの体に起きた異変が女王にも伝わり(詳細は伏せますが)、高畑の記憶が女王の意識に流れ込みます。

ご存知の通り、プライドの高い女王が 下等な人間などに精神を支配されることをよしとするわけもなく、怒りに熱くなった女王は自らの手で、腹を裂き子宮を潰そうとします。しかし、そんなことをしては女王自身も無事ではすみません。

女王が凶行に及ぶ直前に、王子が現れ彼女を眠りにつかせます。正直、王子が未知数すぎるんですよね。一瞬で女王を眠らせることのできるほどの圧倒的な強さとほぼ万能とまで思える能力の数々(空まで飛べます)、そして何よりは生まれたばかりであるとは到底思えない程に事情に通じている感じね。女王も知りえない重要な何かを知っているような素ぶりが見え隠れします。本能なのか、それともここでもまた国嶺が関わっているのか…

そして、女王が眠りについたことで、その器となっていた高幡が目を覚まします。高幡は再び自分の意識が表出する状況を予想していたのだろうか?そして、この後彼女がどのような行動に出るのか?高幡と仙川の記憶から、新たに国嶺の思惑が明らかになりつつありますが、果たして…。

ちなみに、王子によって強制的に眠りにつかされた女王のその後は、単行本16巻発売時点での最新連載エピソード第131話「嫌だからこそ」にて明らかになっています。>>第131話「嫌だからこそ」あらすじ紹介&レビュー感想

エロすぎる特待生向け課題「射精させゲーム」!!

さて、いずみや女王が大きめの転機を迎える中、特待生たちは特待生たちで大きな転機を迎えます。校長ことペルファドルの思惑は、特待生たち一人一人にそれぞれパートナーの男(着ぐるみ)をつけ、強力なエロスを持った女子とそのエキスで強力になる着ぐるみのペアの戦闘用着ぐるみ軍団を育てること。

ついにペルファドルの計画が本格的に始動し、ここまで単に特権に浸って甘い汁を吸うばかりでいられた特待生に難易度の高い課題が課されました。課題というのは「射精させゲーム」。特待生全員がシャワーを浴びている際に、全員分の着替えを個別のロッカーに入れ鍵したペルファドルは、パートナーとして選出した男子生徒につけさせた貞操帯の中にその鍵を入れます。そして、その貞操帯は男子生徒が射精しない限り外すことはできず、また外部からは決して触るなど、刺激を与えることができないようになっています。

つまり、特待生に求められるのは、手を触れることなくエロスのみで男子生徒を射精させること。しかしながら、当然ながら そんなに簡単なことではなく、特待生たちには事前に性感増強剤がたっぷりと身体中に塗りこまれており、さらには数十分後には何も知らない他校男子生徒たちがシャワー室になだれ込んでくるという時間制限付き。その上、パートナーの男子生徒たちは皆それぞれに、高校生とは思えないかなりコアで歪んだ性癖の持ち主です。風間さんが”最高にキモいな”と言い放っていますが、例えば彼女の相手は極度の筋肉フェチです(笑)

さて、ここから特待生編が始まるのですが、これがまたエロいのなんのって、正直その辺の成人雑誌よりもはるかにエロいです。第11巻あたりで特待生たちのそれぞれの特性が一通り明らかになっていますが、とにかく それらをさらに深くマニアックに、フェティシズムにまみれ、男子生徒たちのコアな歪んだ性癖と絡めてエロスにエロスに重ねて描いていく感じです。

『性食鬼』第16巻のエロすぎるハイライト

さて、上で書いたように第16巻では特待生たちのエロスが存分に描かれる「射精させゲーム」が始まります。ここでは、どれほどエロいのかほんの少しだけ紹介してしまいます!!

吹き出す母乳がエロすぎる国宝級巨乳な関谷さん!!

まずは、特待生の中でもリーダー格になっている関谷真帆。彼女は、全校生徒の中でも際立って大きなバストの持ち主です。「100人に聞きました」で舞台の上でその豊満な胸を晒した際には、”国宝”との声が上がったほどです。さらに、冷たく毒を吐く彼女にはM属性の男はイチコロでしょう。しかし、実は彼女のパートナーに選出された男子生徒の性癖はただのドMではありませんでした(笑)

関谷さんには、さらなる特性として、生理痛を抑えるための副作用として母乳が出てしまうといものがあります。性感増強剤で全身の感度が倍増されている関谷さんは軽く水たまりになるほどに母乳を吹き出しています。あまりのエロさに絶句します。さらに、自らの意思に反して吹き出す母乳に、クールビューティーな関谷さんが焦り恥ずかしがる姿も必見です!!

引っ込み思案の乳首が飛び出す!!?好戦女子 れいぴん!!

胸、といえばもう一人忘れてはいけないのがこの人物、伊崎麗美です。重度の陥没乳首の持ち主の彼女も第16巻でなかなかのエロスを披露します。もともと露出願望を持ち、ネット配信で”れいぴん”としてかなり際どい配信を行っていた彼女ですが、なんと彼女のパートナーとして選出されたのは「100人に聞きました」の際に、彼女の正体をバラそうとした天敵とも言える”小林”。

当然、れいぴんは小林に対して好戦的に立ち振る舞います。そんなれいぴんがプライドにかけて絶対に避けたいことは小林に陥没乳首を見せること。性感増強剤で徐々に追い詰められつつも、小林との駆け引きを行う中で れいぴんが発した言葉は”助かった… 興奮して乳首が立った”。さてさて、果たしてこんなセリフがあって良いものでしょうか?性感が上がりすぎて判断能力が鈍っているのかもしれませんが、正直、陥没時より勃起時を見られる方がエロいでしょう。

さらに、関谷真帆、伊崎麗美の他に1年生の稲垣愛菜についても第16巻ではじっくりと描かれています。彼女の相手はアイドルオタク気質な男子生徒で、彼女を神聖しすぎるが故にどう頑張っても射精することができません。そんな彼が状況を打開する方法として、愛菜に頼んだことは 彼女が一人の人間であることを証明するために最も汚い部分、そう肛門を見せてくれ…というとんでもない頼みでした!!?

さあ、ますますエロスが加速する『性食鬼』第16巻。是非読んでみては ??



『性食鬼』最新刊

『性食鬼』レビュー一覧

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です