『性食鬼』orgasm.127「午後の天使たち」”変態的要求!!?人間の部分を見せてくれ!!?”|『性食鬼』あらすじ紹介&レビュー感想

『性食鬼』最新刊情報

👉👉第16巻見どころ紹介&レビュー感想

『性食鬼』orgasm.127「午後の天使たち」あらすじ紹介&レビュー感想

【性食鬼 最新話情報!!】

Shadow

⇧最新話情報は上リンクから!!⇧

『性食鬼』orgasm.127「午後の天使たち」あらすじ紹介

まずは『性食鬼』orgasm.127「午後の天使たち」のあらすじを紹介します。

*『性食鬼』orgasm.127「午後の天使たち」は2021年月20日発売の『ヤングチャンピオン烈』2021年5月号に掲載のエピソードです。

【あらすじ紹介】

『性食鬼』orgasm.127「午後の天使たち」より

男子生徒たちに粘膜を舐めさせることはどうしても避けたい特待生たち。そんな彼女たちに綾瀬ゆみるもまた”エナジードリンク”を口にしており、鍵を手に入れられた勝者には彼女がキスをすることも可能であることが告げられる。そこに唯一の活路を見出した特待生たちは、最悪のルートをさけるべく、再び男子生徒たちを視覚のエロスだけで射精させるべく奮闘する。伊崎麗美は一気に片をつけるべく 足を上げて至近距離から ま○こを見せつけるのだったが、追い詰められた小林の予想外の行動に…。一方、稲垣愛菜はパートナーである小野崎に射精を懇願するが、小野寺は彼女を”天使”だと神聖視するあまり勃起すら萎えてしまう。小野崎は稲垣に”天使”ではないことを証明するために”あること”をしてくれるよう要求をするが…!!?

今回メインで描かれた特待生は2人です。1人目は前回に引き続きれいぴんですが、彼女に関してはパートナーの小林裕二の予想外の行動によってちょっと意外な変化が訪れそうな感じです。もう1人メインで描かれたのは稲垣愛菜です。扉絵も彼女でしたが、とんでもなくエロかったですね。パートナーの小野崎は彼女を神聖視するあまり射精不能に陥るのですが、最終的に彼が要求したことは一周回ってとんでもないことでした!!間違っても神聖な存在に要求してはいけないことですね(笑)

その要求を聞いた際の稲垣愛菜の反応がこちら↓↓

果たして小野崎は”天使”に何を要求したのでしょう!!?

感想&ネタバレを読む前に、本編を読んでおきたいという方はまずは下記リンクからどうぞ!

*『性食鬼』orgasm.127「午後の天使たち」は2021年8月19日発売の単行本第16巻に収録されています。

👉\こちらから読めます!!/👈

『性食鬼』第16巻

『性食鬼』orgasm.127「午後の天使たち」レビュー感想

今回も期待を裏切らないエロス濃度でしたね。

そもそも上気した全裸の美少女に”射精、射精してください”って懇願される状況がすでにとんでもなく扇情的ですよね。

レビュー感想は近日公開予定です。乞うご期待!!

Protected Area

This content is password-protected. Please verify with a password to unlock the content.

『性食鬼』最新刊

『性食鬼』レビュー一覧

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です