『性食鬼』Orgasm.132″タイムオーバー!!全裸の長谷にペナルティ執行!!?”「退路を断ちましたか」あらすじ紹介&レビュー感想!!

『性食鬼』最新刊情報

👉👉第16巻見どころ紹介&レビュー感想

『性食鬼』Orgasm.132「退路を断ちましたかあらすじ紹介&レビュー感想

【最新話情報&あらすじ紹介】

Shadow

↑最新話あらすじ紹介!!↑

Orgasm.132「退路を断ちましたか」あらすじ紹介

まずはこれまでのあらすじを踏まえて『性食鬼』Orgasm.132「退路を断ちましたか」のあらすじを紹介します。

*『性食鬼』Orgasm.132「退路を断ちましたか」は2021年9月20日発売の『ヤングチャンピオン烈』2021.No.8に掲載されたエピソードです。

【Orgasm.132「退路を断ちましたか」簡単あらすじ解説】

パートナーである能見を射精させることができないまま、ついに最後の一人となってしまった長谷。能見の性癖が”NTR”であることが判明するものの、時すでに遅く、課題をクリアした特待生たちとともに他の男子生徒たちが去ってしまった状況で、その性癖を刺激するのは至難の業だった。さらにペナルティである他校男子生徒の来訪は、”NTR”にはまさしく最高のシチュエーションで…。追い詰められた長谷はなんとか身体の発情状態だけでも解こうとして 自ら能見にキスをするものの、実は能見は解毒剤を飲んでおらず…。もはやどうすることもできない長谷は綾瀬に降参を申し出るが…。”何を言ってるんスか〜?その負けのペナルティーがコレなんですけどぉ?”

まさかの、タイムオーバー!!?全裸で勝つ、絶賛発情状態の長谷さんが下世話な他校男子生徒たちの前に放り出される!!と言うわけで、特待生たちの「射精させゲーム」編のクライマックスです。正直、長谷さんだけパートナーの性癖がむずかすぎる気がするんですが…。

それではOrgasm.132「退路を断ちましたか」の感想です!!

『性食鬼』Orgasm.132「退路を断ちましたか」は『ヤングチャンピオン烈』2021.No.10に掲載されています。感想を読む前に、本編を読んでおきたいという方はまずは下記リンクから購入できます。

👉\こちらから読めます!!/👈

Orgasm.132「退路を断ちましたか」レビュー感想

乾坤一擲の奥の手も状況打開ならず!??

正直、今回の課題は他の4人に比べて長谷さんだけ難易度が高すぎますよね。ただ今回のエピソードを読んだら、もしかすると そもそもこの課題は 長谷さんの絵ロス強化を一番の目的に設定されているんじゃないかとも思ってしまいます。と言うか、そもそも長谷さんにはクリアさせるつもりはなく、ペナルティを受けさせることも含めて彼女のエロス強化の訓練だったんじゃないかな…なんて(この辺りについてはまた後ほど書きます)。

とにかく、前回パートナーである能見の性癖が”NTR”であることが判明したわけですが、すでに他特待生のパートナーでの男子生徒たちがシャワールームから去っており、能見の”NTR”願望をくすぐる要素がなくなってしまっているという長谷さんにとっては最悪で状況です。ぶっちゃけると、他の男子生徒がいたところで、真面目で不器用そうな長谷さんが意図的に西壁をくすぐるほどの”NTR”を演出できるとは思えませんけどね。

そんな状況を少しでも打開しようとして、乾坤一擲、長谷さんは何ふり構わず自ら能見にキスをします。さらに胸を押し付けることで射精も促しますが、多少反応はしたものの、本来の性癖を揺さぶるには至らず…。それどころか、能見が解毒剤を飲んでいなかったことが判明、つまり、キスをしたにもかかわらず長谷さんは解毒剤を摂取できず、発情状態を解くことすらできなかったと言う、まさしく踏んだり蹴ったりな状況になってしまいます。

クリア不可能!!? 能見の性癖は筋金入りの本物!!

ここまで、特待生のパートナー男子生徒たちはどいつもこいつも相当に曲者ぞろいでしたが、正直、能見はその格が違います。そもそも、彼がこの性癖に目覚めたのは、体育館での水着の女探しの一件で、長谷さんが舞台の上でブラジャーを外した瞬間でした。つまり、まだまだ目覚めたての性癖なのですが…。

これまでの他の男子生徒たちの例を見ると、ぶっちゃけ好きな子の全裸をみて、キスされて、胸を押し付けられた段階で射精に至ってなんらおかしくないレベルですが、なんとそれをされた時点で能見の勃起率はわずか2%。それどころか、その”いい思い”すらも能見の性癖に火をつけるだけという…。

高校生とは思えない、深すぎる性癖。いや、女性経験が少ない健康な男子校性でこれはやばいでしょう。確実に他のパートナー学生たちに比べて、一段も二段も性癖の練度(?)が上です。この時点でここまで”NTR”に目覚めているって相当ですよね。確かに、あの出来事は鮮烈すぎる出来事でしたけど…。そんなレベルの”NTR”願望を持つ能見ですから、タイムオーバー後に長谷に待ち受けるペナルティはご褒美以外のなにものでもありません。

長谷の決意!!エロスを磨いて変わる!!

そうこうしているうちに、ついにタイムオーバーを迎え、他校男子生徒たちがシャワー室へとやってきてしまいます。しかも、この男子生徒たちがまたちょうどよく下卑た感じ(まあ、思春期男子はそんなもんかな)なんですよね(笑)

そんな中、長谷さんは綾瀬に”がっかりした”と言われて、覚悟を決めます。先ほども書きましたけど、今から考えると この課題ってペナルティを含めて長谷さんのエロスを高めるべく考えられたんじゃないかと思うくらいに彼女にぴったりの課題ですよね。能見の性癖も、ペナルティにおあつらえ向きだし。さらに彼女には以前、男子不良を触れられただけ(だったっけ?)で射精させた実績があります。

そもそも、その経験が元で自信をつけて、エロスの訓練を言い出したのは彼女ですし、おそらく特待生の中で今一番エロスが強力なのは長谷さんでしょうからね。彼女のために設定された課題だという線は全然ありそうな気がします。綾瀬の言動からしても、その辺りのことを着ぐるみ側が把握しているような感じもありましたしね。果たして、この試練を長谷さんはどうやって乗り切るのでしょうか。



『性食鬼』最新刊

『性食鬼』レビュー一覧

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です