『性食鬼』Orgasm.134″NTR男の攻略。エロスMAXの長谷の最後の賭け!!?”「それを探して持ってきたよ」あらすじ紹介&レビュー感想!!

『性食鬼』最新刊情報

👉👉第16巻見どころ紹介&レビュー感想

『性食鬼』Orgasm.134「それを探して持ってきたよ」あらすじ紹介&レビュー感想

【最新話情報&あらすじ紹介】

Shadow

↑最新話あらすじ紹介!!↑

Orgasm.134「それを探して持ってきたよ」あらすじ紹介

まずはこれまでのあらすじを踏まえて『性食鬼』Orgasm.134「それを探して持ってきたよ」のあらすじを紹介します。

*『性食鬼』orgasm.134「それを探して持ってきたよ」は2021年11月16日発売の『ヤングチャンピオン烈』2021.No.12に掲載されたエピソードです。

【Orgasm.134 簡単あらすじ解説】

特待生たちの「射精させゲーム」がいよいよクライマックスに!!? 一人また一人とゲームをクリアしていく中、パートナーである能見の性癖を見抜くのが遅れ一人残された長谷。ようやく判明した能見の性癖はあろうことか”NTR”だった!! 能見を射精させられない長谷は降参も認められず、他校柔道部の男子生徒達と全裸で交流することとなる。能見を射精させるために、彼の”嫌なこと”を男子生徒達にさせる長谷だったが…。能見ともども全員を触れずに射精させてみせるという決意とは裏腹に、薬によってエロスが高まった身体は男子生徒達に視姦されただけで潮を吹いて絶頂を迎えてしまう…。男子生徒達から”潮で汚した部分を身体を使って洗え”と要求され、更なる恥ずかしめを受ける長谷。その状況に能見の勃起率もようやく100%を超え、限界を迎えたかと思われた瞬間、全てを台無しにする事態が…。 

タイムアップによる長谷さんへのペナルティが始まり「射精させゲーム」もクライマックスに突入します!!特待生達、一人一人をピックアップされ、それぞれとんでもないエロスが描かれた「射精させゲーム」編でしたが、それらの痴態が前座だったと思ってしまうほどに濃厚な長谷さんのパート。絶体絶命状態だった彼女が、今回 最後の賭けに出ます!

それではOrgasm.134「それを探して持ってきたよ」の感想です!!

『性食鬼』Orgasm.134「それを探して持ってきたよ」『ヤングチャンピオン烈』2021.No.12に掲載されています。感想を読む前に、本編を読んでおきたいという方はまずは下記リンクから購入できます。

👉\こちらから読めます!!/👈

Orgasm.134「それを探して持ってきたよ」レビュー感想

身体で洗えっ!!?長谷のエロスと過激さを増す男子生徒達の要求。

エロスが高まった状態で他校男子生徒達に視姦されたことで、潮を吹いてしまった長谷さんでしたが、今回はさらに進んだ辱めを受けることになります。男子生徒達の強引な(?)理屈で、潮をかけてしまった男子校生達を洗うことになった長谷さん。もちろん、長谷さんが彼らの要求を受け入れたのは、ただ単に押し切られたというわけではなく、その状況に能見が興奮しているのを確認したからなんですが…。

これだけの男子生徒達からの下心にさらされているというのに、長谷さんの眼中には能見の反応以外ないというのは、ある種”特別”な関係性ですよね。あくまで長谷さんにとっては課題クリアのためなのでしょうけど、状況が状況なだけに、危機的状況の中で脳が勘違いをする的な感じで、お互いの間に”特別な絆”があるような認識に置き換えられそうな感じですよね。そう考えると、”特待生クラスの女子一人に専属の着ぐるみ兵一人”という、校長の目論見は成功していると言えるのかもしれないな。

ただ、ここでは長谷さんの想定外のことも起こります。というのも手を使って済ませてしまおうと考えていた長谷さんに対して男子生徒達は身体を使って洗うことを要求するのです。腕を縛られた上で、まるで”ぶっ○け”かのように胸にボディーソープをかけられ、”泡立てる”という口実で身体をいじられることに…。胸を揉もうが、乳首をいじろうが、綾瀬のストップはかかりません。薬によりエロスの高まった長谷さんの敏感な身体は当然のように潮を吹かされてしまいます。当然男子生徒達がそれで止まるわけもなく、彼らは長谷さんの秘部へと手を伸ばし…

ちなみに、長谷さんの一度目の潮吹きの段階で(エロスに当てられて?)無意識のうちに射精してしまっている男子生徒もいるんですよね。つまり、長谷さんは確実に高濃度のエロスを発揮し初めているということでしょう。綾瀬が男子生徒達の暴走を止めなかったのも、その辺りも関係しているのかも。長谷さんには以前 絡んできた不良を触れずに射精させた実績がありますからね(その不良も今回並々ならぬ熱意で参加してますが)。

最悪のタイミング!!?全てが台無しに…。

少々、計算外ながらも他校男子生徒に好き放題されることで、確実に能見の勃起率を着実にあげていた長谷さんですが、そこでさらに想定外のことが起きてしまいます。それが今回のエピソードのタイトルでもある”それを探して持ってきたよ”というやつです。

能見が解毒剤入りのエナジードリンクを飲まずに捨てていたのを見ていた小野崎(稲垣愛菜のパートナー)が、稲垣とともに そのエナジードリンクを持って登場するのです。本人達としては、窮地のヒロインを救うヒーローみたいな気持ちで登場したのでしょうが、これが完全に裏目に出てしまいます。彼らの乱入により、長谷さんがやっとの思いで高めた能見の興奮度も勃起率も瞬時に萎えてしまったのです!! せっかく射精寸前まで行ったのに!!というか勃起率100%超えてたよね…。

長谷さんの一切の感情が消えた表情が印象的です。

仲間の助け(?)すら余計なことと思えるほどに、能見の射精の事しか考えられなくなってしまっているこの感じ、ガチな言いなり彼女のネトラレプレイみたいですね。もちろん本来なら解毒剤が手に入ることはこの上ない助けとなるはずなのですが、なにせタイミングが悪い。実際、課題をクリアするためには能見を射精させるしかないわけでして、薬の効果がなくなったところで、能見が萎えてしまってはなんの意味もないのです。そもそも長谷さんはすでに薬に対してある程度の耐性をつけているような感じがしますしね。

それにしても、キャラの使い方が上手いですよねぇ。たしかに小野崎も稲垣もどちらもこういうことやっておかしくない感じのキャラです。独善的な正義感で行動しそうなというかなんというか…。いや、あくまでそんな感じがするというだけですがね。それにしても、今回の一件を通して稲垣-小野崎ペアはなんだかすっかり良い関係性に収まってしまっている感じですね(笑)

長谷の最後の賭け!!能見を射精させられるか!!?

完全に水を刺された形になってしまった状況を打開すべく、長谷さんは小野崎の持ってきたエナジードリンクを利用して最後の賭けに出ます。何をしたかはあえてここでは触れずにおきます(まあ、この記事を一通り読んだら大体察しはついてしまうでしょうが…)が、”好きな女性が自分以外の男に辱められる”を超えるネトラレ要素といえば まあ それしかないよね…。それにしても、課題クリアのために ここまでしてしまう長谷さんの本気度がえげつない。他に道はないとはいえね。

もちろん、この場には以前長谷さんに触れただけで射精してしまった因縁の(?)不良がいますので、彼が重要な役割を果たすことになります。ただのラッキーでこの機会を享受しているその他大勢の男子生徒達よりも、長谷さん個人に強い執着心を抱いている人物が彼女とあれこれする方が、おそらくネトラレ的にも効果は大なのでしょう。もはやこの不良も着ぐるみにして長谷さん、能見、不良のスリーマンセルにすればいいんじゃないかな(笑)。

どうやら長谷さんの最終手段は能見への効果も的面のようですが、果たして射精にまで持っていけるのか!!?

それにしても、長谷さんはどうも今回の件でだいぶ成長しているように見えますね。空気に触れるだけでも感じてしまうほどに敏感になっているはずの身体で、あれだけの行為をそれなりに平静を装って行えているというのは…。近々、高幡に迫るレベルに達するのではないか??いやはや、末恐ろしいですね…。

しかし、今回ここまでやってしまったら、今後 能見を満足させるにはこれ以上のネトラレ要素が要求されることになるわけですよね。これ以上となると、本当にNTRセッ◯スくらいしかなくなってくるんじゃないの?…あれ??そもそも着ぐるみ候補生徒達の性的嗜好を満たすことは強い着ぐるみ兵を作るのとなんの関係があるんだっけ???



『性食鬼』最新刊

『性食鬼』レビュー一覧

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です