LINEで送る
Pocket

【真一騎当千】第38話レビュー感想

『真一騎当千』最新刊を読む!!

『真一騎当千』最新刊を読む!!

ebookjapanなら無料で試し読みできます

『真一騎当千』第38話感想

『真一騎当千』第38話の感想です。

〜一言あらすじ〜

趙雲の持つ孫権の勾玉と二本の百辟刀に呼応するかのように京都、奈良では大規模な地震が発生していた。一方、京都到着目前の新幹線車内では、呪印を刻まれた関西闘士たちが趙雲に襲いかかる。終始余裕を持って優勢に立ち回っていた趙雲だったが、一般人を守った際に、斬龍を手放してしまい…。。

とりあえず、相変わらず趙雲さんは戦う姿もお美しい。関東の最大戦力の一角である彼女は、当然ながら関西の雑兵ごときに負けるわけもないのですが、一般人を巻き込まないようにした結果まさかのピンチに!!

車掌さんは、巻き込まれて災難でしたが、まあ、助けてもらった際に趙雲さんの純白を間近で拝めてるので、ぶっちゃけ役得かな(笑)

それでは『真一騎当千』第38話の感想です。

『真・一騎当千』単行本3巻(2020/02現在)まで絶賛発売中です!

\無料試し読みはこちらから!!/

『真一騎当千』 レビュー一覧はこちら


【最新話レビューもチェック!!】

↓↓ 最新話レビュー感想はこちら↓↓

Slider

*リンクは記事終わりにもあります。

三種の神器が揃う!!?鏡はもしかして…。。

とりあえずツッコミどころが満載なんですがね。

なんで関西闘士は京都到着間近で仕掛けてきたんですかね。

新幹線が動いている最中に乗り込むことなんて不可能ですから、わざわざ名古屋まで行って待機していて、新幹線に趙雲が乗っているのを確認してから乗車、その後京都に着くまで席で約40分待機していたってことかね(笑笑)

ちょいとシュールすぎやしませんか(笑)

そもそも、なんで関西勢は雑兵に趙雲を襲わせたのだろうか。神器を奪うためにせよ、趙雲を倒すためにせよ、役不足すぎますよね。(誰が来ているか特定できなくとも神器を任されるくらいだから相応の実力者だとは想定できるはず…)

まあ、とにかく….。趙雲の持つ孫権の勾玉と二振りの百辟刀がつけば、鏡以外の”本物の三種の神器”全てが関西に揃うことになります。

『真一騎当千』第38話より引用

唯一、正体すら明らかになっていないのが”鏡”です。

ただ”鏡”についても、今回なんとなくこれが鏡であろうと示唆される場面がありましたね。奈良の僧侶たちが異変を見たあれですよね。

多分、あれが鏡で間違い無いと思われます。あれなら古の都という話ともなんとなくしっくりきますね。

というのも、日本の古の都は、鬼門に代表されるように方位に即して建物などを配置することで町そのもので一つの大きな結界(?)を成すというのは有名な話ですから。

なんとなく、この“鏡”についてもそんな感じがあってなかなか面白い発想です。

鍵は「親魏倭王」!!?

さて、先ほども書きましたが趙雲は新幹線の車内で関西闘士に襲われます。

呪印のおかげで力は割り増ししているようですが、まあ趙雲の敵ではないですよね。それにしても、巨躯の男複数人(しかも間合いの長い得物の使い手)を、こんなに狭い新幹線内で戦わせるとは…。

彼らの力を発揮させるなら、むしろ京都駅のホームとかで襲わせればよかったのに…。敵さん、ただの考えなしなのか…。はたまた、あくまでかませの様子見なのか…。

とはいえ、一般人を巻き込まないように立ち回った結果、なんと愛刀 斬龍を落としてしまい…。趙雲さん、思わぬピンチです!!

…スカートのめくれ方があざとい(笑笑)

…しかし、最近にわかに一般人(闘士以外の人々)が登場するようになって、非常に気になっているのですけど…この世界の法ってどうなってるの??

連載当初は、そうは言ってもあくまで3校間での覇権争いということだったので、刃傷沙汰とか多分に行き過ぎた部分はあるものの、いわゆるヤンキー映画みたいな設定で”うちうち”だからこそ暴力行為もある程度は許される…と言った感じかと思っていましたけどね。

関西闘士が出てきたあたりから、闘士同士の戦いも明らかに度を越しているし、その上一般人も巻き込んでますけど(笑)

隠すそぶりもなく普通に帯刀したりしているくらいですから、そのあたりはもうそういうものなのだろう…という感じで、闘士同士なら多少の殺し合いも見逃されるのでしょうけど。

一般人を巻き込んだ場合にどうなるんだろうなぁ、と気になってしまう。そもそも一般人は銃刀法が適用されるのかな?というか、一般人に自衛の手段はあるのかね。

まあ、フィクションでそんなことを気にしてもしょうがないか…。

それにしてもさすがはパンチラ美少女バトル漫画の金字塔『一騎当千』!!連載再開直後で、早々に変わらぬパンチラ(パンモロ)の応酬!!ほんとさすがです。

趙雲さんは、やっぱりジャージ姿より制服姿の方が良いですね!(これは変な意味ではなく)

というわけで、『真一騎当千』第38話感想でした!!

『真・一騎当千』単行本3巻(2020/02現在)まで絶賛発売中です!

\無料試し読みはこちらから!!/

外伝『真・一騎当千 勾玉列伝』も『ヤングキングBULL』にて隔月好評連載中です!!

>>『ヤングキングBULL』最新号はこちらから

**2020年3月「関羽雲長」のフィギュアが発売決定!!(詳細は画像クリック!)

【最新話レビューもチェック!!】

>>最新話レビューはこちら<<

>>単行本最新刊レビューはこちら<<

*前後話レビュー記事へのリンクは記事最下部にあります↓↓

『真・一騎当千』を読むならebookjapanの電子書籍!

爆乳パンチラ美少女バトル漫画の金字塔『一騎当千』!!読むなら電子書籍がおすすめです!!

電子書籍の高画質で美麗な絵が堪能できます!!

『真一騎当千』最新刊を読む!!

『真・一騎当千』最新刊を読む!!

ebookJapanでは『真・一騎当千』全巻冒頭試し読みができます!!

内容がちょっと過激なので書店で購入するのに抵抗がある方も、忙しくてなかなか書店に行く時間がない方も、電子書籍ならその場で購入しいつでもどこでも読むことができます。

さらにebookJapanでは『真・一騎当千』最新刊も含め、全巻無料で冒頭が数十ページ試し読みができるところもオススメな点です。

『真一騎当千』最新刊を読む!!

またスマホ専用のアプリもあるので、いつでもどこでも手軽に漫画を楽しむことができます。

さらにebookjapanでは様々な種類のお得なクーポンがほぼ常時入手可能です!!是非試して見てくださいな。

『真・一騎当千』レビュー記事

三種の神器集結!!親魏倭王の金印の胎動!!?

【第39話】レビュー感想

Slider