『シャーマンキングSS』第12廻【アルミの誇り!初代ITAKOのANNA!!】|「パッチガール」レビュー感想 『SHAMAN KING THE SUPER STAR』

【シャーマンキング】『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第12廻パッチガール」レビュー感想

[tgb end_time=”2020115″]最新単行本発売!![/tgb]

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新刊を読む!!

[tgb config=”week:fri|sat|sun”]【本日電子書籍15%off!!】[/tgb]

\『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新刊を読む!!/

[tgb config=”week:mon|tue|wed|thu”]ebookjapanなら無料で試し読みできます!![/tgb]

[tgb config=”week:fri|sat|sun”]ebookjapanなら金土日の3日間は週末クーポンで15%off!![/tgb]


>> 最新単行本レビュー感想<<

>>最新まとめ・考察<<


↓↓ 最新話レビュー感想↓↓


*前後話レビューリンクは記事下にあります。

第12廻「パッチガール」感想

『SHAMAN KING THE SUPERSTAR』第12廻「パッチガール」感想です。

今月号から『SHAMAN KING THE SUPERSTAR』が連載再開です。さらに朗報、今月は2話一挙掲載!!

いや〜それにしても、まさかアルミが一人で戒蔵の屋敷に乗り込むとはね〜。昼間の戒蔵との戦いで予想以上に消耗しているはずのアルミですが、大丈夫なのかなぁ。

もちろんシャーマンであり、パッチ十祭司の一人シルバの娘であるアルミには心強い5体の持ち霊シルバーアームズがついてはいますが…、

せっかくの花の登場だったので、ここからは夫婦(仮)二人で力を合わせて…という展開かと思っていたんですけどね。

3代目ITAKOのANNA “アルミ・ニウムパーチ”

ただ、この件はどうやら”イタコ”であるアルミがなんとかしなくてはならないことなんだそうで…。とにかく、うまいこといけば良いですけど…。なかなか大変そうなミッションですよ。

イタコというのはシャーマンの中でも特にあの世とこの世を結びつける力が強い存在であり、死者の声を生者に届ける「クチヨセ」を使いニンゲン同士をとりもつ交渉人です。花の睨んだところでは、今回の件は力だけでは解決しないような種類のものらしいけど…。

しかも、今回またチーム・ヤービスのメンバーのやばいやつが出てきましたからね。どうなることやら。

チーム・ヤービス RAPT

実は同時掲載の13話の方で、その新キャラRAPTとアルミ及び花の過去での絡みが描かれるのですが…。いや、ほんとヤバいヤツとしか言いようがない。

もはや、あれはシャーマンなのだろうか??

チーム・ヤービスは羊介(ヤービスカードがなければ霊視能力すら持たない)やブラックメイデン(アイアンメイデン・ジャンヌを殺害し持ち霊にしたと言われ、名前含め一切の情報が不明の少女)などどうにもこうにも得体が知れません。

名言キタ、コレ!!往年の名台詞「なんとかなる」!!

はいはい、出ましたよ!!

マンキンを語る上で、絶対に外すことのできない魔法の言葉!!

麻倉葉の口癖「なんとかなる」です!!一人戦地に赴くアルミが自分を奮い立たせるために口にしたわけですが、これはマンキンファンにはたまらないですねぇ。

アルミは強大な力を持っていますし、実際チーム・ハオの総監督を任されるだけの

そして、さすがはアンナ姐さん。息子の嫁(仮)相手にクールに旦那の惚気をされていたようですわ(笑)

シャーマンキング名言「なんとかなる」

それにしても、こういう演出があるのが連作の魅力の一つでもあります。

悪いとは言わないのですが、最近は元の作者と別の人が続編を描くことも増えてきていますからね(『BORUTO』しかり『ドラゴンボール超』しかり…あ、あとレッドクリムゾンもか…)…。それはそれで別の魅力があるわけですけど、やはり原作者本人が生み出した言葉を他でもない本人が作品(特に続編)の中で受けるのは熱いものがあります。

他の人が描くと、やはりどうしても借り物の言葉になってしまいますからね。。いや、否定してるわけではないですよ、決して。ぶっちゃけレッドクリムゾン、かなり好きですし(笑)

*レッドクリムゾンというのは、正式名称『SHAMAN KING レッドクリムゾン』。『SHAMAN KING』のスピンオフ作品でジェット村田先生の描く道家の物語です。本ブログでも感想書いてます。

そういう意味で、同じく作者本人が続編展開をする『るろうに剣心・北海道編』も最近ものすごく楽しみに読んでいる作品です。(本ブログでも感想を書いているので、よろしければ…)

3代目イタコのANNAと十祭司シルバ!!

そして、今回はマンキンファン、というか武井宏之作品ファンにはテンション上がりまくりの演出満載ですよ!!まあ、もともとFlowers以降は過去の武井作品がクロスオーバーするのが一つの魅力だったわけですがね。

今回はなんとついに『ITAKOのANNA』より”行動のイタコ”初代ITAKOのANNAの姿が!!

さらに、前々作『シャーマンキング』よりパッチ十祭司がひとりシルバの姿も!!

3代目イタコのANNAと十祭司シルバ

初代ITAKOのANNAは『仏ゾーン』以降ずっとサティ・サイガン(西岸サチ)と行動をともにしてたんですかね。というか、実はまだ『シャーマンキング -0-』の2巻読んでないんですよね。噂では『仏ゾーン』以降の話が収録されているとか、いないとか…。

それにしても、相変わらずかっこいいな。さすがロサンゼルス在住イタコ、イカしてるぜ(笑)

「春雨」も持っていないということは、もう一線からは退いているのだろうか…。すでにシルバの方は故人なので難しいでしょうが、出来れば初代ANNAとサティには実際に作中で活躍してほしいものです。

ちなみに端っこにちゃっかりちゃんとサティの持ち霊ダイニチことセンジュも描かれてますね。

とりあえずは、誇り高きパッチ十祭司シルバの娘にして初代ITAKOのANNAの一番弟子である”アルミ・ニウムパーチ”の活躍に期待です!!

『少年マガジンエッジ』2019年7月号

>>『少年マガジンエッジ』2019年7月号<<

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』を無料で読むなら…

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新巻を読む!!

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新巻を読む!!

ebookJapanでは『SHAMAN KING THE SUPER STAR』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!



イーブックイニシアティブジャパン eBookJapan

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』レビュー記事

previous arrow
ブラックメイデン
ブラックメイデン
第19廻「漂流」レビュー感想
第19廻「漂流」レビュー感想
第18廻「客船上のアリア」レビュー感想
第18廻「客船上のアリア」レビュー感想
第14廻「鉄匣の地獄兵」レビュー感想
第14廻「鉄匣の地獄兵」レビュー感想
第13廻「RAPT」レビュー感想
第13廻「RAPT」レビュー感想
第12廻「パッチガール」レビュー感想
第12廻「パッチガール」レビュー感想
 
next arrow
ブラックメイデン
第19廻「漂流」レビュー感想
第18廻「客船上のアリア」レビュー感想
第14廻「鉄匣の地獄兵」レビュー感想
第13廻「RAPT」レビュー感想
第12廻「パッチガール」レビュー感想
previous arrow
next arrow

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です