【新世界へ!!】高次元場への扉を開くアルミ| 第24廻「アンナ・クラウド」感想|『SHAMAN KING THE SUPER STAR』

『SHAMAN KING』最新刊情報

【シャーマンキング】『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第24廻「アンナ・クラウド」レビュー感想

第24廻「アンナ・クラウド」感想

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第24廻「アンナ・クラウド」感想です。

〜簡単あらすじ〜

巫力が底を尽きかけたアルミだったが、自力で新世界の扉を開く。高次元へと踏み込み、新たな力を得たアルミは次元を超えて恐山アンナを召喚する。アンナは前鬼・後鬼を使役しブラック・メイデンと東紅々を圧倒し、ヤービスカードによる停止された世界すらもたやすく超越して大鬼の左ビンタを鴨川を張り飛ばす…。

さてさてさて、ITAKO祭りですね。恐山アンナに続き、今回は初代まで登場です!!

さらに、アルミの行った「次元召喚」の正体も説明されます。「次元召喚」については別の記事でまとめ&考察をします。

というわけで『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第24廻「アンナ・クラウド」の感想です。

*『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第24廻「アンナ・クラウド」は『少年マガジ20年2月号に掲載です。

\こちらから読めます!!/

【SHAMAN KING 最新話情報&あらすじ紹介!!】

↓雑誌発売日に更新!!↓

↑最新話のあらすじをいち早く!!↑

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』 レビュー一覧

初代ITAKOのANNA!!

さて、アルミの回想シーンでついにアルミの師匠である初代ITAKOのANNA アンナ・Y・キョーヤマが登場しました!!

後ろ姿は一度登場していますが、ちゃんと動いて喋っての登場は初めてですね!テンション上がります!!

描かれたのは、おそらくパッチの村がチーム・ヤービスに滅ぼされた直後でしょう。まだ、暗い眼をしたアルミがアンナ・Y・キョーヤマと出会い、都会へと連れてこられて師弟となる下りが描かれます。

この流れを見ると、アルミにとって初代は師匠であると同時に母親(あるいは姉?)のような存在でもあるようですね。

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第24廻「アンナ・クラウド」より引用

初代はワケアリで女優業をやっているのですが、アルミに自分の出演している映画を見せています。役者は巫力なんかなくてもイタコのように”誰かになる”ことができる、たとえそれが架空の人物であっても

彼女がアルミに伝えようとしていたことは、「直感」というものの存在と重要性のようです。誰もが感覚ではわかっているのに疑ってしまうことで扉を閉じてしまう。

しかし、知らないうちに「直感」でのみ繋がる世界が存在して、さらにその向こうにこそ「新しい力」があるのだと、初代は幼いアルミに教えていました。

つまり、この「新しい力」こそが今回アルミが手に入れた力なんでしょうね。ちょっとややこしい話ですが…。

それにしても、こうしてみると初代、二代目、三代目のアンナは意外とみんな全然タイプが違いますね。

アンナ・クラウド!!G.S.の高次元場へ!!?

さて、というわけで自力で「新世界の扉」を開け、アルミは文字どおり新しい次元へと踏み込みます。おそらくその次元こそが、初代の言っていた「直感のみで繋がる世界のさらに向こうがわ」なのでしょう。

その次元とは地球すべてのアーカイブであるG.S.のデータベースともいうべき「高次元場」一定以上の能力を持つ限られたシャーマンと、フラ・ヤービスの作ったヤービスカードのみしかアクセスすることができない場です。

アルミの新たに手に入れた力は、まさしく次元を超えた召喚でして、G.S.のアーカイブにアクセスすることで恐山アンナのデータをインストールします。

その名も「アンナ・クラウド」!!

*アルミの能力「アンナ・クラウド」については別記事でまとめ&考察しています。

簡単に言えば、データだけインストールした極めて本物に近い複製品なのですが、生き物の場合は脳や魂がリンクしているのだそうで…。

巫力のないはずのアルミが前鬼・後鬼だけでなく、大鬼まで使役できていたのは、魂の繋がりによって恐山アンナ本人の巫力が使えたということなのかな??

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第24廻「アンナ・クラウド」より引用

ちなみに、ヤービスカードも原理は同じこの高次元場に接続すること成り立っており、決して時間を止めているわけではなかったのだそう。作中でも改めて指摘されていますが、カードの説明欄にはちゃんとあくまで”物質が停止する。…ような錯覚”と記されているんですよね。

さすが武井先生、芸が細かい!!

ヤービスカードの原理についても他記事でまとめ&考察します。

この「高次元場」にアクセス可能なシャーマンというのは、ざっくり「神クラス」以上のシャーマンとかかな…とも思ったのですが、ただ単純に巫力だけ高ければ良いというものでもなさそうかな。

実際のところ、アルミはまだ霊力8030のシルバーアームズと各1万の前鬼・後鬼を同時に使いこなすだけの巫力がない描写が(本人も「次世代の辛いところ」だと語っていた)ありましたから、神クラスのシャーマンに匹敵するだけの巫力はないでしょうし…。

巫力よりも、心のあり方とかそっちの方かな…。

ちなみに、蛇島のラプトもアルミの「なりきり」こと「次元召喚」と同じ力なのだそうです。

しかも、蛇島はアルミ曰く“大昔“からいるらしく…。はじめは蛇島はかませの雑魚キャラかもとか思っていましたけど、どうにもフラ・ヤービス陣営の最古参のようですね。もしかするとヤービスの戦友とかって可能性もある??

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第24廻「アンナ・クラウド」は『少年マガジンエッジ』2020年2月号に掲載です。

\こちらから読めます!!/

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』を無料で試し読み!

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新刊を読む!!

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新刊を読む!!

ebookJapanでは『SHAMAN KING THE SUPER STAR』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

>> 最新単行本レビュー感想<<

>> 最新話レビュー<<

>>最新まとめ・考察<<

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』レビュー記事

previous arrow
ブラックメイデン
ブラックメイデン
第19廻「漂流」レビュー感想
第19廻「漂流」レビュー感想
第18廻「客船上のアリア」レビュー感想
第18廻「客船上のアリア」レビュー感想
第14廻「鉄匣の地獄兵」レビュー感想
第14廻「鉄匣の地獄兵」レビュー感想
第13廻「RAPT」レビュー感想
第13廻「RAPT」レビュー感想
第12廻「パッチガール」レビュー感想
第12廻「パッチガール」レビュー感想
 
next arrow
ブラックメイデン
第19廻「漂流」レビュー感想
第18廻「客船上のアリア」レビュー感想
第14廻「鉄匣の地獄兵」レビュー感想
第13廻「RAPT」レビュー感想
第12廻「パッチガール」レビュー感想
previous arrow
next arrow

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です