【桜井帰還!!】戒造の因縁に決着か!!?| 第25廻「アナラムネ」感想|『SHAMAN KING THE SUPER STAR』

【シャーマンキング】『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第25廻「アナラムネ」レビュー感想

[tgb end_time=”2020115″]最新単行本発売!![/tgb]

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新刊を読む!!

[tgb config=”week:fri|sat|sun”]【本日電子書籍15%off!!】[/tgb]

\『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新刊を読む!!/

[tgb config=”week:mon|tue|wed|thu”]ebookjapanなら無料で試し読みできます!![/tgb]

[tgb config=”week:fri|sat|sun”]ebookjapanなら金土日の3日間は週末クーポンで15%off!![/tgb]


>> 最新単行本レビュー感想<<

>>最新まとめ・考察<<


↓↓ 最新話レビュー感想↓↓


*前後話レビューリンクは記事下にあります。

第25廻「アナラムネ」感想

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第25廻「アナラムネ」感想です。

〜簡単あらすじ〜

アルミは自力で新世界「高次元場」への扉を開き、新たな力をもって「アンナ・クラウド」を召喚し鴨川を撃退する。何が起きたのか理解できずにいる鴨川に、同じく「高次元場」にアクセス可能なシャーマンだった蛇島がアルミの新たな力とヤービスカードの真の原理についても説明をする。

さて、とりあえず鴨川は撃退できました。そして、ついに桜井の到着で桜井と戒造の長かった因縁にもケリがつこうとしています!

ちなみに副題の「アナラムネ」は、どうやらブラック・メイデンが今お気に入りのお菓子らしい。このあいだの新幹線の下りしかり、随所で可愛げを見せてくるんだよなぁ、ブラック・メイデン(笑)

ではでは、『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第25廻「アナラムネ」の感想です。

*『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第25廻「アナラムネ」は『少年マガジンエッジ』2020年2月号に掲載です。

\こちらから読めます!!/

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』 レビュー一覧

鴨川の思惑は!!?

アルミの新しい力「アンナ・クラウド」の力で撃退された鴨川は、蛇島によって「高次元場」の存在ヤービス・カードの力について教えられます。

ちなみに、アルミの使った力は東家の四聖獣とも同じ力だそうです。つまり、彼らもまたG.S.の「高次元場」にアクセスする力を持っているわけですね。

…そう考えると、外伝の『レッドクリムゾン』の方では四聖獣の力をヤービスカードなんかと一緒にするなという場面がありますしたが、やはり本質的には両者は同じ力というわけでしょうね。

鴨川は一旦その場を引き下がります。

ちなみに金庫の中の「機密文書」は蛇島が持ち去ったらしい。アルミ曰く、蛇島は”大昔”からいるらしいので、もしかするとヤービス直々の任務だったのかもしれませんね。

どうも、やはりヤービス陣営は謎が多いですね。

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第25廻「アナラムネ」より引用

アルミの力のことを四聖獣に伝えるかと尋ねる紅紅に、鴨川はおそらく彼らはすでにこの“おかしな”状況に気づいていると返します。

“おかしな”状況って何??いまいちピンとこないですね。

いや、そもそもヤービス陣営は鴨川が大将であること自体がおかしいのだけれど…それを今更蒸し返すかね?どの状況について言ってるんだろうか…。

ただ…シャーマンでもない鴨川を大将に添えつつも放っておいているのがヒントの一つ…なのだそうで、一体どういうことなのだろう。そもそも”鴨川を放っておいている”のはヤービスなのか東兄弟なのか、この文章だけではわかりかねます。

そして自分たちがなぜヤービスに選ばれたのか?「奴ら」は何を狙っているのか??

東家がヤービスに選ばれたのは「高次元場」にアクセスできるシャーマンである以外に理由があるの?…って、その前に「奴ら」って誰なの??

う〜ん、現段階では何もわかりませんね。鴨川は答えにたどり着いているのでしょうか。

鴨川然り、ヤハべえ然り、ブラック・メイデン然り、東家然り、チームヤービスは何もかもが謎に包まれています。そろそろ何かしら明かされるのだろうか??

そして、ここまで盛り上がってきて、実はまだF.O.Mすら始まっていない上に、主人公は生き返ってすらいませんからね(笑)

役者が集結!!桜井の鉄砲!!?

一方、戒造帝には順次役者が揃っていきます。

まずは、現場に残っていた死者と生者を繋ぐイタコ “アルミ=ニウムバーチ”。

戒造の”秘密”に巻き込まれた森村伴児とゴロツキの霊たち。

そこに、病院から駆けつけた”青梅戒造”。

さらに車でやってきた”千春”さん。

千春さんは、戒造の金庫にしまってあった”古びた鉄砲”を手に取り、戒造に問いかけます。

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第25廻「アナラムネ」より引用

戒造の動揺具合を見ると、やはりこれは桜井のもののような気がしますね。

そして、なんとなく、これが花の新しいO.S.の媒介になりそうな予感が…。

そうだとすると、アルミが花を生き返らせるために手に入れるべき「金庫の中身」というのは、機密文書ではなく媒介となりうる桜井の遺品であるこの鉄砲の方だったのか!!?

なるほど、だとすると蛇島が「機密文書」を持ち去ることを黙認したのも頷ける。

ただ、なんで戒造はこの鉄砲を「機密文書」とともに金庫に封じていたのだろうか…。

「暴走する老人」!!命が燃え尽きるまで!!

さてアルミの想定外の力に退却した鴨川でしたが、やはり曲者ですよねぇ。

まさか、最後にまたヤービスカードを使っていくだなんて…。

その名も「暴走する老人」!!

残された命を全て巫力へと変換するカードですが、なんでそんなに用途の狭そうなカードがあるんだよ。しかも300円って…やっす。

こんなんで死んでは、死んでも死に切れないですよね。

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第25廻「アナラムネ」より引用

それにしても、戒造にどれほどの寿命が残っていたのか知りませんが、これによって湖いっぱいに実物大の大和のO.S.を展開するんですよ。

いや〜、展開としては熱いですよね。まさに戦時中の在りし日の大和の再現ですものね。ただ、大きすぎるO.S.はO.S.という点では必ずしもいいものとは限りません。

しかし、普通の霊や人間にとってはまさしく目の前に戦艦大和が出現したのと同義ですから、とてつもない脅威です。

向けられた照準に森村伴児らが必死になって”生きている人間”たちを逃がそうとしますが…

その時、最後の役者が揃います…

“逃げなくていい… 何故なら俺がきたからな”

めちゃめちゃかっこいい登場です!!

…もしかして、戦時中も大和を沈めたのってデスゼロだったりするのかなぁ。

「機密文書」を読んだ戒造があえて大和を沈めさせる方法をとるわけがありませんし、でも一方で史実通り大和は沈んでいるのでしょうし。

戒造の目覚めで過去編は途切れてしまって、70年前の決着がどうやってついたのかはわからないのでね…。

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第25廻「アナラムネ」は『少年マガジンエッジ』2020年2月号に掲載です。

\こちらから読めます!!/

2019年12月17日、最新単行本第3巻が発売です!!

\無料で試し読みはこちらから/

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』を無料で試し読み!

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新刊を読む!!

\『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新刊を読む!!/

ebookJapanでは『SHAMAN KING THE SUPER STAR』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

>> 最新単行本レビュー感想<<

>> 最新話レビュー<<

>>最新まとめ・考察<<

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』レビュー記事

previous arrow
ブラックメイデン
ブラックメイデン
第19廻「漂流」レビュー感想
第19廻「漂流」レビュー感想
第18廻「客船上のアリア」レビュー感想
第18廻「客船上のアリア」レビュー感想
第14廻「鉄匣の地獄兵」レビュー感想
第14廻「鉄匣の地獄兵」レビュー感想
第13廻「RAPT」レビュー感想
第13廻「RAPT」レビュー感想
第12廻「パッチガール」レビュー感想
第12廻「パッチガール」レビュー感想
 
next arrow
ブラックメイデン
第19廻「漂流」レビュー感想
第18廻「客船上のアリア」レビュー感想
第14廻「鉄匣の地獄兵」レビュー感想
第13廻「RAPT」レビュー感想
第12廻「パッチガール」レビュー感想
previous arrow
next arrow

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です