LINEで送る
Pocket

【シャーマンキング】『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第15廻「青梅回想」レビュー感想

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新刊を読む!!

【本日電子書籍15%off!!】

\『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新刊を読む!!/

ebookjapanなら金土日の3日間は週末クーポンで15%off!!


>> 最新単行本レビュー感想<<

>>最新まとめ・考察<<


↓↓ 最新話レビュー感想↓↓

第25廻「アナラムネ」感想
第24廻「アンナ・クラウド」感想
previous arrow
next arrow
Slider

*前後話レビューリンクは記事下にあります。

第15廻「青梅回想」感想

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』第15廻「青梅回想」感想です。

一挙2話掲載の後編は、戒造の過去を巡る羊介とブラックメイデンの記憶の旅でした。羊介たちが訪れた時期の戒造はまだO.Sはもちろんのこと霊的な存在とも全く無縁だったみたいですね。

どうでもいいけど、今回の15話の副題は”青梅戒造”と”青梅回想”をかけているのかな(笑)

とりあえず、ブラックメイデンの可愛げが出ていてとても良い。正直、早くアンナ降臨が見たいところですが、ブラックメイデンが好きな僕としては、この展開はこの展開でアリです(笑笑)

口の悪いところがもはやかわいい。というかこのツンツン具合、やっぱりどうしても蓮はじめとする道家とのつながりを感じるのだけれど…。

口の悪さが可愛げになってきたブラックメイデン

実際、スピンオフの『SHAMAN KING レッドクリムゾン』第1巻ではメイデン殺害の真実も明かされましたし、メイデンがあくまで持ち霊として彼女についているのも理由がある気がします。

なんらかの方法でヤービスに連れ去られたもう一人の蓮とジャンヌの子供…みたいな展開ないかな??

ああ、話が逸れました。。

今回の話では、ついに在りし日の桜井が登場しまして、若かりし戒造との絡みも描かれましたね。それにしても戒造、普通に真面目で実直そうな好青年やんね。

何があればあんな頑固で偏屈で嫌な爺さんになるのかね。もちろん戦争で性格が豹変したというのもあるのだろうけれど…。やはり、あの亡者たちの取り付いていた”ファイル(秘密文書)”と”ピストル”が鍵になるのだろうか??

あとは女関係かな…。少なくともこの時点では、戒造は桜井に引け目を感じてはいるものの関係性はなかなか良好な感じですが…。

現在、戒造がメイドとして雇っている美咲は桜井を待ち続けた千春の孫でしょうから、戒造が千春に恋い焦がれていたことはほぼ確実です。少なくとも零戦を落とされて死んでいる以上は桜井が千春の元へ帰れたはずはないわけですが、美咲との関係性から戒造が千春と結ばれたこともないと思われますね…。

ちなみにピストルは桜井のものだろうと思われますが…。『シャーマンキング FLOWERS』で花と桜井が出会った際に桜井がピストルを所持していたことから、桜井の死亡時にはピストルも彼の手元にあったはずです。

なぜそのピストルを戒造が所蔵していたのか…。謎が深まります。

『シャーマンキング FLOWERS』第6巻を読む!

『シャーマンキング FLOWERS』第6巻を読む!

またヤービスか??戦争の裏で暗躍する組織!!?

それにしても『シャーマンキング FLOWERS』時点の桜井は戦争の事情も何も知らないままに、ただただ状況(「空気」という無意識の悪)に翻弄され考えることをやめたバカな人間を憎み、さらにそのバカの一人である己をも無意識にか殺そうとする破滅的な面を持つ人物として描かれていたように感じましたが…。

あれは地獄のコミューンの中で、そういった面だけが研ぎ澄まされてしまったのでしょうか。

桜井の髪型的には『シャーマンキング FLOWERS』で最初のコミューンで花と出会ったよりも以前で、次のコミューンで出会った頃よりも後の時点の桜井だと思われます。どうもこの時の桜井は”戦争の裏”を知っているようです。

そして、アンダーソン。おそらく桜井が”組織”に接触する仲介をした人物はアンダーソン准将の祖父であり、地獄のコミューンで桜井と殺し合った米軍パイロット・アンダーソンかと思われますが…。

戦争の裏で暗躍する組織と秘密文書

地獄コミューンでは桜井に落とされて死亡しており、さらに敵対していましたが…。この流れなら二人は生前になんらかの接触を持っていたということになりますね。どういうことなのかな。

死んで二人とも記憶をなくしていたのかなぁ??

そして”組織”ね。戦争の裏で暗躍する”組織”…。戦争の裏で甘い蜜を吸う、いわゆる”死の商人”的なことですよね。

これは確実にフラ・ヤービスが関連しているでしょ。戦争の裏で生じる莫大な資本。資本主義の神フラ・ヤービスが無関係なわけがありませんよね。

そもそも『シャーマンキング FLOWERS』第6巻でのルドセブの”ヤービスによる地上支配が70年前に完了している”という発言からして、あまりにタイミングが合いすぎていますね。このことからも第二次世界大戦自体がヤービスによって計画されたものだとさえ思われます。

仮にそうだとすれば、当時の他のG8たちは何をしていたのでしょうね。あんな歴史上最大とも言える戦争を引き起こすヤービスを何も言わずに見ていたのか?それともヤービスがF.O.Mにて他のS.Kを全て退けたのか…。

それにしても桜井が”組織”の一員の男の格好が、ラキストなんだよなぁ。ラキストの先祖はヤービス派だったってことかな??それともX-LAWSってもともとヤービス傘下??

>>少年マガジンエッジ 2019年8月号<<

>>少年マガジンエッジ 2019年8月号<<

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』を無料で読むなら…

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新巻を読む!!

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』最新巻を読む!!

ebookJapanでは『SHAMAN KING THE SUPER STAR』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

>>今週の無料漫画はこちら!!<<

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』レビュー記事

第190話「心強い仲間」
第189話「心強い仲間」
第188話「悲痛な恋情」
第187話「無垢なる人」
第186話「古の記憶」
【第18巻】『鬼滅の刃』感想
第185話 「匂いのない世界」
第184話 「戦線離脱」
第183話 「鬩ぎ合い」
第182話 「激怒」
第181話 「大災」
第180話 「恢復」
第179話「兄を想い弟を想い」
第178話「手を伸ばしても手を伸ばしても」
第177話「弟」
第176話「侍」
“全集中の呼吸”
第175話「後生畏るべし」
第174話「赤い月夜に見た悪夢」
“全集中の呼吸” -花の呼吸-
“全集中の呼吸” -月の呼吸-
第173話「匪石ノ心が開く道」
第172話「弱者の可能性」
第171話「変ずる」
上弦の壱と「始まりの呼吸の剣士」の関係

『鬼滅の刃』考察

previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider