『SHAMAN KING』最新刊情報

シャーマンキング『SHAMAN KING THE SUPER STAR』#034 ダイ仏ゾーン第7廻「減点怪奇」レビュー感想

#034 ダイ仏ゾーン第7廻「減点怪奇」あらすじ紹介

まずは『SHAMAN KING THE SUPER STAR』#034ダイ仏ゾーン 第7廻「減点怪奇」のあらすじを紹介します。

*『SHAMAN KING THE SUPER STAR』#034 ダイ仏ゾーン第7廻「減点怪奇」は2021年2月17日発売の『少年マガジンエッジ』2021年3月号に収録されたエピソードです。

〜簡単あらすじ〜

“中泉八雲”と名乗る怪しい男の勧めるがままに宿坊「知出坊」へと訪れた花たち一行。ゆったりした時間を過ごしていたのもつかの間、寺という場所にいるにもかかわらず持ち霊たちを始め、霊の一体すら見当たらない異常事態に気づく。霊たちが消えたのか、自分たちの力が消されたのか…。敵による攻撃の可能性も頭によぎったその瞬間、ルカと会ってきたという中泉が宿坊に戻ってくる。はたして中泉は敵なのか…。

今月は久々に2本立てですね。#33に続いて、京都に到着した花達に降りかかったピンチ”持ち霊消失”について描かれました。果たして、持ち霊達に何があったのか?それとも花達シャーマン側に何かが起きたのか?そして、中泉の正体は…!!?

感想を読む前に、本編を読んでおきたいという方はまずは下記リンクからどうぞ!

*『SHAMAN KING THE SUPER STAR』#033 ダイ仏ゾーン 第7廻「減点怪奇」は少年マガジンエッジ2021年3月号に掲載です。

👉\こちらから読めます!!/👈

『少年マガジンエッジ』2021年3月号


【SHAMAN KING 最新話情報&あらすじ紹介!!】

↓雑誌発売日に更新!!↓

Shadow
Slider

↑最新話のあらすじをいち早く!!↑

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』 レビュー一覧

#034 ダイ仏ゾーン第7廻「減点怪奇」あらすじ紹介&考察

霊達が消失!!?次元法も使えない!!

さて、#033にて風呂場にいた葉羽が大凶を感じることができなくなるという事態が発生しましたが、なんとそれは葉羽だけでなく宿坊「知出坊」にいる全員の身に起きていたことでした。これはなかなかややこしいことになっていますね。

というか、ガッコと黽はいつ風呂に入ったのでしょう…。こんな完全な湯上がり状態、なにせ髪の毛までビショビショとなると、それこそ直前に上がった感じですが…。今入浴中の花たちが入る時点ですれ違うこともないとは考えにくそうなものですけど…。もしかして、「知出坊」の中、時空だとかなんかねじれてたりするのではないだろうか…なんて、そんなことないか(笑)

持ち霊 消失!!?シャーマンキング
持ち霊 消失!!?

持ち霊だけでなく、一切の霊が見えなうなってしまったこの状況。この霊たちの消失は果たして何が原因なのか。しかも、どうやらアルミのクラウドさえ使えないという事ですから…。そうなると、霊たちの存在が消えてしまったというよりは、シャーマンとしての能力が封じられた状況であると考えた方が良さそうですね。つまり、霊たちは見えなくなっただけで、そこにいることはいるという可能性はあるという事になりますが、どうなんでしょう?

あるいは、何者かの指示で霊達が自分の意思で今だけ僧坊から離れているとかはないか。一番怖いのは『シャーマンキング』の2巻か3巻あたりで葉がシルバと初めて戦った際に使った念仏のような強制的に霊を成仏させてしまう類のものですよね。阿弥陀丸も成仏しかけましたし(笑)ですね。まあ、最悪そうなっていてもイタコであるアルミがいるから呼び戻せるでしょうが…。

それにしてもガッコは完全にホロホロ枠ですね(ホロホロほど残念感もウザさもありませんが笑)。黽も面白すぎます、風呂上がりに牛乳まで飲んで…日本文化に馴染みすぎです!

問題ごとの裏には神がいる!!?

さて、ややこしいことの裏には大体あの男がいます(笑)

今回の霊消失騒動も、大陰陽師 麻倉葉王が作った鬼門のせいである可能性が出てきました。さすがはあ人騒がせなネコおじさんです。今回は偶然にも、そんな厄介な場所に入り込んでしまった…という事ですかね。あるいは鬼門が作用しているからこそ、むしろ修行のためにハオが後ろで糸を引いて花たちを宿坊に誘ったという可能性の方が高いかな。

ただ鬼門だとすると、それは鬼を近づけないためのものですから、霊たちも存在することができない可能性が出てくるわけで…。だからアルミも霊たちのみに何か起こった可能性に言及していたのですかね?

それにしても、式神に群がられているハオの姿、今と変わらないじゃんかね。式神が猫に変わっただけです。心なしか式神のフォルムも猫っぽいですし(笑)

麻倉葉王 式神 鬼門
式神と戯れる麻倉葉王

とりあえず謎の中年”中泉八雲”の立ち位置が気になってきますよね。今のところ霊のことも全く知らない一般人というテイでいますが…。本当に知らないのか、あえて知らないふりをしているのか。ただ色々と”知っている側”のアルミでさえ、中泉八雲のことは知らない様子ですよね。

そしてアルミが震えていたのも印象的でした。やっぱり普段は強くあろうと気を張っていたということなのだろうか。花が記憶をなくしていたこともあり、これまでずっと一人で頑張ってきたし、相棒であり心の支えであったシルバーアームズが消えてしまったことはアルミとって非常に心細いのかもしれません。あるいは一族の全滅を思い出してしまっているのか…。

そもそもイタコであるアルミにとっては花たち以上に周囲に霊がいない状況とともにあることが普通なはず。他のメンツよりも、この状況に怖さを感じているのかもしれないですね。

「ダレモイネ」とサティとダイニチ

そして…

まさかサティさんがヤービス陣営につくとは…ね。サティさんはガンダーラ、つまり2500年前のシャーマンキング ブッダ(?)の陣営につくものだとばかり…。過去の記憶からするとシヴァとその使い手に逆らえないような雰囲気だったし…。

以前の感想記事にも書きましたが、個人的にはサティという名がシヴァのはじめの妃の名前だという事が気になっていたのですが….関係なかったみたいですね。

“鴨川のいう”最後のピース”というのも気になりますが…。なににしても、これで鴨川陣営の戦力は揃ってしまったということですよね。チームハオはようやく大将がしっかりしたところで、チーム云々という段階にすら達していないのにね。それとも花たちの知らないところで、他のメンバーも揃い始めているのかな??

しかし、圧倒的なメンバーですね、鴨川陣営は。どうやらダレモイネは、しっかりとした階級制のようですが、四聖獣にルシフェル、そしてダイニチことセンジュ君…となると、最上位級メンバーとやらは神クラスシャーマンで構成されているようですね。

よくわからない奴らもいますが、あの爬虫類っぽいやつは蛇島の系列のトップですかね。

「ダレモイネ」とサティ=サイガンとダイニチ

それにしてもここにゴーレムを擁するルドセブたちがいないのは意外でしたね。S.F.を経験し、その後麻倉に与していた彼らが1流のシャーマンに育っていないなどということはありえないでしょうし、ゴーレムの内臓巫力を考えれば神クラスの扱いをされても良さそうなもの。

ここのメンバーになっていないということはルドセブたちは表向きはヤービス陣営にいると言っているものの、あくまで麻倉家に肩入れしているのかな??それとも単に格下扱いされているのだろうか…。

どちらにしてもアルミにルドセブたちを紹介したのがアンナだということだから、ルドセブたちも単純にヤービス側についているというわけではないと思われますが…。

それにしても、ヤービス陣営がこんな猛者揃いとなると、なんでハオ陣営は次世代シャーマンを中心にしているのか不思議になってきますね。そもそも今の時点で花たちがサティさんに勝てるわけが…。それともやっぱり五人の戦士たちもF.O.M.には招聘されるのかな??

スピンオフでは五人の戦士たちもF.O.M.に向けての準備に活躍していますしね。ただ葉とチョコラブに関してはまだ全然情報がありませんけど。

『『SHAMAN KING THE SUPER STAR』#033 ダイ仏ゾーン 第7廻「減点怪奇」は『少年マガジンエッジ』2020年3月号に掲載です。

👉\こちらから読めます!!/👈

『少年マガジンエッジ』2021年1月号

『シャーマンキング』シリーズ最新刊

【前後話レビュー感想】

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』を無料で試し読み!

ebookJapanでは『SHAMAN KING THE SUPER STAR』全巻冒頭試し読みができます!!

さらにebookjapanでは対象商品に使えるクーポン(20~30%引き)がほぼ常時入手可能!!

『SHAMAN KING』最新刊情報

『SHAMAN KING THE SUPER STAR』レビュー記事

ブラックメイデン
第19廻「漂流」レビュー感想
第18廻「客船上のアリア」レビュー感想
第14廻「鉄匣の地獄兵」レビュー感想
第13廻「RAPT」レビュー感想
第12廻「パッチガール」レビュー感想
previous arrow
next arrow
previous arrownext arrow
Slider

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加