金門橋満天 “手首切少女(リスカガール)”10年に1人の逸材!!スーパースターアイドル!!|『スーサイドガール』まとめ

『スーサイドガール』最新刊情報

『スーサイドガール』まとめ”リスカガール”金門橋満天!!

『スーサイドガール』金門橋満天まとめ

『スーサイドガール』主要人物”金門橋満天”についてのまとめ。

プロフィール、スーサイドレスアップ、そして必殺技である断末魔法(ダンマツマジカル)についてまとめます。

“美しいボクの美しい人生は美しい死によって 美しく完成する”

*親記事はこちら

金門橋満天プロフィール

金門橋満天|スーサイドガール
金門橋満天
  • 年齢:不明(国民的スーパースターアイドル)
  • 自殺の動機:美しいまま死ぬため
  • 自殺装束着装:手首切少女(リスカガール)
  • 自殺魔道具:カミソリ
  • 生きる歓び:キラピッピ(星)

キラリに続く、第2のスーサイドガールとして登場した暗く怜悧でミステリアスな雰囲気の美少女。実際にスーサイドガールになったのはキラリよりも前で、スーサイドガールとしての先輩である。カミソリで手首を切る(リストカット)することで自殺装束着装(スーサイドレスアップ)し、スーサイドガール”手首切少女(リスカガール)”に変身する。青い髪に幾重にも重なる波紋状の瞳孔と深いクマが特徴で、一人称はボク。ナルシスト。歴代のスーサイドガールの中でも10年に1人の逸材と言われるほどの実力を持つ。

キラリよりも以前に自殺を試み(動機は後述)、その際に流汐によってスーサイドガールとして選ばれる。人には”自死”を選ぶ権利があると、ある意味 自殺を肯定しており、フォビアは人間の尊厳たるその権利を奪う存在として”駆除”している。キラリと出会った直後に、ハービーのメガロフォビアと遭遇し殺されるが、キラリの決死の活躍でメガロフォビアを倒し、生き返る。その際に”太陽みたいに美しく輝く”キラリの姿に胸を打たれ、いつか自分もキラリのように輝きたいと”一生懸命死ぬために一生懸命生きる”ことを誓う。

私生活

表の顔は多くの人々に「生きる歓び」を与える歌って良し、踊って良し、演技も良しの何でもござれの人気No.1の国民的スーパースターアイドル。本来の性格はアイドルとしての明るいキャラクターとは対照的に暗く怜悧。

国民的スーパースターアイドル金門橋満天

一方で、キラリに対してはキラピッピと呼び、途轍もない偏愛っぷりを見せるが、生来のボッチであるが故に距離感がわからずストーカーまがいの(窓を破って侵入して添い寝など)行為に及ぶことも。年齢は不明だが、キラリが学校の時間でもスーサイドカフェに顔を出したりしていることから、少なくとも高校には通っていない様子。髪型や髪留め、服装などに蝶を思わせる意匠が見られる。家族構成は不明。

距離感のわからない満天

自殺の動機:美しいまま命を全うする責務

そもそも満天は”人は誰しも自分の意思で人生を切り開く力を持っておりそれこそが美しい人生”であると考えており、それゆえに自分の人生を自分で終わらせること”自死”(*自殺ではなく)権利があると考えている。

"美しいものは美しいまま命を全うする責務がある" 金門橋満天
美しいまま命を全うする責務がある

その上で”美しいものは美しいまま命を全うする責務がある”と考えており、老醜をさらし、人生に終わらされる前に、自分自身で自分の人生に幕を下ろそうとしていた。

キラリとは全く方向性は異なるが、満天の自殺願望もフォビアによるものではなく、自分自身の意思と信念から出たものである為、スーサイドガールとなり得た。

スーサイドガールとして。「生きる歓び」

上述の通り、若く美しいうちに自死しようと考えていた満天だったが、のちに、メガロフォビアとの戦いの際に敵うはずもない敵に諦めることなく立ち向かっていくキラリの姿を目の当たりにしたことにより、自分が知らず知らずのうちに自分で自分の限界を決めて諦め、生の重圧から逃れる為に一日も早い死を望んでいたことに気づく。

いつからだろう?1日もはやく 死を望むようになったのは

さらにメガロフォビアを倒した後、真っ先に満天が死ななくてよかったことを泣きながら喜び、さらにフォビアに勝てたのは満天のおかげだと泣きながら感謝をするキラリの眩しいまでにまっすぐでピュアでエネルギッシュな姿を見て、キラリが自分の”進化系”であると認識する。自分もいつかキラリのように”太陽のように美しく輝けたら”、その時は今度こそ自死できるだろうかと思いを馳せ、その日のために”挑戦者”として”一生懸命死ぬために一生懸命生きる”ことを誓う。

この子はボクの進化形だ

その後は、キラリの存在こそが満天にとっての「生きる歓び」となっており、”キラピッピの眩しいほどの尊さ”に癒されている。また、キラリのこととなると色々とタガが外れる。ちなみに、これ以前の満天の「生きる歓び」が何であったのかは不明。

スーサイドガールの能力

自殺装束着装 手首切少女

自殺装束着装 手首切少女(リスカガール)

“心の闇夜の使者たちよ! 跪け!空一面の星屑になって!”

満天は魔道具カミソリで手首を切ることで、自殺装束着装(スーサイドレスアップ)し、手首切少女(リスカガール)に変身する。コスチュームは黒を基調とした いわゆるミニ丈の和服にニーソックスと下駄で、普段よりも一層 蝶の意匠が強くなっている。髪は蝶の触覚を思わせるもみあげの癖っ毛部分だけが地に届く程に伸び、頭頂部付近には6つの勾玉が現れる。さらに魔道具であるカミソリが巨大化した身丈よりも長い刀を武器として携えている。変身時は黒アゲハチョウを伴い、この蝶は実体を持つらしい。決め台詞は、“跪け!空一面の星屑になって!”

魔道具カミソリでリスカする金門橋満天
魔道具カミソリでリスカする満天

ちなみに、満天は右利きなのか、自殺装束着装の際は基本的には左手首をカミソリで切りつける。変身の際は魔道具であるカミソリに対応して、両腕にリストカットの傷跡のような痣が浮かび上がる。

断末魔法(ダンマツマジカル)

基本的にはカミソリが巨大化した刀を使った近-中距離型の戦闘スタイル。カミソリという特性上攻撃に特化していると思われる。

スーサイドガールはそれぞれの特性を反映させた必殺技”断末魔法(ダンマツマジカル)”を使うことができる。満天がもっとも多く使っている標準技とも言える断末魔法はゴールドソードレイン。

ゴールドソードレイン

断末魔法ゴールドソードレイン
ゴールドソードレイン

フォビアを滅する際に、満天が最もよく使う標準技とも言える断末魔法。高速で突進しつつカミソリの大刀で敵を両断するシンプルだが攻撃力の非常に高い技。キラリのメテオブレイズによって大ダメージを与えていたとはいえ、メガロフォビアである歪を一撃で両断する威力を持つ。技の名前である”レイン”からすると、連撃が想像されるが、必ずしも連撃である必要はないようである。

ゴールド(gold)は金、ソード(sword)は剣、レイン(rain)は雨を意味する。

フルスカイディスタンス

断末魔法フルスカイディスタンス
フルスカイディスタンス

間合いに入った敵を自動で切断する断末魔法。多方向からの10以上の同時攻撃さえ 切り落とす凄まじい反応速度と正確性を誇るまさしく剣の結界とも言える、後の先の鉄壁の防御技。一方で、夕空との戦いで露呈したように、薬品やガスなどによる攻撃は防ぐことができないという弱点はある。

【関連記事】

『スーサイドガール』最新話あらすじ速報

最新話のあらすじ紹介はこちら。雑誌発売日の朝9時までに更新しています。

『スーサイドガール』最新刊

【最新話レビュー感想もチェック!!】

>>最新話レビュー感想<<

>>単行本最新刊レビュー感想<<

『スーサイドガール』を読むなら電子書籍がオススメ!

電子書籍では手軽に『スーサイドガール』が読めます。

スマホアプリもあるので、ちょっとした空き時間などにも手軽に電子書籍が読めてとてもオススメ。

『スーサイドガール』最新刊情報

【同誌他作品レビュー感想】

『スーサイドガール』レビュー一覧

【鉄朗の新拡張体】荒吐鉄朗がもう一人!!?
【鉄朗の新拡張体】荒吐鉄朗がもう一人!!?
【戦争の負の遺産】禁断の拡張体と情報局からの使者
【戦争の負の遺産】禁断の拡張体と情報局からの使者
十三とセブン再び!!シルバ撃墜を阻止できるか!!?
十三とセブン再び!!シルバ撃墜を阻止できるか!!?

【第62話】「輻輳」レビュー感想

AHシリーズ始まりの一体「荒吐水素」!!
AHシリーズ始まりの一体「荒吐水素」!!

【第63話】「開封」レビュー感想

全ては荒吐総一朗の遺志のもとに…
全ては荒吐総一朗の遺志のもとに…

【第64話】「剪定」レビュー感想

荒吐硫黄の本懐。水素を倒し己の生を…。
荒吐硫黄の本懐。水素を倒し己の生を…。

【第66話】「生贄」レビュー感想

母の愛を渇望する子の叫び。荒吐硫黄と荒吐水素。
母の愛を渇望する子の叫び。荒吐硫黄と荒吐水素。

【第70話】「不協和音」レビュー感想

previous arrow
next arrow
 
【鉄朗の新拡張体】荒吐鉄朗がもう一人!!?
【戦争の負の遺産】禁断の拡張体と情報局からの使者
十三とセブン再び!!シルバ撃墜を阻止できるか!!?
AHシリーズ始まりの一体「荒吐水素」!!
全ては荒吐総一朗の遺志のもとに&#8230;
荒吐硫黄の本懐。水素を倒し己の生を&#8230;。
母の愛を渇望する子の叫び。荒吐硫黄と荒吐水素。
previous arrow
next arrow

LINEで送る
Pocket
このエントリーをはてなブックマークに追加

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です