『からかい上手の高木さん』”西片の告白に高木さんがご満悦!!?”-ひみつきち-&-待ち人-あらすじ紹介&レビュー感想

『からかい上手の高木さん』最新刊情報

【2022年 TVアニメ3期&映画決定】 待望のTVアニメ3期に加えて、映画にも!! 嬉しいお知らせが彩る2人のからかい溢れる日々は、更にかけがえのない日々に! 今巻収録のエピソードは… 隠し味は、からかい風味…? 高木さんのエプロン姿が可愛らしい「調理実習」。“視力”じゃなくて、西片の男としての“視野”が問われる…? 居残り掃除の現場から「視力対決」。放課後、校舎裏に高木さんを呼んだ西片。そんな人気のないところに呼び出して、西片まさか高木さんに告は…!? な「校舎裏」。更には「卒業式」での第二ボタンエピソードなどなど、今巻も珠玉のエピソード9編を収録。

>>無料試し読みはこちら<<

大ヒットスピンオフ『からかい上手の(元)高木さん』第12巻も同時発売です!

>>『からかい上手の(元)高木さん』第12巻はこちら

『からかい上手の高木さん』-ひみつきち-&-待ち人-あらすじ紹介&レビュー感想

【最新話情報&あらすじ紹介!!】

【漫画速報】『からかい上手の高木さん』最新話あらすじ紹介!!(ネタバレ注意!!)
Shadow

⇧最新話情報は上リンクから!!⇧


『からかい上手の高木さん』-ひみつきち-&-待ち人-あらすじ紹介

まずは『からかい上手の高木さん』-ひみつきち-と-待ち人-のあらすじを紹介します。

*『からかい上手の高木さん』-ひみつきち-と-待ち人-は2021年9月10日発売の『ゲッサン』2021年10月号に掲載されたエピソードです。

【あらすじ紹介】

【ひみつきち】いつものように二人で帰る西片と高木さん。すれ違った小学生達が話を耳にしたことで話題は”秘密基地”のことに。二人は小学生の頃の西片の秘密基地があった場所に向かうことになるが…。【待ち人】高木さんに絶対勝つことのできる勝負を思いついた西片。それはいつもの帰り道の神社の参拝者の有無を当てる、というものだったのだが、そんな日に限って高木さんは一緒に帰れず…。

さて、今回もご馳走様な展開満載です!! 西片と高木さんの放課後は二人だけの”ひみつ”の思い出がたくさんです!! 珍しく、高木さんと一緒に帰れなかった西片はいつもの神社で高木さんの用事がおわるのを待ちます。そんなこそばゆい青春の1ページ…。

それでは『からかい上手の高木さん』-ひみつきち-と-待ち人-のレビュー感想です。

*『からかい上手の高木さん』-ひみつきち-と-待ち人-は『ゲッサン』2021年10月号に掲載です。感想を読む前に、本編を読んでおきたいという方はまずは下記リンクから購入できます。

👉\こちらから読めます!!/👈

『ゲッサン』


『からかい上手の高木さん』-ひみつきち-&-待ち人-レビュー感想

-ひみつきち-レビュー感想

二人で秘密基地作り!!?

すれ違いざまに小学生たちの”秘密基地”の話を聞いて久しぶりに自分たちの秘密基地のあった場所に向かった西片。秘密基地、やはりロマンですよね。男の子なら誰しもが幼少期に経験している、あるいは経験したいと考えたものなのではないかな?かくいう僕も小学生の頃、近所の公園で秘密基地を作っていました。

もちろん高木さんも同行しますが、あくまで”秘密”ですから、高木さんを秘密基地そのものの場所まで連れていくわけにはいきません。なので、高木さんは少し離れたところで待機。小学生の時とかって、こういう自分たちの決め事とか仲間内の秘密の共有とかに対して変に(?)律儀なところがありますよね。ものすごい共感できてしまいます。結局、西片は高木さんと二人で秘密基地を作ることになるんですけどね。

ちなみに今回も、実はこっそり高木さんがつけてきているのではないかと、撒こうとしている西片の一人相撲っぷりはコミカルです(笑) そして、つけてないにも関わらず、西片の行動を全てお見通しという高木さん。この辺りは、もはや様式美ですね。

秘密基地で近づく二人!!心の距離も急接近!!?

ほんの少しだけ描かれましたけど、西片たちの秘密基地はすでに跡形も無くなってしまっていたようですね。例えば周りの草木が枯れちゃうとか、市役所とかに整備されてしまうとか、そんなことで 子供の頃の秘密基地って簡単に無くなってしまうんですよね。昔自分たちが秘密基地にしていた場所が変わり果てたものになってしまったのを目の当たりにするというのは、なんとも言えない寂寥感があるものです。

高木さんは、そんな西片の少し寂しい思いを汲み取って、秘密基地作りを提案したんだろうなぁ。なにせ、高木さんは西片の考えなんて手に取るようにわかるのですから。まあ、ぶっちゃけこれは秘密基地ではないけどな!! ただのベンチだけどな!! でも、二人ならそれも良し!!

それにしても、今回は完全に高木さんのクリティカル発動ですね!!秘密基地を作ったことがないことの理由が”小学校の頃は西片いなかったからかな。”はとてつもない破壊力です。しかも、またしてもちゃっかり二人だけの秘密を作っちゃってるし、さすがは高木さんですね。秘密基地に二人で座ってみた際も、心なしか西片側に寄っているように見えるのもなんかいいですね。

-待ち人-レビュー感想

運も全て味方につける高木さん!!

またしても、西片は高木さんに勝つことができませんでした。まあ、そもそもいまだに 根を上げることなく、高木さんに勝ちに行こうとしている、勝てると思っている鋼の精神は賞賛に値します。

今回の西片は”絶対”勝てる(いつも言っている気がしますが)勝負を思いつくんですね。その勝負内容というのが、その日の18時までに神社に参拝者がいるかどうかを当てるというものだったのですけど。これがなぜ必勝の勝負内容なのかというと、西片が偶然的に決まった日の決まった時間帯に神社にお参りにくるお爺さんの存在を知ったからなのです。ちなみに普段神社にはほぼ参拝者はいなくて、高木さんもそのことを知っています。つまり、西片は高木さんが参拝者がいないというと予想しているんですね。

しかし、この日に限って高木さんは西片と一緒に帰れません。まるで予見していたかのようです(笑) それでも西片にとってこの勝負は今日しかできないものなので、恥ずかしがりながらも”神社で待ってる”と言い残して先に神社に向かうわけですけど、何だこの微笑ましいやりとり。青春が過ぎるぞ。

ただ、西片の勝利を阻むものは、それだけではないんです。なんと件のお爺さんがなぜかこの日に限って、普段よりもだいぶ早く参拝に来てしまうんですよ。高木さんが、神社にやってくる前に西片の勝算は全て無にきしてしまいます。もはや全てが高木さんの味方です(笑)

高木さんと帰りたくて神社で待っているだけの男!!

結局、勝負は始める前に、終わってしまった西片ですが、そうなるともう一つの問題が生じます。つまり、”勝負”という高木さんへの用事がなくなってしまった以上、西片は今や “ただ高木さんと帰りたくて神社で待っているだけの男”となっているのです。いや、まあ実際そうなんですよ、結局はね。西片は認めないでしょうけどさ!!! 結局は高木さんと一緒に帰りたいんですって(笑)

だって、そもそも、西片のやろうとしていた勝負ですけど、”18時までに”としているんですよ。つまり最長で18時まで高木さんと二人きりで一緒にいることを前提にしている勝負なわけじゃないですか。中学なんて15時半とか16時くらいには終わるのに。どんだけ一緒にいるのが自然なんだよって話ですよね(笑)

とはいえ、西片は必死に頭を巡らしてなんとか他の用事をでっち上げようとします。しかし、その途中で考え疲れて眠ってしまうのでした。で、結局代替案も思い浮かばぬ間に高木さんが来てしまって、焦った西片が捻り出した勝負は、”待ってる間に自分が何を考えていたか”、を当てさせるというものなんですがね。答えはお楽しみ、ということにしておきますが…。

直前に高木さんが戯けて、”あーやっぱり、一緒に帰りたかっただけかなー。それとも愛の告白とか?”と、西片を冗談めかしてからかう場面がありましたが、結果的にこれって”愛の告白”したみたいになってますよね!!! 当然、高木さんは正解しますし、その答えを聞いてご満悦。西片もなんとでもはぐらかせるだろうに、素直に白状するあたりやはり西片です。

今回もまたしても白星をあげられなかった西片でしたが…。まあ、実際は高木さんと出会った時点ですでに西片は勝っているようなものだからさ。そんなことを思わせる、高木さんの満足げな表情でした。全く、ごちそうさまですよ!!


『からかい上手の高木さん』最新刊


『からかい上手の高木さん』レビュー一覧

Author: mangameshi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です